メインメニューを開く

第101建設隊(だい101けんせつたい、JGSDF 101st Railway Construction Unit)は、1960年2月17日に編成された陸上自衛隊で唯一の鉄道部隊であった。1966年4月1日に廃止された。 発足当初の隊員数は約120名で、本建設隊の目的には鉄道連隊とは異なり、外地での活動は含まれていなかった。主目的は、災害などで被害を受けた鉄道の復旧や自衛隊の補給任務であり、また、国鉄のストライキ時の輸送の確保、日本領土内が戦場となった際の国民への食料輸送であった[1]

第101建設隊
創設 1960年昭和35年)2月17日
廃止 1966年(昭和41年)4月1日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 施設科
兵種/任務/特性 鉄道工兵
所在地 千葉県 習志野市
編成地 立川
最終上級単位 第1施設群
テンプレートを表示

概要編集

昭和30年代までの日本道路網が未発達であったが、交通輸送手段としては日本国有鉄道(国鉄)の路線が全国津々浦々に展開しており、有事の際にはこれに依存し最大限活用しなければならなかった。しかし、当時国鉄においては労働運動が活発で、労働争議ストライキ)が頻発しており、事態を憂慮した陸上幕僚監部は、急遽鉄道専門部隊を設立することを決めた。国鉄から9600形蒸気機関車1両(9677)を購入し、陸軍鉄道連隊が使用していた演習線のうちの、習志野線の一部[2]を取得。列車の運転や整備のみならず、線路の建設・維持、測量・抗朽から架橋、ポイント信号機の操作等多岐に渡った。島松霞ヶ浦古河などの補給処専用線プラットホームの新設・改修も行った。災害派遣においても国鉄路線の復旧に尽力し、その能力を遺憾なく発揮した。

にもかかわらず僅か6年余りで解隊に至ったのは、急速に進むモータリゼーションに伴う高速道路網の整備と、その趨勢に従い陸上幕僚監部が本隊の意義を予算当局に対し説得出来なかった(下記の通り高額な維持費も一つの要因)といわれている。

鉄道の近代化が進むにつれ、鉄道の動力車の主力は蒸気機関車からディーゼルカー電車になっていくが、本建設隊の主力機は9600形蒸気機関車であった。電気機関車や電車では架線を攻撃されて破損したときに列車を運行できないことが蒸気機関車を主力機としていた理由である。しかし、9600形蒸気機関車は維持費がかかるため、会計検査院から「防衛費の無駄遣い」と指摘され、本建設隊解散の一つの要因となった。使用していた9600形蒸気機関車は朝霞駐屯地内に保存する話も浮上していたが、輸送費に250万円もかかることがわかり、保存はかなわず、解体された[3]

沿革編集

歴代隊長編集

代数 階級 氏名 在任期間
1 2等陸佐 大谷 義雄 1960年02月17日 - 1961年08月03日
2 2等陸佐 赤松 敏雄 1961年08月04日 - 1963年07月31日
3 3等陸佐 野崎 晋一 1963年08月01日 - 1966年04月01日

保有車両編集

  • 9600形蒸気機関車 9677
    1915年川崎造船所製、1959年に大宮機関区で廃車、その後第101建設隊に譲渡された。陸自配属時、ナンバーは従来のとおりだったが、運転室側面にサクラにE(技術部隊を表すEngineeringの略号)の字を入れたマークがつけられた。同隊解散後、輸送学校で保存したいとの意向もあったが、その車両の運搬費用が250万円(当時)もかかるとあって、断念せざるを得なかった。津田沼から東北本線古河駅に回送され、引き込み線によって施設補給処に留置、1970年3月に解体された。
  • 0-4-0(B)蒸気機関車
    1946年3月協三工業製の15t級B形タンク式蒸気機関車製造番号15010)、元は三菱重工業古河工場で使用していた。1956年6月、陸自輸送学校が教材として譲り受けていたものを運用した。同隊廃止後は輸送学校に保存されていたが、老朽化のため各部に傷みが激しく、校舍を増建する際の移動に耐えられないと判断され、1993年に廃棄処分され、払い下げを受けた業者のスクラップ置き場に10年以上放置されていた[6]が、現在は栃木県那須烏山市の那珂川清流鉄道保存会で保存されている[7]
  • 一〇〇式鉄道牽引車
  • ワム3500形有蓋貨車 ワム5014
    小岩駅常備。車両解結訓練のほか、作業時の授業や休憩用にも使用された。
  • 九七式軽貨車

自衛隊の鉄道車両編集

自衛隊の保有する鉄道車両としては海上自衛隊呉弾薬整備補給所の所内で弾薬運搬に使われる1992年、堀川工機社製のディーゼル機関車(車軸配置B、 牽引能力7t)のみであった[8]。この車両は老朽化により2010年頃に使用が中止され、屋外に放置されていた。2015年に処分する予定だったが、自衛隊最後の車両であり広報として利用が可能と判断され、呉造修補給所給油所に移設しポンプ室を改装した資料館で展示されることとなった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 封印された鉄道史』(p32)
  2. ^ 新ならしの散策 No.56 幻の習志野鉄道構想(大久保の鉄道話)」『広報習志野』平成14年(2002年)7月1日号、習志野市、2007年8月23日、2019年4月17日閲覧。
  3. ^ 封印された鉄道史』(p33, p34)
  4. ^ 防衛庁、(1962)、『自衛隊年表』、防衛庁長官官房広報課 doi:10.11501/1708502
  5. ^ 新ならしの散策 No.121 50年前の習志野市 昭和35(1960)年 その1」『広報習志野』平成22年(2010年)7月15日号、習志野市、2010年12月16日、2019年4月17日閲覧。
  6. ^ さまよえる「101建設隊」。 (ホビダス オフィシャルブログ 編集長敬白より)
  7. ^ 那珂川清流鉄道保存会 保存車両 15tSL
  8. ^ 機関車の紹介”. 弾補所豆知識. 呉弾薬整備補給所. 海上自衛隊. 防衛省. 2015年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月2日閲覧。

参考文献編集

  • 伊藤東作『幻の鉄道部隊 消えた第一〇一建設隊』(かや書房、1991年)
  • 伊藤東作『本当にあった陸自鉄道部隊 知られざる第101建設隊の活躍』(光人社NF文庫、2008年) ISBN 978-4-7698-2574-6 『幻の鉄道部隊』の文庫版
  • 桜井貴夫「陸上自衛隊の保存、利用車両について」『鉄道ファン』1999年7月号 No.459、交友社、 pp. 146-147。
  • 小川裕夫『封印された鉄道史』彩図社、2010年6月18日、第1刷。ISBN 978-4-88392-742-5