メインメニューを開く

第1次キャメロン内閣

イギリスのデーヴィッド・キャメロンによる連立内閣

第1次キャメロン内閣(だいいちじきゃめろんないかく)は、イギリスの首相デーヴィッド・キャメロンによって組閣されたイギリス内閣2010年5月6日に行われた総選挙により、第一党となった保守党と、第三党となった自由民主党との連立内閣。総選挙後、第二党に転落した労働党のゴードン・ブラウン前首相が辞任。女王エリザベス2世の任命により2010年5月11日にキャメロンが首相に就任し、翌日の5月12日組閣を実行。翌13日に初閣議[1]を行った。

第1次キャメロン内閣
イギリス 第94代ministry
Official-photo-cameron.png
成立年月日 2010年5月11日
終了年月日 2012年9月4日
組織
元首 エリザベス2世
首相 デーヴィッド・キャメロン
副首相 ニック・クレッグ
閣僚数 32
与党 保守党
自由民主党
議会における地位 連立内閣
影の内閣 ミリバンド影の内閣
野党 労働党
野党党首 エド・ミリバンド
詳細
成立直前の選挙 2010年総選挙
議会任期 5年
前内閣 ブラウン第3次改造内閣
次内閣 キャメロン第1次改造内閣

目次

概要編集

戦後初の連立内閣編集

2010年の総選挙ではどの政党も議席の過半数を占めることができず、議会ハング・パーラメント(少数派議会)と化したため、内閣は第一党となった保守党と第三党の自由民主党による連立内閣となっている。連立を組む自由民主党からは副首相となったニック・クレッグ党首を含め、5人が入閣した。

英国で連立内閣が組まれたのは、第二次世界大戦中のチャーチル挙国一致内閣以来、戦後初[2]。なお、議会がハング・パーラメントと化したことは以前・1974年2月の総選挙後にも生じた事態ではあるが、この際は第一党のウィルソン労働党が少数与党として組閣し、同年10月の総選挙にてウィルソン労働党が過半数を回復、事態は収拾された。

影の内閣との関係編集

通常、イギリスで政権交代が起きた際は、それまでの野党が組んでいた影の内閣の「大臣」がそのまま正式な大臣に就任することが通例である。しかし、キャメロン内閣では連立政権のためにいくつかのポストを自由民主党に譲ったため、影の内閣の名簿[3]と、組閣後の閣僚名簿にズレが生じている。また、自由民主党側も、実際に就任したポストと影の内閣の名簿の間には若干の差異がある。

その他編集

デービッド・キャメロンニック・クレッグという現職の党首2名に、ウィリアム・ヘイグイアン・ダンカン・スミスという過去に党首を経験した2名を加えた、党首の経験者を4名も抱える異例の布陣である。

また、日本人の血を引く(8分の1・母方の曾祖母が日本人)イアン・ダンカン・スミスに、日本英語教師を務めた経験(2年間)を有するジェレミー・ハント、そして、父親が大和日英基金の理事で母親(オランダ人)が幼少期にインドネシア日本軍によって抑留された体験を有するニック・クレッグと、様々な形で日本に縁のある閣僚も目立つ。

スキャンダル編集

  • 2010年5月28日、英紙デーリー・テレグラフデイヴィッド・ローズ英語版財務担当相が2009年9月までの約8年間に渡り、交際相手の男性(同性愛者)が所有する住宅を間借りし、賃料4万ポンド(約530万円)以上を議員経費として受け取っていたと報じた。[4]英国議会では、昨年経費流用スキャンダルが噴出して調査が行われたが、ローズは「大家」が交際相手であることを申告していなかった。議院規則は、議員経費を「パートナー」からの住宅賃借にあてることを禁じている。ローズ本人はこれを事実と認め謝罪、議員経費を返還するとしていたが5月29日に辞任を表明[5]。後任にはスコットランド大臣だったダニー・アレグザンダーが横滑りで就任した。
  • 2011年10月14日、リアム・フォックス国防相が友人に国防省への自由な出入りを許していたほか、外遊にも同行させていたとして辞任を表明。後任には運輸大臣だったフィリップ・ハモンドが横滑りで就任した[6]

