第1高射特科大隊(だいいちこうしゃとっかだいたい、JGSDF 1st Antiaircraft Artillery Battalion)は、静岡県御殿場市駒門駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊第1師団隷下の高射特科部隊である。警備隊区は神奈川県西部[1]

第1高射特科大隊
創設 1992年(平成4年)3月27日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位 大隊
兵科 高射特科
兵種/任務/特性 師団防空、SAM
所在地 静岡県御殿場市
編成地 駒門
上級単位 第1師団
担当地域 南関東神奈川県西部(災害派遣)
テンプレートを表示

沿革編集

第61連隊第5大隊

第1特科連隊第6大隊

第1高射特科大隊

  • 1992年(平成04年)3月27日:第1特科連隊第6大隊が第1高射特科大隊として分離・独立、師団直轄となる。
  • 2002年(平成14年)3月27日:後方支援体制変換に伴い、整備部門を第1後方支援連隊第2整備大隊高射直接支援隊へ移管。

部隊編成編集

整備支援部隊編集

  • 第1後方支援連隊第2整備大隊高射直接支援隊:2002年(平成14年)3月27日から

主要装備編集

警備隊区編集

脚注編集

  1. ^ a b 神奈川県災害時広域受援計画-資料編-”. 神奈川県. 2021年2月21日閲覧。

出典編集

『高射のあゆみ二十年』 高射学校編 1982年

関連項目編集

外部リンク編集