株式会社第四北越銀行(だいしほくえつぎんこう、英称Daishi Hokuetsu Bank, Ltd.)は、新潟県新潟市中央区に本店を置く地方銀行である。第四北越フィナンシャルグループ(以降第四北越FG)の完全子会社。

株式会社第四北越銀行
Daishi Hokuetsu Bank, Ltd.
The Daishi Bank2.JPG
本店営業部・新潟支店・新潟コンサルティングプラザ
種類 株式会社
機関設計 監査等委員会設置会社[1]
本店所在地 日本の旗 日本
951-8066
新潟県新潟市中央区東堀前通七番町1071番地1
設立 1873年11月2日
(第四国立銀行)
業種 銀行業
法人番号 7110001000007
金融機関コード 0140
SWIFTコード DAISJPJT
事業内容 預金業務、貸出業務、有価証券売買業務・投資業務、為替業務など
代表者 取締役会長(代表取締役) 佐藤勝弥
取締役頭取(代表取締役) 殖栗道郎
取締役副頭取(代表取締役) 長谷川聡
資本金 327億7,600万円
(2021年3月31日時点)
発行済株式総数 3,394万株
(2021年3月31日時点)
純利益 単独 68億9,000万円
親会社株主に帰属する連結純利益 73億9,700万円
(2021年3月31日時点)
純資産 単独 4,107億3,400万円
連結 4,462億3,300万円
(2021年3月31日時点)
総資産 単独 9兆6,489億5,000万円
連結 9兆6,964億3,000万円
(2021年3月31日時点)
従業員数 3,356人
(2021年3月31日時点)
決算期 3月31日
主要株主 第四北越フィナンシャルグループ 100%(2021年1月1日時点)
外部リンク https://www.dhbk.co.jp/
テンプレートを表示
第四北越銀行のデータ
法人番号 7110001000007 ウィキデータを編集
店舗数 206店舗
(本支店・出張所)
貸出金残高 4兆9,596億円
預金残高 8兆1,328億円
特記事項:
(2021年3月末時点)
テンプレートを表示

概要編集

第四銀行北越銀行を合併し、2021年1月1日に発足した。銀行コードも第四銀行のものを引き継ぐ[2]

第四、北越の両行は新潟県内シェア1位、2位の規模であり、長年激しく競合してきたが、低金利人口減少による経営環境の悪化を受け、2018年に第四北越FGを設立し、経営統合[3]。その後、全行規模での2年に及ぶ総合運転試験などを経て2021年に合併[4]

2019年に帝国データバンクが、県内企業を対象に実施したメインバンク調査によると、新銀行は56%を占め、第二地方銀行で2番手となった大光銀行の11%を大きく引き離す規模となる。第四北越銀行は約25%にあたる51支店の統廃合を2年間で行い(下記項目参照)、100億円のコスト削減を目指す方針を公表している[5]

TSUBASAアライアンス加盟行のひとつであるが、2021年12月2日に、群馬銀行と連携協定「群馬・第四北越アライアンス」[6]を締結。地盤とする群馬、新潟両県の観光・物産振興や地域活性化などの分野で協力するほか、両行の顧客基盤を活用した事業承継やM&A(合併・買収)の支援、ビジネスマッチングにも取り組む。

沿革編集

合併までの流れ編集

ここでは合併までの合併に関する情報のみを記す。合併前の第四・北越両行の沿革についてはそれぞれのページを参照されたい。

  • 2017年(平成29年)
    • 4月 - 第四銀行・北越銀行(以下両行)が合併に基本合意。[7]
    • 12月 - 公正取引委員会が両行の経営統合を承認し排除措置命令を行わない事を発表。[8]
  • 2018年(平成30年)10月 - 両行が統合し『第四北越フィナンシャルグループ』発足。
  • 2019年(平成31年)
    • 2月 - 合併に先立ち店名・店番号の重複する店舗の店名・店番号変更を公表。(後述)
    • 3月 - 合併後の新銀行名称を『第四北越銀行』とすることを公表。[2]
  • 2020年(令和2年)
    • 9月 - 持株会社第四北越FGの株主総会において、両行の合併を正式決定。[9]
    • 12月 - 金融庁が両行の合併を正式認可。[10]

