メインメニューを開く

第六管区海上保安本部(だいろくかんくかいじょうほあんほんぶ)とは、主に中国〜四国地方の瀬戸内海、ならびに岡山県広島県山口県(一部を除く)、香川県愛媛県管轄範囲とする、海上保安庁管区海上保安本部の一つである。

略称は六管六管本部と称呼することもある)、英語表記は6th Regional Coast Guard Headquarters。本部は広島県広島市南区宇品海岸にあり、下部組織として10の海上保安部、10の海上保安署・分室、航空基地1カ所、海上交通センター2カ所を有する。

目次

特徴編集

沖合水域がない代わりに、日本有数の混雑海域である瀬戸内海の安全航行のための交通整理、両岸に林立するコンビナート群に対する警備業務や災害防除業務に力を入れている。

この他、瀬戸内海における漁業取締、環境保全業務、海上自衛隊呉基地岩国飛行場周辺海域の警備及び海上デモの規制、伊方原子力発電所の警備も大きな仕事である。

六管関連年表編集

  • 1948年5月1日:海上保安庁発足とともに広島海上保安本部として設置。管轄地域は関門海峡近辺を除く中国地方・香川県・愛媛県および周辺海域(日本海及び瀬戸内海)。
  • 1949年:倉敷水路観測所開所。
  • 1983年:水路観測所が倉敷より美星町に移転、美星水路観測所と改称。
  • 1950年6月1日:第六管区海上保安本部に改編、日本海側は第七管区及び第八管区の管轄となる。
  • 2008年4月1日:美星水路観測所(岡山県井原市)廃止。

組織編集

主な保有船艇・航空機編集

巡視船巡視艇編集

六管は計73隻の巡視船艇を保有しているが、主要なものを以下に挙げる。

航空機編集

六管は回転翼機3機を保有している。唯一の固定翼機であった、SA790 せとつばめ:セスナU206Gは2015年8月25日に解役となった。

広島航空基地編集

  • 回転翼機
    • MH906 せとづる:ベル412EP
    • MH962 せとわし1号:AW139
    • MH963 せとわし2号:AW139

外部リンク編集