メインメニューを開く

第1次メイ内閣(だいいちじメイないかく)は、デーヴィッド・キャメロン首相を辞任したことを受けて、女王エリザベス2世によりテリーザ・メイが新しい首相に任命され、2016年7月13日に組閣したイギリスの内閣[1][2]。メイ内閣は、議会で多数を占める保守党の内閣であり、2015年5月のイギリスの総選挙の結果を受けて組閣され、2016年6月の国民投票イギリスが欧州連合から離脱することが決まった後に終了した第2次キャメロン内閣を引き継いだ。

第1次メイ内閣
イギリス 第96代内閣
Theresa May 2015 (cropped).jpg
成立年月日 2016年7月13日
終了年月日 2017年6月11日
組織
元首 女王エリザベス2世
首相 テリーザ・メイ
与党 保守党
影の内閣 コービン影の内閣
野党 労働党
野党党首 ジェレミー・コービン
詳細
前内閣 第2次キャメロン内閣
次内閣 第2次メイ内閣

2017年6月の総選挙の結果、単独で過半数の議席を占める政党がない、いわゆるハング・パーラメント状態となったが、メイ首相は民主統一党閣外協力を得て、新たに少数党政府英語版を立ち上げる意向を表明し、第2次メイ内閣へと引き継がれた。

概要編集

メイ首相は、7月13日の午後に、フィリップ・ハモンド財務大臣に、アンバー・ラッド内務大臣に、ボリス・ジョンソン外務大臣にそれぞれ新任させ、そして国防大臣にはマイケル・ファロンを留任させる人事を固めた[3][4]。新設された閣僚ポストである欧州連合離脱大臣にはデイヴィッド・デイヴィスを、国際貿易大臣にはリアム・フォックスを任命した[3]

残りの閣僚ポストの人事は翌日の7月14日に発表された[5]。前国際開発大臣ジャスティン・グリーニング教育大臣に昇進、グリーニングの異動により空いたポストにはプリティ・パテルが任命された。前環境大臣のエリザベス・トラスには司法大臣のポストが与えられた。前エネルギー下級大臣で、2016年の保守党党首選で最後までテリーザ・メイと対立する候補だったアンドレア・レッドサムは、環境大臣に任命された。内務省で下級大臣を務めたジェームス・ブロークンシャーカレン・ブラッドリーの両名は、それぞれ北アイルランド大臣文化・メディア・スポーツ大臣に任ぜられた。ダミアン・グリーン労働年金大臣のポストを獲得し、クリス・グレイリング運輸大臣に就いた。最後に、サジード・ジャビドコミュニティ・地方自治大臣のポストに就いた。[5]

ジェレミー・ハントアルン・カーンズデービッド・マンデルの3名は、第2次キャメロン内閣から引き続き、それぞれ保健大臣ウェールズ大臣スコットランド大臣に留任された。[5]。対照的に、メイ首相は、第2次キャメロン内閣で閣僚を務めた、ジョージ・オズボーン前財務大臣、マイケル・ゴーヴ前司法大臣、ジョン・ウィッティングデール前文化・メディア・スポーツ大臣、ニッキー・モーガン前教育大臣、オリバー・レットウィン前ランカスター公領大臣の5名を閣僚から外した[5]

加えて、メイ首相はフィオナ・ヒルニック・ティモシーダウニング街首席補佐官英語版に迎えた[6]。両者は、メイ首相がキャメロン内閣で内務大臣を務めていたとき、政治的アドバイザーとして大臣を支えていたが、その後はメイ首相のリーダーシップの下に戻ってくるまでの間、政府の外で短期間働いた[7][8]。しかし、2017年イギリス総選挙で保守党が議席を減らし敗北した責任を取る形で6月10日に辞任を表明している[9]

2016年9月、アンバー・ラッドが1998-2000年に租税回避地バハマに設立された2法人の役員だった。[10]

2017年6月11日、8日に行われた2017年イギリス総選挙の結果を受け、メイ首相が組閣を行い、第2次メイ内閣が発足した。再任が多く小規模な改造にとどめられた[11]

