第十方面艦隊(だいじゅうほうめんかんたい)とは、昭和20年(1945年2月5日日本海軍が編制した方面艦隊である。司令部をシンガポールに置き、インドシナ半島インドネシアを管轄区域とした。

マニラで孤立した南西方面艦隊司令部の指揮系統を引き継ぐ為に急遽編制されて第十艦隊となる所だったが、発足直前に方面艦隊に格上げされたのでこの幾分変わった部隊名称となった。

概要編集

太平洋戦争の進展に伴う戦線の伸張によって、日本海軍は広大化した勢力圏を複数の区画に分割し、それぞれに方面艦隊を設置して作戦行動を委任していた。東南アジア全域は南西方面艦隊の管轄区域となっていたが、アメリカ軍フィリピン侵攻により南西方面艦隊司令部がマニラに孤立してしまったので、仏印(インドシナ)に駐留する第一南遣艦隊と、蘭印(インドネシア)の防衛を担当する第二南遣艦隊及び第十三航空艦隊の指揮が取れなくなった。そこで上記の隷下部隊を南西方面艦隊から分離し、それらを指揮する上部組織として新しく編制されたのが第十方面艦隊であった。同時に南西方面艦隊の管轄はフィリピンのみとなった。

第十方面艦隊の司令部はシンガポールに置かれ、第一南遣艦隊司令部と第十三航空艦隊司令部を兼ねる形となった。臨時に設置されたものだったので当初の部隊序列は艦隊とされ、すでに第九艦隊までが存在していた事から第十艦隊となる所だったが、発足直前に方面艦隊に格上げする事が決まり、第十方面艦隊という名称に落ち着いたようである。

歴代司令長官編集

  1. 福留繁中将:1945年2月5日 -(終戦)

歴代参謀長編集

  1. 朝倉豊次少将:1945年2月5日 -(終戦)

隷下部隊編集

1945年2月5日の新編時編集

  • 司令部附属

1945年6月1日の最終時編集

  • 司令部附属
    • 第5戦隊 - 重巡「羽黒」「足柄」(羽黒は5月16日に戦没して書類上の在籍)
    • 軽巡「五十鈴」砲艦「南海」(五十鈴は4月7日に戦没して書類上の在籍)
    • 第33・105防空隊
    • 第36・201・202・203・224・232設営隊
    • 第25根拠地隊
      • 敷設艦「若鷹」水雷艇「
      • 第7・20・21・26・27・29警備隊
    • 第27特別根拠地隊
    • 第28根拠地隊
      • 第18警備隊
  • 第一南遣艦隊
  • 第二南遣艦隊
  • 第十三航空艦隊

関連項目編集

参考文献編集