第1回全国中等学校優勝野球大会

第1回全国中等学校優勝野球大会(だい1かいぜんこくちゅうとうがっこうゆうしょうやきゅうたいかい)は、1915年大正4年)8月18日から8月23日まで大阪府豊中グラウンドで行われた全国中等学校優勝野球大会である。

日本の旗 第1回全国中等学校優勝野球大会
試合日程 1915年8月18日 - 8月23日
出場校 10校
参加校数 73校
優勝校 京都二中京津京都、初優勝)
試合数 10(再試合1)試合
始球式 村山龍平朝日新聞社社長
大会本塁打 1本塁打
1916 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

概要編集

毎年8月に開催されている全国高等学校野球選手権大会の第1回大会である。現在では同大会をその会場の名称から「夏の甲子園」と呼ぶことがあるが、当時は甲子園球場は建設前であり、今大会は大阪府豊能郡豊中村(現・豊中市)の豊中グラウンドで開催された。なお、甲子園球場で開催されるようになったのは1924年第10回大会からである。

本大会の開催は、朝日新聞社から1915年7月1日に発表された。大会開催まで日数が少なく、春に「武侠世界社」(河岡潮風が設立した出版社)主催の東京都下大会で優勝した早稲田実、それに加えて東北、東海、京津、関西、兵庫、山陽、山陰、四国、九州の9地区での予選を勝ち抜いた9校の計10校が代表となった。地区予選も含めた参加校数は73校であった[1][2]。東北予選は秋田県内の3校のみで行われ、東京以外の関東と北陸は予選自体が行なわれず、北海道は対外試合禁止のため参加できなかった。

会場となった豊中グラウンドは、1周400メートルのトラックを持つ運動場で、グラウンドは右翼方面が狭い長方形の形状であった。外野にフェンスはなく、ロープを張ってそれを境界線とし、ロープをノーバウンドで越えた場合は本塁打とした。ボールが観客席に入ることも度々あったという。また、ホームからの距離は一番深いセンター側で100メートルだった。常設の観客席はなく、よしず張りの屋根で覆った木造の仮設スタンドを大会時のみ設置した[3][4]

観客数は、開催5日間で5000人から10000人程度と伝えられている[3]。アクセス線となっていた箕面有馬電気軌道(現・阪急宝塚本線)の列車は、沿線がまだ市街化されていなかったため1両編成で本数も少なく、試合終了後豊中駅に殺到する観客が乗車口に溢れた[3][注釈 1]

審判は球審と塁審二人のほかに陪審を置いた。陪審はネット裏で観戦し、問題が起こった時に3人の審判と協議をしたり、また試合後の総評を書く役目を任されていたが、翌年の第2回大会からは廃止となった[4]

優勝校には優勝旗、銀メダル、選手にはスタンダード大辞典、50円図書切手、腕時計が、準優勝校には英和中辞典が、さらに1回戦の勝利校には万年筆が選手全員に贈られた。しかし大会終了後に、選手に数々の副賞を贈るのはどうかと議論が起こり、第2回大会からは優勝旗と参加メダルのほかは、土産として大阪名物の粟おこしが贈られるのみとなった[5]

代表校編集

地方大会 代表校
東北 秋田中 秋田
東京 早稲田実 東京
東海 山田中 三重
京津 京都二中 京都
兵庫 神戸二中 兵庫
関西 和歌山中 和歌山
山陽 広島中 広島
山陰 鳥取中 鳥取
四国 高松中 香川
九州 久留米商 福岡

大会開催の発表が直前であったため、日程的な問題から地区予選に参加できない県が続出した。特に北陸では予選が行われなかったため、参加校なしだった。また、関東は予選が間に合わず、同年春に「武侠世界社」(河岡潮風が設立した出版社)主催で開催された東京府大会を予選とし、優勝した早稲田実を代表とした(よって、東京府以外は予選に参加していないことになる)ほか、東北も秋田県内の3校のみで予選を行った。北海道は当時対外試合が禁止されていたため参加できなかった。

始球式編集

 
村山龍平朝日新聞社長による始球式。真ん中は審判長・荒木寅三郎京大総長、左は副審判長・平岡寅之助。

大会初日、第1試合前の両チーム(広島中鳥取中)の整列の後、朝日新聞社村山龍平社長が、羽織袴の和礼装でマウンドに立ち、ボールを投じた。ボールはまっすぐに捕手のミットに収まり、ストライクが宣告された。村山は、この日のために投球練習を重ねていたという。