合併後編集

  • 2021年(令和3年)
    • 1月1日 - 株式会社第四銀行が株式会社北越銀行を合併し株式会社第四北越銀行に商号変更。
    • 1月29日 - 2021年4月より新頭取に現常務取締役の殖栗道郎が就任することを第四北越FGが発表[11]。現頭取の並木富士雄は取締役になり、6月の第四北越FG株主総会で退任した。
    • 4月1日 - 殖栗道郎頭取が就任。
    • 8月31日 - 柏崎支店・六日町支店内にコンサルティングプラザを開業することを発表。
    • 12月2日 - 群馬銀行と、提携協定「群馬・第四北越アライアンス」を締結[6]
  • 2022年(令和4年)
    • 5月27日 -「群馬・第四北越アライアンス」協定の一環として、群馬銀行高崎田町支店内に高崎支店を移転することを発表。

店舗展開編集

本支店・駐在員事務所編集

新潟県内外に合計206店舗(本支店・出張所)を有する。その中で、地域の拠点として新潟市の本店と新潟支店の併設店のほか、長岡市に旧北越銀行の本店である長岡本店営業部と長岡営業部の併設店、上越市に高田営業部と高田中央支店の併設店を設けている。

  • 国内
    • 新潟県 - 本支店184店舗、出張所5店舗、仮想店舗3店舗[注釈 1]
    • 東京都 - 支店3店舗(東京支店・東京中央支店・池袋支店)[注釈 2]
    • 埼玉県 - 支店3店舗(北浦和支店・大宮支店・熊谷支店)[注釈 3]
    • 群馬県 - 支店2店舗(高崎支店・前橋東支店)[注釈 4]
    • 北海道・福島県・神奈川県・富山県・愛知県・大阪府 - 支店各県1店舗(札幌支店・会津支店・横浜支店・富山支店・名古屋支店・大阪支店)[注釈 5]
 
第四北越銀行横浜支店の看板
  • 国外
    • 上海駐在員事務所

コンサルティングプラザ編集

ローン・資産運用に関する拠点。旧銀行時代、旧第四銀行店舗はローンセンター(上越・長岡はコンサルティングプラザ)、旧北越銀行店舗はローンプラザもしくは暮らしの応援ひろばと呼ばれていた。本店・高田営業部・三条支店などの地域拠点の建物内に併設して、全11店舗存在する。[注釈 6]