閣僚の一覧編集

イギリスの内閣[12][5]
役職 大臣 任期
内閣の閣僚
首相
第一大蔵卿
国家公務員担当大臣
テリーザ・メイ 2016–
財務大臣
第二大蔵卿
フィリップ・ハモンド 2016–
外務・英連邦大臣 ボリス・ジョンソン 2016–
内務大臣 アンバー・ラッド 2016–
欧州連合離脱担当大臣 デイヴィッド・デイヴィス 2016–
国防大臣 マイケル・ファロン 2014–
商務大臣
国際貿易大臣
リアム・フォックス 2016–
大法官
司法大臣
エリザベス・トラス 2016–
教育大臣
女性・平等担当大臣
ジャスティン・グリーニング 2016–
保健大臣 ジェレミー・ハント 2012–
労働年金大臣 ダミアン・グリーン 2016–
庶民院院内総務
枢密院議長
デビッド・リディントン 2016–
ビジネス・エネルギー・産業戦略大臣 グレッグ・クラーク 2016–
環境・食料・農村地域大臣 アンドレア・レッドサム 2016–
国際開発大臣 プリティ・パテル 2016–
スコットランド大臣 デービッド・マンデル 2015–
ウェールズ大臣 アルン・カーンズ 2016–
北アイルランド大臣 ジェームス・ブロークンシャー 2016–
コミュニティ・地方自治大臣 サジード・ジャビド 2016–
運輸大臣 クリス・グレイリング 2016–
文化・メディア・スポーツ大臣 カレン・ブラッドリー 2016–
ランカスター公領大臣
パトリック・マクローリン 2016–
貴族院院内総務
王璽尚書
エバンス・オブ・ボウズ・パーク女男爵 2016–
閣議に出席する閣外の役職
庶民院院内幹事
大蔵政務次官
ギャビン・ウィリアムソン 2016–
大蔵省首席担当官 デイビッド・ガウキ 2016–
法務長官 ジェレミー・ライト 2014–
内閣府担当大臣
主計長官
ベン・ガマー 2016–

出典編集

  1. ^ “David Cameron says being PM 'the greatest honour' in final Downing Street speech”. BBC News. (2016年7月13日). http://www.bbc.com/news/uk-politics-36778350 2016年7月13日閲覧。 
  2. ^ “Theresa May becomes Britain's prime minister”. The Guardian. (2016年7月13日). http://www.theguardian.com/politics/2016/jul/13/theresa-may-becomes-britains-prime-minister 2016年7月13日閲覧。 
  3. ^ a b “Boris Johnson made foreign secretary by Theresa May”. BBC News. (2016年7月13日). http://www.bbc.com/news/uk-politics-36789972 2016年7月13日閲覧。 
  4. ^ Ministerial appointments: July 2016”. gov.uk. Prime Minister's Office (2016年7月13日). 2016年7月13日閲覧。
  5. ^ a b c d e “Theresa May shakes-up government with new-look cabinet”. BBC News. (2016年7月14日). http://www.bbc.com/news/uk-politics-36790710 2016年7月14日閲覧。 
  6. ^ Nick Timothy: Theresa May’s political ‘brain’”. Financial Times. 2016年7月15日閲覧。
  7. ^ Beware the aides of May! The people who'll really run the new government”. The Spectator. 2016年7月15日閲覧。
  8. ^ Press Release: Downing Street political advisers”. Gov.uk. 2016年7月15日閲覧。
  9. ^ “メイ英首相の側近2人が辞任、選挙戦敗北受け”. CNN.co.jp (CNN). (2017年6月11日). https://www.cnn.co.jp/world/35102553.html 2017年6月12日閲覧。 
  10. ^ ガーディアン
  11. ^ テリーザ・メイ英首相 新内閣を組閣完了 ナンバー2は「数少ない盟友」起用 英総選挙”. 産経社 (2017年6月12日). 2017年6月12日閲覧。
  12. ^ Her Majesty's Government”. www.parliament.uk. Parliament of the United Kingdom (2016年7月14日). 2016年7月15日閲覧。
先代:
第2次キャメロン内閣
イギリスの内閣
2016年7月13日 - 2017年6月11日
次代:
第2次メイ内閣