なお、現在は始球式の投球はあくまでセレモニーであり、1回表の投手による投球を正式な第1球としてカウントしているが、2000年に発刊された「高校野球の100年」によると、始球式で村山により投じられた第1球がそのまま先頭打者である広島中の小田大助に対する「初球」としてカウントされ、その後小田は三振に打ち取られているが、訂正されなかったという。

また、投手として全国中等学校野球優勝野球大会における記念すべき第1球を投じた鳥取中の鹿田一郎は、後年NHKの取材に応じた際に試合の先攻・後攻はじゃんけんで決めた(現在も同様)ため、自分がそのような投手になったのは偶然だったと答えており、始球式の際には村山たちの後ろで緊張して立ち尽くしていたという[6]

試合結果編集

日程は今日に比べ、変則的に組まれていた。

1回戦編集

  • 8月18日 鳥取中 14 - 7 広島中
  • 8月19日 和歌山中 15 - 2 久留米商

準々決勝編集

  • 8月18日 京都二中 15 - 0 高松中
  • 8月18日 早稲田実 2 - 0 神戸二中
  • 8月19日 秋田中 9 - 1 山田中
  • 8月20日 和歌山中 7 - 1 鳥取中

準決勝編集

  • 8月20日 秋田中 3 - 1 早稲田実
  • 8月21日 京都二中 1 - 1 和歌山中(9回裏1死1塁・降雨引き分け)
  • 8月22日 京都二中 9 - 5 和歌山中(再試合)

決勝編集

  • 8月23日
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 R H E
秋田中 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 4 7
京都二中 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1x 2 7 2
  1. (延長13回)
  2. (秋) : 長崎 - 渡部
  3. (京) : 藤田 - 山田
  4. 審判:球審…菊名、塁審…井上・岡本

大会本塁打編集

エピソード編集

  • 第1回大会から63年後の1978年、週刊朝日第60回大会記念号及び当時の朝日新聞紙面において、「第1回大会の出場者は今」という企画で、第1回大会出場者109名のうち当時の存命者20人全員を取材した。そこでは既に80歳前後となった"元球児"たちのそれぞれの第1回大会の回想や白球への思いが語られている。その20名の中には始球式の第1球がカウントされてしまった広島中・小田選手や、第1号本塁打を放った広島中・中村選手も含まれていた。週刊朝日の企画では、存命者だけでなく物故者も含めた第1回大会出場者109人全選手の「その後」までも取材している。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ この輸送力の問題が、観客数が増加した第2回大会では致命的となり、翌第3回大会からは会場が鳴尾球場へ変更された。
  2. ^ 外野の草むらに打球が入り込み、相手選手がボールを探しているうちに生還するランニング本塁打。高校野球関係の全国大会最初の本塁打。またランニング本塁打としても初。

出典編集

  1. ^ 『熱球譜 - 甲子園全試合スコアデータブック』東京堂出版、1頁。ISBN 978-4-490-20592-3
  2. ^ 【高校野球100年 発掘・事件史】「第1回全国大会」開催知らせず 秋田県3校で「東北予選」5県を出し抜き地区代表
  3. ^ a b c 豊中市史編さん委員会『新修 豊中市史 第10巻 学校教育』豊中市、2002年3月29日、32頁。
  4. ^ a b 森岡浩『高校野球100年史』東京堂出版、81頁。
  5. ^ 『熱球譜 - 甲子園全試合スコアデータブック』東京堂出版、2頁。ISBN 978-4-490-20592-3
  6. ^ 白球の記憶 『球史 ここに始まる 1915年第1回大会』
  7. ^ “第1回大会出場チーム、ユニホーム復刻 高野100年”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年4月23日). http://www.asahi.com/koshien/articles/ASH4R5DB6H4RPTQP008.html 2015年4月25日閲覧。 第1回出場10校が復刻ユニホームで行進(日刊スポーツ2015年4月23日 7月24日閲覧)
  8. ^ 新旧ユニホームで入場行進=高校野球開会式
  9. ^ 第1回大会出場10校、復刻ユニホームで行進 高校野球
  10. ^ 選手宣誓は「初代覇者」鳥羽の主将 「堂々とやりたい」
  11. ^ 「8月6日の意味を深く胸に刻み」/選手宣誓全文
  12. ^ “【準決勝詳報】金足農、秋田勢103年ぶり決勝進出:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASL8N2TGFL8NUTQP00G.html 2018年8月24日閲覧。 

外部リンク編集