第10方面軍 (日本軍)

第10方面軍(だいじゅうほうめんぐん)は、大日本帝国陸軍方面軍の一つ。

第10方面軍
創設 1944年昭和19年)9月22日
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 大日本帝国の旗 大日本帝国
所属組織  大日本帝国陸軍
部隊編制単位 方面軍
所在地 台湾
通称号/略称
最終上級単位 大本営
担当地域 台湾
最終位置 台湾 台北
主な戦歴 第二次世界大戦
テンプレートを表示

沿革編集

第二次世界大戦末期絶対国防圏の要石とされたサイパン陥落後、台湾方面の戦力増強のため1944年(昭和19年)9月22日に新編され、連合国軍の台湾上陸に備え台北に在った。第10方面軍司令官は、台湾軍司令官(昭和20年2月1日から台湾軍管区司令官[1])が兼任した[2]

連合軍の台湾上陸は無く交戦すること無しに終戦となったが、沖縄本島に在った隷下の第32軍部隊は全滅した。

基本情報編集

  • 通称号:湾
  • 編成時期:1944年(昭和19年)9月22日
  • 最終位置:台北
  • 最終上級部隊:大本営

第10方面軍の人事編集

司令官編集

  • 安藤利吉大将(陸士16期):1944年(昭和19年)9月22日 - 1945年(昭和20年)10月25日

参謀長編集

  • 諌山春樹中将(陸士27期):1944年(昭和19年)9月22日 - 1945年(昭和20年)10月25日

参謀副長編集

  • 北川潔水少将(陸士29期):1944年(昭和19年)9月22日 - 1945年(昭和20年)2月12日
  • 宇垣松四郎少将(陸士31期):1945年(昭和20年)2月12日 - 1945年(昭和20年)10月25日

終戦時編集

  • 司令官:安藤利吉大将
  • 参謀長:諌山春樹中将
  • 参謀副長:宇垣松四郎少将
  • 高級参謀:村沢一雄大佐
  • 高級参謀:塚本誠大佐
  • 高級参謀:広瀬茂大佐
  • 高級副官:宮田次男大佐
  • 兵器部長:佐々木博少将
  • 経理部長:岡本正義主計少将
  • 軍医部長:西山啓吉軍医少将
  • 獣医部長:鈴木清獣医大佐
  • 法務部長:古川清一法務大佐

終戦時の隷下部隊編集

※独立混成第64旅団は第32軍司令部の壊滅後、奄美群島守備のまま第16方面軍へ転籍。

脚注編集

出典編集

  1. ^ 秦 2005, p. 360, 「台湾軍司令官」
  2. ^ 秦 2005, p. 355, 「第10方面軍司令官」

参考文献編集

  • 秦郁彦 編著 『日本陸海軍総合事典』(第2版) 東京大学出版会、2005年。 

関連項目編集