メインメニューを開く

第六十七号型水雷艇

日本の二等水雷艇の艦級
第六十七号型水雷艇
第68号水雷艇
艦級概観
艦種 水雷艇
艦名 番号
前級 第三十九号型水雷艇
次級
要目(竣工時)
排水量 常備:89トン
全長 垂線間長:40.10m (131ft 7in)[1]
全幅 4.99m (16ft 3in)[1]
吃水 1.03m (3ft 4in)[1]
機関 艦本式缶2基
直立式3気筒3段膨張レシプロ1基
1軸、1,200馬力
速力 23ノット[2]
航続距離
燃料 石炭:27トン(満載)
乗員 23名
兵装 5.7cm山内単装速射砲2基
36cm水上魚雷発射管
旋回式2門、固定式1門
同型艦 9隻

第六十七号型水雷艇(だいろくじゅうななごうがたすいらいてい、旧字体:第六十七號型水雷艇)は日本海軍の二等水雷艇。同型艇9隻。(改)シーシャウ型。

概要編集

1897年(明治30年)度計画により9隻が建造された。ドイツシーシャウ社英語版に発注された第二十二号型水雷艇の発展形でシーシャウ型(または改シーシャウ型)と称した。艦型を一回り大きくし、またボイラー艦本式ボイラーが初めて搭載された。

各艇は日露戦争で旅順攻略戦や日本海海戦に参加、第69号が日本海海戦で戦没している。

その他の8隻は1922年(大正11年)から1923年(大正12年)に除籍された。

同型艦編集

建造は横須賀=横須賀海軍工廠、佐世保=佐世保海軍工廠、川崎=川崎造船所(神戸市)。

  • 第67号 : 1903年(明治36年)6月20日竣工(横須賀)。1922年(大正11年)4月1日除籍。
  • 第68号 : 1903年(明治36年)6月20日竣工(横須賀)。1922年(大正11年)4月1日除籍。
  • 第69号 : 1903年(明治36年)9月26日竣工(佐世保)。1905年(明治38年)5月27日戦没。
  • 第70号 : 1903年(明治36年)11月10日竣工(佐世保)。1922年(大正11年)4月1日除籍。
  • 第71号 : 1903年(明治36年)12月9日竣工(佐世保)。1922年(大正11年)4月1日除籍。
  • 第72号 : 1903年(明治36年)9月8日竣工(横須賀)。1922年(大正11年)4月1日除籍。
  • 第73号 : 1903年(明治36年)9月2日竣工(横須賀)。1923年(大正12年)4月1日除籍。
  • 第74号 : 1904年(明治37年)1月14日竣工(川崎)。1923年(大正12年)4月1日除籍。
  • 第75号 : 1904年(明治37年)1月23日竣工(川崎)。1923年(大正12年)4月1日除籍。

脚注編集

  1. ^ a b c 数値(メートル)は『世界の艦船 増刊第47集』による。フィートインチの数値は『日本駆逐艦物語』による。メートルに換算するとそれぞれ垂線間長40.11m、最大幅4.95m、吃水1.02m。
  2. ^ 『日本駆逐艦物語』によると23.5ノット。

参考文献編集

  • 中川努「日本海軍特務艦船史」『世界の艦船 増刊第47集』海人社、1997年3月号増刊、第522集。
  • 福井静夫『福井静夫著作集第5巻 日本駆逐艦物語』光人社、1993年。ISBN 4-7698-0611-6
  • 堀元美『駆逐艦 その技術的回顧』原書房、1969年。ISBN 4-562-01873-9