合併に関わる諸変更編集

店名・店番号変更編集

2019年(平成31年)3月、合併前の両行における店名・店番号変更の詳細が第四北越FGより発表された。[12]変更は以下の通り。

旧北越銀行
2019年5月20日変更(10店舗)
旧店名 旧店番号 新店名 新店番号
藤見町支店 315 東新潟支店 305
物見山支店 316 物見山中央支店 306
新井支店 125 新井中央支店 (変更なし)
糸魚川支店 090 糸魚川中央支店 (変更なし)
五泉支店 210 五泉中央支店 (変更なし)
寺尾支店 295 寺尾中央支店 (変更なし)
東京支店 540 東京中央支店 (変更なし)
新潟駅前支店 310 新潟東大通支店 (変更なし)
沼垂支店 300 沼垂中央支店 (変更なし)
村上支店 250 村上中央支店 (変更なし)
2019年7月22日変更(10店舗)
旧店名 旧店番号 新店名 新店番号
新発田西支店 235 新発田住吉町支店 233
東港支店 265 新潟東港支店 278
南新潟支店 311 新潟駅南支店 301
亀田支店 319 亀田中央支店 (変更なし)
佐和田支店 330 佐和田中央支店 (変更なし)
新発田支店 230 新発田中央支店 (変更なし)
水原支店 220 水原中央支店 (変更なし)
出来島支店 318 出来島中央支店 (変更なし)
流通センター支店 297 新潟流通センター支店 (変更なし)
両津支店 320 両津中央支店 (変更なし)
2019年8月26日変更(9店舗)
旧店名 旧店番号 新店名 新店番号
県庁支店 271 新潟県庁支店 279
栃尾支店 150 栃尾中央支店 151
新津支店 200 新津中央支店 209
柏崎支店 130 柏崎中央支店 (変更なし)
柏崎東支店 140 柏崎東本町支店 (変更なし)
柏崎南支店 145 柏崎日吉町支店 (変更なし)
高田支店 120 高田中央支店 (変更なし)
直江津支店 110 直江津中央支店 (変更なし)
本店営業部 020 長岡本店営業部 (変更なし)
2019年10月28日変更(10店舗)
旧店名 旧店番号 新店名 新店番号
浦和支店 531 北浦和支店 532
県央つばめ支店 351 つばめ物流センター支店 352
前橋支店 521 前橋東支店 526
加茂支店 190 加茂中央支店 (変更なし)
三条支店 170 三条中央支店 (変更なし)
白根支店 340 白根中央支店 (変更なし)
燕支店 350 燕中央支店 (変更なし)
分水支店 380 分水中央支店 (変更なし)
巻支店 360 巻中央支店 (変更なし)
吉田支店 370 吉田中央支店 (変更なし)
旧第四銀行(店番変更なし)
2019年9月2日変更(17店舗)
旧店名 新店名 店番号
石山支店 石山中央支店 264
今町支店 今町中央支店 423
青海支店 青海中央支店 556
小千谷支店 小千谷中央支店 451
神田支店 神田中央支店 432
木戸支店 中山支店 257
小出支店 小出中央支店 456
小針支店 小針が丘支店 236
小針南支店 小針中央支店 271
関屋支店 関屋中央支店 247
十日町支店 十日町中央支店 453
豊栄支店 豊栄中央支店 326
中条支店 中条中央支店 325
古町支店 古町中央支店 234
見附支店 見附中央支店 422
六日町支店 六日町中央支店 457
村松支店 村松中央支店 336

システム統合編集

旧第四銀行は2017年1月4日より日本IBMが開発支援を行う「TSUBASAアライアンス」の基幹系共同システムを、旧北越銀行は、2009年5月6日よりNTTデータ地銀共同センターの勘定系システムを利用。合併後は旧第四銀行の基幹系システムに統合された。ATMベンダーは旧両行をそのまま引き継ぎ、旧第四銀行店舗・店舗外キャッシュコーナーでは日立チャネルソリューションズ製(店舗外一部沖電気工業製)、旧北越銀行店舗・店舗外キャッシュコーナーでは沖電気製のものを使用している[注釈 7]。旧第四銀行のATMはシステムを引き継いだため画面の変更はないATMが殆どだが、旧北越銀行のATMはシステムが変わったため画面が変更になっている。

この合併に伴い、通帳は旧第四銀行では2017年1月4日以降に発行されたものは引き続き使用可能、旧北越銀行では2009年5月6日以降に発行された通帳は普通預金に限って使用可能[注釈 8]である。カード類は、旧北越銀行の一部のローンカードを除く全てのキャッシュカードとローンカードが引き続き使用できる。

インターネットバンキング編集

個人向けインターネットバンキングは名称が「eネットバンキング」と旧北越銀行側の名称になったが、ワンタイムパスワードは旧第四銀行側のNTTデータ製のトークンを用いる形を取っている。ただし、旧北越銀行でインターネットバンキングを契約していた人は2022年5月末の段階では「ハードウェアトークン」が発行することが可能。基本的には同一金融機関で2つのインターネットバンキングの契約があることは咎められるものではないが、双方のIDの間での振替などはインターネット上ではできず振込しかない。これは他の合併した金融機関と同じ扱いである。旧第四・旧北越と両方所持している場合には、同一IDにまとめる(片寄せ)ことができるが、インターネット上での切り替えには対応しておらず、窓口にて申込が必要となっている。