閣僚編集

所属政党 保守党
自由民主党
イギリスの内閣[7][8]
役職 画像 大臣
首相
第一大蔵卿
行政機構担当大臣
保守党党首)
  デービッド・キャメロン MP
副首相
枢密院議長
(政治システム・憲法の改革担当)
自由民主党党首)
  ニック・クレッグ MP
外務・英連邦大臣   ウィリアム・ヘイグ MP
財務大臣   ジョージ・オズボーン MP
大法官
司法大臣
  ケネス・クラーク QC MP
Kenneth Clarke
内務大臣
女性・平等担当大臣
  テリーザ・メイ MP
国防大臣   リアム・フォックス MP
(~2011年10月14日)
  フィリップ・ハモンド MP
Philip Hammond(2011年10月14日~)
ビジネス・イノベーション・職業技能大臣
自由民主党副党首)
  ヴィンス・ケイブル MP
Vince Cable
雇用・年金大臣   イアン・ダンカン・スミス MP
エネルギー・気候変動大臣   クリス・ヒューン MP
Chris Huhne(~2012年2月3日)
  エド・デイビー MP
Edward Davey(2012年2月3日~)
保健大臣   アンドルー・ランズリー CBE MP
Andrew Lansley
教育大臣   マイケル・ゴーヴ MP
コミュニティー・地方政府大臣   エリック・ピックルズ MP
Eric Pickles
運輸大臣   フィリップ・ハモンド MP
Philip Hammond(~2011年10月14日)
  ジャスティン・グリーニング MP
Justine Greening(2011年10月14日~)
環境・食糧・農村大臣   キャロライン・スペルマン MP
Caroline Spelman
国際開発大臣   アンドリュー・ミッチェル MP
Andrew Mitchell
北アイルランド大臣   オーウェン・ピーターソン MP
Owen Paterson
スコットランド大臣
(副首相補佐)
  ダニー・アレグザンダー MP
Danny Alexander(~2010年5月29日)
  マイケル・ムーア MP
Michael Moore(2010年5月29日~)
ウェールズ大臣   シェリル・ギラン MP
Cheryl Gillan
文化・オリンピック・メディア・スポーツ大臣   ジェレミー・ハント MP
Jeremy Hunt
財務省主席担当官   デイヴィッド・ローズ MP
David Laws(~2010年5月29日)
  ダニー・アレグザンダー MP
Danny Alexander(2010年5月29日~)
貴族院院内幹事
ランカスター公領大臣
  第2代ストラスクライド男爵 PC
The Lord Strathclyde
無任所大臣
(保守党チェアパーソン)
  レディ・ワルジ PC
The Baroness Warsi
下記の役職者も閣議に出席
内閣府担当大臣
財務省主計長官
  フランシス・モーデ MP
Francis Maude
閣外相 (内閣府)
(首相補佐)
  オリバー・レトウィン
Oliver Letwin
大学・科学担当大臣   デイヴィッド・ウィレッツ
David Willetts
庶民院院内総務
王璽尚書
  サー・ジョージ・ヤング准男爵 MP
Sir George Young
財務政務次官
庶民院院内幹事
  パトリック・マクローリン MP
Patrick McLoughlin
下記の役職者も必要に応じて閣議に出席
法務長官   ドミニク・グリーブ QC
Dominic Grieve

※略称については以下を参照

  • MP 「Member of Parliament」を略した称号。 (下院議員)
  • PC 「Privy Councilor」を略した称号。(枢密顧問官)
  • QC 「Queen's Counsel」を略した称号。(王室顧問弁護士[9]、勅選弁護士[10]
  • Bt 「Baronet」を略した称号。(準男爵
  • CBE「Commander(of the Order)of the British Empire」の略。(大英帝国勲章

脚注編集