メインメニューを開く

第10回関西府県連合共進会

名古屋市において1910年(明治43年)に開催された博覧会

第10回関西府県連合共進会(だい10かいかんさいふけんれんごうきょうしんかい)は、1910年明治43年)に愛知県名古屋市において開催された博覧会

第10回関西府県連合共進会
会場の様子、手前に噴水塔、奥に愛知県売店
会場の様子、手前に噴水塔、奥に愛知県売店
開催時期 1910年(昭和43年)3月16日6月13日(90日間)[1]
会場 名古屋市中区(当時)鶴舞公園
来場者数 263万2,748人[1]
鶴舞公園 関西府県連合共進会の正面入口 1910
鶴舞公園 関西府県連合共進会の噴水 1910

概要編集

1883年(明治16年)以降、西日本の各地で開催された関西府県連合共進会の10回目に当たる。

1910年(明治43年)3月16日から6月13日の90日間の会期が設定され、造成が開始されたばかりの鶴舞公園を会場に開催された[1]。関西府県連合共進会とは銘打っていたものの、参加府県は北海道東北地方の県を除く3府28県にも及び、果ては台湾(当時は日本統治下)からも出品された[1]。入場者数は263万2,748人と記録されており、これは当時の名古屋市の人口約41万人を軽く超えるものであった[1]

参加府県編集

参加府県は東京府京都府大阪府の3府と神奈川県兵庫県新潟県埼玉県群馬県茨城県栃木県奈良県三重県静岡県山梨県滋賀県岐阜県長野県福井県石川県富山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県和歌山県徳島県香川県愛媛県高知県・愛知県の28県であった[2]

観覧時間編集

午前九時から午後四時まで[3]

会場内施設編集

会場内には機械館・特許館・農産館などの最新技術などを展示するパビリオンのほか、不思議館・天女館・活動写真館といった娯楽要素をもつパビリオンも設置された[4]。さらには、名古屋城を模した愛知県売店などもあった[4]

また、パビリオンのほか、貴賓館奏楽堂噴水塔・鈴菜橋などの建築物や胡蝶ヶ池・鯱ヶ池といったものが配置された[1]

会期終了に伴い、多くの仮設建物は撤去されたが、奏楽堂・噴水塔・貴賓館などは名古屋市に寄付され、会場となった鶴舞公園に残されることとなった[5]

  • 世界漫遊館
入場料大人12銭、子供6銭[6]
  • 観戦鉄道
入場料大人10銭、子供5銭[6]日露戦争の旅順・奉天における戦闘を体感できるアトラクション[6]
  • 不思議館
入場料大人10銭、子供6銭[6]
  • 電気館
入場料大人10銭、子供5銭[6]砦山に設置された[6]
  • 大阪丸御殿
入場料大人5銭、子供3銭[6]
  • 旅順海戦館
入場料特等50銭、並等30銭[6]キネオラマによる展示[7]。後に作家となる江戸川乱歩が少年時代にこの展示を見学し、大いに影響を受けたとされる[7]
  • 天女館
入場料特等40銭、並等20銭[8]
  • 大鰐館
入場料大人5銭、子供3銭[8]
  • 横田活動写真
入場料大人10銭、子供5銭[8]横田商会による催し[8]

会場アクセス編集

共進会開催に伴い、名古屋電気鉄道公園線新栄広小路通から鶴舞公園前を経て上前津に至る路線)が開業し、会場へのアクセスを担った[9]

沿革編集

脚注編集

参考文献編集

  • 『第10回関西府県聯合共進会調査報告』大阪府、大阪府、1910年10月(日本語)。
  • 井上善博『名古屋絵はがき物語 二十世紀のニューメディアは何を伝えたか』風媒社、2009年4月15日(日本語)。
  • 『名古屋開府400年記念誌 尾張名古屋大百科』名古屋市開府400年記念事業実行委員会、名古屋市開府400年記念事業実行委員会、2010年5月1日(日本語)。ISBN 978-4-8356-1761-9
  • 『名古屋の公園 100年のあゆみ』名古屋の公園100年のあゆみ編集委員会、2010年(日本語)。
  • 小松史生子「日本の探偵小説の創始者 江戸川乱歩 パノラマ館やお化け屋敷、幻灯機に恋いこがれた名古屋の少年時代」『東海の異才・奇人列伝』小松史生子、風媒社、2013年(日本語)。

外部リンク編集