第1次小泉内閣 (第1次改造)

日本の内閣

第1次小泉第1次改造内閣(だいいちじ こいずみ だいいちじかいぞうないかく)は、衆議院議員自由民主党総裁小泉純一郎が第87代内閣総理大臣に任命され、2002年平成14年)9月30日から2003年(平成15年)9月22日まで続いた日本の内閣である。

第1次小泉第1次改造内閣
Junichirō Koizumi Cabinet 20020930.jpg
2002年9月30日
内閣総理大臣 第87代 小泉純一郎
成立年月日 2002年平成14年)9月30日
終了年月日 2003年(平成15年)9月22日
与党・支持基盤 自由民主党公明党保守党
自公保連立政権
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

前の第1次小泉内閣改造内閣である。

内閣の顔ぶれ・人事編集

小泉首相は金融担当大臣柳澤伯夫から竹中平蔵に交代させた(経済財政政策担当大臣兼任)[1]

10月15日に5人の北朝鮮拉致被害者の帰国が実現し、電撃訪朝前の2002年8月に日本経済新聞調査で支持率44%まで下落していたが、10月に61%と劇的に回復した[2]

国務大臣編集

職名 氏名 所属 特命事項等 備考
内閣総理大臣 小泉純一郎   衆議院
自由民主党
自由民主党総裁
総務大臣 片山虎之助   参議院
自由民主党
橋本派
留任
法務大臣 森山眞弓   衆議院
自由民主党
高村派
留任
外務大臣 川口順子   民間 留任
財務大臣 塩川正十郎   衆議院
自由民主党
森派
留任
文部科学大臣 遠山敦子   民間 国立国会図書館連絡調整委員会委員 留任
厚生労働大臣 坂口力   衆議院
公明党
留任
農林水産大臣 大島理森   衆議院
自由民主党
(高村派)
2003年4月1日
亀井善之   衆議院
自由民主党
山崎派
2003年4月1日命
経済産業大臣 平沼赳夫   衆議院
自由民主党
江藤・亀井派
国際博覧会担当 留任
国土交通大臣 林寛子   参議院
保守党
首都機能移転担当 留任
環境大臣 鈴木俊一   衆議院
自由民主党
堀内派
地球環境問題担当 初入閣
内閣官房長官
内閣府特命担当大臣
男女共同参画担当
福田康夫   衆議院
自由民主党
(森派)
留任
国家公安委員会委員長
内閣府特命担当大臣
産業再生機構担当
食品安全担当
谷垣禎一   衆議院
自由民主党
小里派
防衛庁長官 石破茂   衆議院
自由民主党
(橋本派)
初入閣
内閣府特命担当大臣
沖縄及び北方対策担当
個人情報保護担当
科学技術政策担当
細田博之   衆議院
自由民主党
(森派)
情報通信技術(IT)担当 初入閣
内閣府特命担当大臣
金融担当
経済財政政策担当
竹中平蔵   民間 留任
内閣府特命担当大臣
規制改革担当
石原伸晃   衆議院
自由民主党
(無派閥)
行政改革担当 留任
内閣府特命担当大臣
防災担当
鴻池祥肇   参議院
自由民主党
(無派閥)
構造改革特区担当 初入閣

※谷垣国務大臣の「内閣府特命担当大臣(産業再生機構担当)」を命ずる辞令の発令は2003年(平成15年)4月10日で、それ以前はいわゆる内閣の担当大臣としての「産業再生機構(仮称)担当大臣」であった[注釈 1]。また、「内閣府特命担当大臣(食品安全担当)」を命ずる辞令の発令は2003年(平成15年)7月1日で、それ以前は内閣の担当大臣としての「食品安全委員会(仮称)担当大臣」であった。

※細田国務大臣の「内閣府特命担当大臣(個人情報保護担当)」を命ずる辞令の発令は2003年(平成15年)6月6日。

内閣官房副長官等編集

内閣総理大臣補佐官編集

※根本内閣総理大臣補佐官の担当職務のうち[食品安全委員会(仮称)]は、2003年(平成15年)7月1日解除。

副大臣編集

改造2日後の2002年(平成14年)10月2日発足。

大臣政務官編集

改造4日後の2002年(平成14年)10月4日発足。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ 芹川洋一著、平成政権史、日経プレミアシリーズ、2018年、175頁、日本経済新聞出版社
  2. ^ 平成政権史、185頁
  1. ^ 2002年(平成14年)11月8日発令

関連項目編集

外部リンク編集