カードローン編集

旧第四銀行の解決スピーディ、旧北越銀行のべんリーナ365の後継としてカードローン「ASCA」が登場。イメージキャラクターとして、木竜麻生が起用されている。 なお、旧両行のカードローンは、引き続き使用できる(新規はASCA)。

定期預金編集

旧第四銀行では取り扱っていなかった10年スーパー定期の取り扱いを開始した。

各種手数料編集

合併前、両行ともに割れるなどの不可抗力でのキャッシュカード破損や汚損による通帳繰越は無料で行われてきたが、合併後からはいかなる理由であっても有料化された。

不可抗力による破損や汚損での繰越が有料となる金融機関はあまり存在せず無料で対応するケースが大半である。

店舗統合編集

店名を変更した店舗のうち、51店舗は、合併後2年程度を目処に隣接する店舗に店舗内店舗方式で統合される[13]

発表日編集

2021年(令和3年)

  • 2月5日 - 新潟県庁支店・新潟流通センター支店・新発田中央支店[注釈 9]
  • 3月12日 - 新潟東港支店・高田中央支店・加茂中央支店・西加茂支店・新潟東大通支店・東京中央支店[注釈 10]
  • 4月9日 - 新潟支店・長岡営業部・長岡新産センター支店・糸魚川中央支店・青海中央支店[注釈 11]
  • 5月14日 - 関屋支店・六日町中央支店[注釈 12]
  • 6月4日 - 五泉中央支店・村松中央支店[注釈 13]
  • 7月9日 - 長岡駅東支店・柏崎日吉町支店[注釈 14]
  • 8月13日 - 柏崎中央支店・石山支店・燕南支店・見附中央支店[注釈 15]
  • 9月10日 - 燕中央支店・小針が丘支店[注釈 16]
  • 10月8日 - 水原中央支店・神田中央支店[注釈 17]
  • 11月5日 - 亀田中央支店・豊栄中央支店[注釈 18]
  • 12月3日 - 巻中央支店・寺尾中央支店・十日町中央支店[注釈 19]

2022年(令和4年)

  • 1月14日 - 出来島中央支店[注釈 20]
  • 2月10日 - 古町中央支店・小出中央支店[注釈 21]
  • 3月11日 - 新発田住吉町支店・分水中央支店・小針中央支店・白根中央支店[注釈 22]
  • 4月8日 - 吉田中央支店・新津中央支店・沼垂中央支店・中条中央支店[注釈 23]
  • 5月13日 - 両津中央支店・佐和田中央支店[注釈 24]
  • 6月10日 - 新井中央支店[注釈 25]
  • 7月8日 - 物見山中央支店・村上中央支店[注釈 26]
  • 8月5日 - 栃尾中央支店・小千谷支店[注釈 27]

