第1次ジョンソン内閣

第1次ジョンソン内閣(だいいちじジョンソンないかく)は、2019年7月24日テリーザ・メイ首相の辞任後、ボリス・ジョンソン首相とした内閣である[1]。2019年6月7日にテリーザ・メイは既に保守党党首を辞任しており、同年7月23日の保守党党首選で後継者に選ばれた。ボリス・ジョンソン内閣は57会期の議会から保守党内閣として選ばれた。同内閣は、同年9月3日にフィリップ・リー自由民主党への鞍替え(w:Crossing the floor)により、法案可決必要な安定多数「ワーキング・マジョリティ」を失った。

第1次ジョンソン内閣
イギリス 第98代内閣
Johnson's 1st cabinet meeting.jpg
成立年月日2019年7月24日
終了年月日2019年12月16日
組織
元首女王エリザベス2世
首相ボリス・ジョンソン
与党保守統一党
影の内閣コービン影の内閣
野党労働党
野党党首ジェレミー・コービン
詳細
議会任期第57議会期
前内閣第2次メイ内閣
次内閣第2次ジョンソン内閣

経緯編集

2019年5月24日、EU離脱のためにEUと合意していた離脱協定案(w:Withdrawal Agreement and Implementation Bill)」が、庶民院で三度目の採決も挫折したことを受けて、前任者のテリーザ・メイ首相は、保守党党首の辞意、ひいては首相からの退任を表明した。かかる辞任表明では2019年のイギリスでの欧州議会選挙おける保守党の芳しくない選挙結果にも言及されていた。2019年6月7日、メイは保守党党首を辞任した。

同年7月23日、前ロンドン市長外務・英連邦大臣のボリス・ジョンソンは保守党党首選でメイの後継に選ばれ、保守党党首となった。ジョンソンはエリザベス女王に拝謁し、北アイルランド民主統一党閣外協力協定による支持を受けて首相に就任した。翌7月24日にはジョンソンは組閣し、「ジョンソン内閣」が発足した。この内閣は「現代のイギリスのための内閣("Cabinet for modern Britain")」として説明されるとともに、「ガーディアン」紙は「(顔ぶれは)多文化主義的だがイデオロギー的には単一的思想」によるものだと評した[2][3]

組閣の間、ジョンソンは11人の前任の大臣を罷免し、6人の前任の大臣の辞任を受け入れた。この「パージ」をジョンソンの盟友 ナイジェル・エヴァンズは「夏の日の虐殺というほどの大した内閣改造ではない( "not so much a reshuffle as a summer's day massacre") 」と言い表した[4][5] 。この大量の解任劇は英国政治史上、与野党逆転ではない新内閣発足では7人の大臣が解任された「1962年の長いナイフの夜("Night of the Long Knives" )」を越える、最も大がかりなものとなった[6]。これを大衆紙「ザ・サン」は「ブロンドのナイフの夜 ("Night of the Blond Knives")」と言い換えた[7]

閣内に残った他の閣僚のうち、ジョンソンはドミニク・ラーブ筆頭国務大臣並びに外務・英連邦大臣に、サジド・ジャヴィド財務大臣プリティ・パテル内務大臣に任命した。ジョンソンは内閣に参加する大臣の数を33に減らした。これは第2次メイ内閣より4人少ない。閣僚の4分の1は女性が任命されたがこれは前のメイ政権、デーヴィッド・キャメロン政権より少ない。この内閣はこれまでで最もエスニック・マイノリティの就任者が多い。4人の長官(secretaries of state)と2人の補佐官(additional minister)はマイノリティのバックグラウンドを有していた。閣僚の17%はBAME(黒人とエスニックマイノリティ)のバックグラウンドを有していた。BAMEの人々はイギリスの人口の14%を占めている[2]。3分の2近くが無料学校に通い、ほぼ半分がオックスブリッジオックスフォード大学ケンブリッジ大学)に進学している[2]。ジョンソンは新しい内閣の称号「連合大臣(w:Minister for the Union) 」を自身が帯びるために創設した。これは指導者に選ばれたときの公約として掲げたものであった[8]

「多数派」からの転落

2019年9月3日フィリップ・リー英語版が反対派に転じ、自由民主党に鞍替えしため、ジョンソンは安定可決に必要な議席数「ワークキング・マジョリティ」を失った[9][10]。同日、議会による提出議題一覧のコントロールとEUからの合意なき離脱を防ぐための議員提出法案審議を求めて21人の保守党議員が政府に反対する票を投じたため追放処分となり、さらにジョンソン側の議員数が減少することとなった[11][12]

