メインメニューを開く

第10回選抜中等学校野球大会(だいじっかいせんばつちゅうとうがっこうやきゅうたいかい)は、1933年昭和8年)3月30日から4月13日(雨で4日順延)まで甲子園球場で行われた選抜中等学校野球大会である。

日本の旗 第10回選抜中等学校野球大会
試合日程 1933年3月30日 - 4月13日
出場校 32校
優勝校 岐阜商岐阜、初優勝)
試合数 31試合
選手宣誓 田中耕司(愛知一宮中
始球式 城戸元亮(大会会長・大阪毎日新聞社取締役会長)
大会本塁打 0本塁打
 < 19321934 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

10回目の大会を記念し、32校が参加した大会となった。

また、本大会より優勝校に優勝メダル、準優勝校に準優勝旗と準優勝メダルが贈られることとなった。前年度優勝校の無条件出場は本大会より廃止になった。

目次

概要編集

日程編集

  • 3月30日 - 開会式。第3試合の広島商横浜商は、4回裏途中で日没ノーゲームに。同カードは翌3月31日の第1試合に順延された。
  • 3月31日 - 雨天のため大会2日目が全試合中止。順延(1日目)。
  • 4月4日 - 雨天のため大会5日目が全試合中止。順延(2日目)。
  • 4月8日 - 雨天のため大会8日目が全試合中止。順延(3日目)。
  • 4月9日 - 雨天のため大会8日目が全試合中止。順延(4日目)。
  • 4月13日 - 決勝戦。閉会式。

出場校編集

組み合わせ・試合結果編集

1回戦 - 準決勝編集

1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月30日(1)[1]            
 松山商 0
4月6日(2)
 一宮中 3  
 一宮中 0
4月1日(1)[2]
   広島商 3  
 広島商 9
4月11日(3)
 横浜商 1  
 広島商 5
4月2日(3)
   和歌山商 1  
 早稲田実 0
4月10日(1)
 和歌山商 2  
 和歌山商 5
4月5日(1)
   神戸一中 0  
 神戸一中 4
4月12日(2)
 和歌山中 2  
 広島商 0
4月1日(2)[3]
   岐阜商 4
 桐生中 0
4月7日(1):延長10回
 海草中 3  
 海草中 3
4月3日(1)
   海南中 2  
 海南中 8
4月11日(1)
 高松中 5  
 海草中 0
4月3日(3)
   岐阜商 3  
 長崎商 7
4月6日(3)
 鳥取一中 9  
 鳥取一中 3
4月5日(2)
   岐阜商 5  
 岐阜商 6
 静岡中 5  
1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月30日(2):延長12回            
 松山中 3
4月6日(3)
 大正中 4  
 大正中 2
4月5日(3)
   京都商 3  
 京都商 6
4月11日(2)
 関西学院中 2  
 京都商 1
4月1日(3)
   明石中 2  
 浪華商 5
4月10日(2)
 山口中 3  
 浪華商 0
4月2日(1)
   明石中 4  
 明石中 1
4月12日(1)
 平安中 0  
 明石中 1
4月1日(4)
   中京商 0
 興国商 4
4月7日(3):延長13回
 熊本工 2  
 興国商 0
4月3日(2)
   中京商 1x  
 中京商 3
4月10日(3)
 島田商 0  
 中京商 3
4月2日(2):延長10回
   享栄商 1  
 台北一中 4
4月7日(2)
 高松商 6  
 高松商 0
4月2日(4)
   享栄商 11  
 松本商 1
 享栄商 2  

決勝編集

4月13日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
岐阜商 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
明石中 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  1. (岐) : 松井 - 近藤
  2. (明) : 楠本 - 福島
  3. 審判:球審…水上、塁審…二出川・鶴田・橋本

大会本塁打編集

なし

脚注編集

  1. ^ 一宮中・河合信雄投手がノーヒットノーラン達成。
  2. ^ 大会1日目(3)広島商0 - 0横浜商は、4回裏・広島商の攻撃中に日没ノーゲームが宣告。
  3. ^ 海草中・森田俊男投手がノーヒットノーラン達成。

関連項目編集