店舗統合対象店舗編集

店舗統合対象店舗(全51店舗)
移転元店舗 移転先店舗 移転日
新井中央 新井 2022年9月5日(月)
石山 粟山[注釈 28] 2021年11月15日(月)
糸魚川中央 糸魚川 2021年10月18日(月)
青海中央 青海 2021年10月18日(月)
小千谷 小千谷中央[注釈 29] 2022年11月7日(月)
柏崎中央 柏崎 2021年11月8日(月)
柏崎日吉町 柏崎南 2022年1月17日(月)
亀田中央 亀田 2022年2月7日(月)
加茂中央[注釈 30]  加茂[注釈 31] 2021年9月6日(月)
神田中央 新町 2022年4月11日(月)
小出中央  小出 2022年8月8日(月)
小針が丘 小針 2022年3月14日(月)
小針中央 平島 2022年9月12日(月)
五泉中央 五泉 2021年12月6日(月)
佐和田中央 佐和田 2022年8月22日(月)
新発田住吉町 新発田西 2022年6月6日(月)
新発田中央 新発田 2021年8月10日(火)
白根中央[注釈 30]  白根[注釈 32] 2022年11月21日(月)
水原中央 水原 2022年1月17日(月)
関屋 関屋中央[注釈 33] 2021年8月23日(月)
高田中央 高田営業部 2021年6月21日(月)
燕中央 2021年12月13日(月)
燕南 つばめ物流センター 2022年2月14日(月)
出来島中央[注釈 30]  出来島 2022年4月18日(月)
寺尾中央 寺尾 2022年3月22日(火)
十日町中央 十日町 2022年6月13日(月)
東京中央 東京 2021年9月21日(火)
栃尾中央 栃尾 2022年11月7日(月)
豊栄中央[注釈 30]  豊栄 2022年5月16日(月)
長岡営業部 長岡本店営業部 2021年7月19日(月)
長岡駅東 長岡東 2022年1月11日(火)
長岡新産センター 長岡新産 2021年10月11日(月)
中条中央[注釈 30] 中条 2022年10月11日(火)
新潟 本店営業部 2021年7月12日(月)
新潟県庁 県庁 2021年4月19日(月)
新潟東港 東港 2021年6月14日(月)
新潟東大通 新潟駅前 2021年9月13日(月)
新潟流通センター 流通センター 2021年5月17日(月)
新津中央 新津 2022年7月11日(月)
西加茂 加茂[注釈 31] 2021年9月6日(月)
沼垂中央 沼垂 2022年7月19日(火)
古町中央 古町 2022年5月23日(月)
分水中央 分水 2022年6月20日(月)
巻中央 2022年3月7日(月)
見附中央 見附 2022年2月21日(月)
六日町中央 六日町 2021年11月15日(月)
村上中央 村上 2022年10月17日(月)
村松中央 村松 2021年12月6日(月)
物見山中央 物見山 2022年10月3日(月)
吉田中央 吉田 2022年7月4日(月)
両津中央 両津 2022年8月22日(月)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ うち旧第四銀行店舗113、旧北越銀行店舗79。
  2. ^ 東京中央支店のみ旧北越銀行店舗、それ以外は旧第四銀行店舗。全店舗ATMは設置しておらず、窓口のみの営業となっている。東京中央支店は東京支店内で営業している。
  3. ^ 大宮支店のみ旧第四銀行店舗、それ以外は旧北越銀行店舗。全店舗ATMを設置している。
  4. ^ どちらも旧北越銀行店舗。全店舗ATMを設置している。
  5. ^ すべて旧第四銀行店舗。会津支店のみATMを設置。その他はATMは設置しておらず、窓口のみの営業となっている。
  6. ^ 設置店は本店(新潟支店も併設)・新潟駅南支店・出来島支店(出来島中央支店も併設)・東新潟支店・新発田西支店(新発田住吉町支店も併設)・三条支店(三条東支店も併設)・第四北越証券長岡大手支店・長岡西支店・柏崎支店(柏崎中央支店・柏崎東出張所も併設)・六日町支店(六日町中央支店も併設)・高田営業部(高田中央支店も併設)。長岡コンサルティングプラザはかつて長岡営業部に併設されていたが、長岡営業部が長岡本店営業部に移転したため、分離され、現在はグループ会社の第四北越証券長岡大手支店に併設となっている。
  7. ^ 日立チャネルソリューションズ製はAKe-SまたはAK-1、沖電気工業製はBankIT-Pro
  8. ^ ただし、日立チャネルソリューションズ製のAK-1では使用できない。(ATMに「このATMでは旧北越通帳つかえません!」と表示がある)
  9. ^ いずれも旧北越銀行店舗
  10. ^ 西加茂支店のみ旧第四銀行店舗。その他は旧北越銀行店舗
  11. ^ 長岡営業部・長岡新産センター支店・青海中央支店は旧第四銀行店舗、新潟支店・糸魚川中央支店は旧北越銀行店舗。
  12. ^ 六日町中央支店は旧第四銀行店舗、関屋支店は旧北越銀行店舗。
  13. ^ 村松中央支店は旧第四銀行店舗、五泉中央支店は旧北越銀行店舗。
  14. ^ 長岡駅東支店は旧第四銀行店舗、柏崎日吉町支店は旧北越銀行店舗。
  15. ^ 燕南支店・見附中央支店は旧第四銀行店舗、柏崎中央支店・石山支店は旧北越銀行店舗。
  16. ^ 小針が丘支店は旧第四銀行店舗、燕中央支店は旧北越銀行店舗。
  17. ^ 神田中央支店は旧第四銀行店舗、水原中央支店は旧北越銀行店舗。
  18. ^ 豊栄中央支店は旧第四銀行店舗、亀田中央支店は旧北越銀行店舗。
  19. ^ 十日町中央支店のみ旧第四銀行店舗、その他は旧北越銀行店舗。
  20. ^ 旧北越銀行店舗
  21. ^ いずれも旧第四銀行店舗
  22. ^ 小針中央支店のみ旧第四銀行店舗、その他は旧北越銀行店舗。
  23. ^ 中条中央支店のみ旧第四銀行店舗、その他は旧北越銀行店舗。
  24. ^ いずれも旧北越銀行店舗
  25. ^ 旧北越銀行店舗
  26. ^ いずれも旧北越銀行店舗
  27. ^ いずれも旧北越銀行店舗
  28. ^ 当初の予定では粟山支店が石山支店に移転だったが、店舗の建物状況により、石山支店が粟山支店に移転と変更。
  29. ^ 現在の小千谷支店の店舗所在地に建物を建て替えて移転予定。
  30. ^ a b c d e 窓口業務のみ移転。ATMは店舗外ATMとして引き続き営業。
  31. ^ a b 2023年1月23日(月)に移転前の西加茂支店の店舗所在地に建物を建て替えて移転。店舗外ATMとなっている加茂本町出張所に窓口を設置し有人化
  32. ^ しろねカイトタウン隣に店舗を新築して移転し、同時に店舗統合を実施。
  33. ^ 2022年9月20日(火)に、移転前の関屋支店の店舗所在地に建物を建て替えて移転。