2019年9月5日、ジョンソンの弟でオーピントン選挙区選出の議員ジョー・ジョンソンは、閣僚と議員の両方の地位を辞任する意図を表明した。「この数週間、私は家族との忠誠と国民の利益の間で引き裂かれてきた。解決しがたい緊張状態で、議員と閣僚の役割を他の方にお引き受け頂くべき時だと思う」と述べた[13][14][15]

2019年9月7日、女性・平等担当大臣で労働年金大臣のアンバー・ラッドが辞職し保守党を離党した[16]

2019年総選挙と第2次ジョンソン内閣編集

2019年12月12日に行われた総選挙では、ジョンソン首相が率いる与党が勝利した。第2次ジョンソン内閣は3日後に結成されました。

閣僚の一覧編集

イギリスの内閣[17][18]
役職 画像 大臣 任期
内閣の閣僚
首相
第一大蔵卿
国家公務員担当大臣
連合担当大臣
  ボリス・ジョンソン 2019年7月24日 -
筆頭国務大臣   ドミニク・ラーブ 2019年7月24日 -
財務大臣
第二大蔵卿
  サジド・ジャヴィド 2019年7月24日 –
内務大臣   プリティ・パテル 2019年7月24日 -
外務・英連邦大臣   ドミニク・ラーブ 2019年7月24日 -
欧州連合離脱大臣   ステファン・バークレー 2018年11月16日 -
国防大臣   ベン・ウォレス英語版 2019年7月24日 -
保健・社会介護大臣   マット・ハンコック英語版 2018年7月9日-
大法官
司法大臣
  ロバート・バックランド英語版 2019年7月24日 -
教育大臣
  ギャヴィン・ウィリアムソン英語版 2019年7月24日 -
女性・平等担当大臣   アンバー・ラッド 2019年7月24日 - 2019年9月7日
  リズ・トラス 2019年9月10日-
国際貿易大臣
通商会議議長
  リズ・トラス 2019年7月24日 -
ビジネス・エネルギー・産業戦略大臣   アンドレア・レッドサム 2019年7月24日 -
環境・食糧・農村地域大臣   テリーザ・ヴィリアーズ英語版 2019年7月24日 -
運輸大臣   グラント・シャップス英語版 2019年7月24日-
住宅・コミュニティ・地方自治大臣   ロバート・ジェンリック英語版 2019年7月24日 -
貴族院院内総務
王璽尚書
  ボウズ・パークのエヴァンス女男爵 2016年7月14日 -
スコットランド大臣   アリスター・ジャック英語版 2019年7月24日 -
ウェールズ大臣   アラン・ケアンズ英語版 2016年3月19日 - 2019年11月6日
北アイルランド大臣   ジュリアン・スミス英語版 2019年7月24日 -
国際開発大臣   アロック・シャーマ英語版 2019年7月24日 -
デジタル・文化・メディア・スポーツ大臣   ニッキー・モーガン英語版 2019年7月24日 -
労働・年金大臣   アンバー・ラッド 2018年11月16日 - 2019年9月7日
テリーズ・コフィー英語版 2019年9月8日 -
ランカスター公領大臣   マイケル・ゴーヴ 2019年7月24日 -
無任所大臣
(保守党幹事長)
  ジェームズ・クレヴァリー英語版 2019年7月24日 -
閣議に出席する閣外の役職
庶民院院内総務
枢密院議長
  ジェイコブ・リース=モグ 2019年7月24日 -
財務省首席担当官   リシ・スナック 2019年7月24日-
庶民院院内幹事長
財務省政務担当官
  マーク・スペンサー英語版 2019年7月24日
法務長官   ジェフリー・コックス英語版 2018年7月9日 -
内閣府担当大臣
主計長官
  オリヴァー・ダウデン英語版 2019年7月24日-
ビジネス・エネルギー・クリーン成長担当副大臣   クワシ・クワーテング英語版 2019年7月24日 -
ノーザンパワーハウス及び地方成長担当副大臣   ジェイク・ベリー英語版 2019年7月24日 -
住宅・都市計画担当副大臣   エスター・マクヴェイ 2019年7月24日 -
大学・科学・研究・イノベーション担当副大臣   ジョー・ジョンソン 2019年7月24日 - 2019年9月5日
環境・国際開発担当副大臣   ザック・ゴールドスミス英語版 2019年9月6日-
安全保障担当副大臣
EU離脱・合意なき離脱準備副担当
  ブランドン・ルイス英語版 2019年7月24日 -

