メインメニューを開く

第1次メルケル内閣(だい1じメルケルないかく、ドイツ語: Kabinett Merkel I)は、第16代ドイツ連邦議会2005年11月22日から2009年10月27日までの間のドイツ政府である。キリスト教民主主義者であるアンゲラ・メルケル (ドイツ史上初の女性首相)が率いる。ドイツキリスト教民主同盟 (CDU)とキリスト教社会同盟 (CSU) とドイツ社会民主党 (SPD)の大連立政権である。第2次シュレーダー内閣を継ぐもので、2009年ドイツ連邦議会選挙後に組閣された第2次メルケル内閣に役割を引き継いだ。

構成編集

この連邦内閣は、以下の閣僚で構成されていた。

役職 画像 Incumbent 任期 政党
連邦首相   アンゲラ・メルケル 2005年11月22日 – 第2次メルケル内閣 CDU
副首相   フランツ・ミュンテフェーリング 2005年11月22日 – 2007年11月21日 SPD
  フランク=ヴァルター・シュタインマイアー 2007年11月21日 – 2009年10月27日
外務大臣   フランク=ヴァルター・シュタインマイアー 2005年11月22日 – 2009年10月27日 SPD
労働・社会大臣   フランツ・ミュンテフェーリング 2005年11月22日 – 2007年11月21日 SPD
  オーラフ・ショルツ 2007年11月21日 – 2009年10月27日
環境・自然保護・原子炉安全大臣   ジグマール・ガブリエル 2005年11月22日 – 2009年10月27日 SPD
経済・技術大臣   ミヒャエル・グロース 2005年11月22日 – 2009年2月10日 CSU
  カール=テオドール・ツー・グッテンベルク 2009年2月10日 – 2009年10月27日
国防大臣   フランツ・ヨーゼフ・ユング 2005年11月22日 – 2009年10月27日 CDU
家族・老人・女性・青少年大臣   ウルズラ・フォン・デア・ライエン 2005年11月22日 – 第2次メルケル内閣 CDU
特命大臣,
首相府長官
  トーマス・デメジエール 2005年11月22日 – 2009年10月27日 CDU
内務大臣   ヴォルフガング・ショイブレ 2005年11月22日 – 2009年10月27日 CDU
教育・研究大臣   アンネッテ・シャーヴァン 2005年11月22日 – 第2次メルケル内閣 CDU
保健大臣   ウラ・シュミット 2001年1月12日 – 2009年10月27日 SPD
食品・農業・消費者保護大臣   ホルスト・ゼーホーファー 2005年11月22日 – 2008年10月31日 CSU
  イルゼ・アイグナー 2008年10月31日 – 第2次メルケル内閣
財務大臣   ペール・シュタインブリュック 2005年11月22日 – 2009年10月27日 SPD
交通・建設・都市開発大臣   ヴォルフガング・ティーフェンゼー 2005年11月22日 – 2009年10月27日 SPD
経済協力大臣   ハイデマリー・ヴィーチョレック=ツォイル 1998年10月27日 – 2009年10月28日 SPD
司法大臣   ブリギッテ・ツィプリース 2002年10月22日 – 2009年10月27日 SPD

外部リンク編集