出典編集

  1. ^ 組織図 - 株式会社第四北越銀行
  2. ^ a b 当社子銀行合併後の商号等に関するお知らせ - 第四北越フィナンシャルグループ・2019年3月15日
  3. ^ 第四北越銀行が発足 総資産9兆円、全国11位に」『新潟日報』、2021年1月1日。2021年1月1日閲覧。
  4. ^ 第四銀・北越銀の合併認可 21年1月に新銀行発足へ」『日本経済新聞』、2020年12月24日。2021年1月1日閲覧。
  5. ^ 長橋亮文「第四と北越、新潟トップ2行が元日に合併 その影響は」『朝日新聞』、2020年12月30日。2021年1月1日閲覧。
  6. ^ a b 群馬銀行と第四北越銀行が連携協定 地域活性化へ協力” (日本語). 日本経済新聞 (2021年12月2日). 2021年12月2日閲覧。
  7. ^ 第四銀と北越銀、経営統合で基本合意 20年には銀行も合併へ - ロイターニュース - 経済:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年1月3日閲覧。
  8. ^ (平成29年12月15日)株式会社第四銀行と株式会社北越銀行による共同株式移転に関する審査結果について:公正取引委員会”. www.jftc.go.jp. 2021年1月3日閲覧。
  9. ^ 第四銀行と北越銀行、2021年1月の合併を正式決定” (日本語). 日本経済新聞 (2020年9月25日). 2021年1月3日閲覧。
  10. ^ 銀行の合併認可の公表について” (日本語). www.fsa.go.jp. 2021年1月3日閲覧。
  11. ^ 代表取締役の異動について”. 2021年1月31日閲覧。
  12. ^ 店名・店番号変更のお知らせ”. 第四北越フィナンシャルグループ. 2019年2月8日閲覧。
  13. ^ 店舗統合・移転店舗一覧”. 第四北越銀行. 2021年2月22日閲覧。

外部リンク編集