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ “Boris Johnson becomes UK's new prime minister”. BBC News. (2019年7月24日). https://www.bbc.com/news/uk-politics-49102466 2019年7月24日閲覧。 
  2. ^ a b c “Boris Johnson: Does his cabinet reflect 'modern Britain'?”. BBC News. (2019年7月25日). https://www.bbc.com/news/uk-politics-49034735 2019年7月25日閲覧。 
  3. ^ “How representative is Boris Johnson's new cabinet?”. The Guardian. https://www.theguardian.com/politics/ng-interactive/2019/jul/25/how-representative-is-boris-johnsons-new-cabinet 2019年7月25日閲覧。 
  4. ^ Swinford, Steven; Chorley, Matt (2019年7月25日). “Boris Johnson the Godfather takes his retribution in massacre of cabinet ministers”. The Times. https://www.thetimes.co.uk/article/boris-johnson-the-godfather-takes-his-retribution-in-massacre-of-cabinet-ministers-zxr5vvk00 2019年7月27日閲覧。 
  5. ^ Syal, Rajeev (2019年7月24日). “'Summer's day massacre' may spell backbench trouble for Boris Johnson”. The Guardian. https://www.theguardian.com/politics/2019/jul/24/philip-hammond-quits-johnson-fully-aligned-chancellor-gauke-stewart 2019年7月27日閲覧。 
  6. ^ Woodcock, Andrew (2019年7月25日). “Boris Johnson dismantles cabinet in reshuffle, building government around people who delivered Brexit vote”. The Independent. https://www.independent.co.uk/news/uk/politics/boris-johnson-cabinet-reshuffle-ministers-brexit-a9019726.html 2019年7月27日閲覧。 
  7. ^ Lyons, Kate (2019年7月25日). “'Cabinet massacre': what the papers say about Boris Johnson's arrival in No 10”. The Guardian. https://www.theguardian.com/media/2019/jul/25/cabinet-massacre-what-the-papers-say-about-boris-johnsons-arrival-in-no-10 2019年7月27日閲覧。 
  8. ^ Murphy, Sean (2019年7月26日). “Boris Johnson gives himself 'Minister for the Union' title”. The Scotsman. https://www.scotsman.com/news/politics/boris-johnson-gives-himself-minister-for-the-union-title-1-4972145 2019年7月27日閲覧。 
  9. ^ Payne, Sebastian; Parker, George (2019年9月3日). “Boris Johnson’s government loses majority after Philip Lee defects”. Financial Times. https://www.ft.com/content/772154dc-ce68-11e9-99a4-b5ded7a7fe3f 2019年9月3日閲覧。 
  10. ^ “Tory MP defects ahead of crucial Brexit vote” (英語). (2019年9月3日). https://www.bbc.com/news/uk-politics-49570682 2019年9月4日閲覧。 
  11. ^ “Brexit: Boris Johnson defeated as MPs take control”. BBC News Website. (2019年9月4日). https://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-49573555 2019年9月4日閲覧。 
  12. ^ ジョンソン首相に造反した与党議員21人の顔ぶれ 英ブレグジット政局BBC2019年9月5日
  13. ^ “Jo Johnson to quit as minister and MP”. Financial Times Online. (2019年9月5日). https://www.ft.com/content/b2438ea8-cfc7-11e9-99a4-b5ded7a7fe3f 2019年9月5日閲覧。 
  14. ^ ジョンソン英首相の弟が辞任表明 家族と国益の間で「引き裂かれた」CNN2019年9月6日
  15. ^ EUより先に英首相の弟が閣僚を「離脱」、史上最短政権の懸念もロイター2019年9月6日
  16. ^ Shipman, Tim (2019年9月7日). “Exclusive: Amber Rudd resigns from cabinet and quits Tories”. Times. https://www.thetimes.co.uk/article/8ce8dbe4-d1a3-11e9-bac7-3a108794927b 2019年9月7日閲覧。 
  17. ^ Election 2017: Prime Minister and ministerial appointments, , gov.uk (British Government), (2017年6月11日), https://www.gov.uk/government/news/election-2017-prime-minister-and-ministerial-appointments 2017年6月12日閲覧。 
  18. ^ Her Majesty's Government”. parliament.uk. Parliament of the United Kingdom. 2017年6月12日閲覧。
先代:
第2次メイ内閣
イギリスの内閣
2019年7月24日 - 2019年12月13日
次代:
第2次ジョンソン内閣