第11回国際連合緊急特別総会

国際連合総会の11回目の緊急特別会期

第11回国際連合緊急特別総会(だい11かいこくさいれんごうきんきゅうとくべつそうかい、英語: Eleventh emergency special session of the United Nations General Assembly)は、2022年2月28日から開催された国際連合総会の11回目の緊急特別会期。2022年現在進行中のロシアのウクライナ侵攻を議題としている。

開催までの経緯編集

北大西洋条約機構(NATO)への加盟を希望するウクライナと、NATOのこれ以上の東方拡大に反対するロシア連邦の対立は2022年2月24日のウラジーミル・プーチン露大統領による「特別軍事作戦」に発展し、ロシア軍はウクライナへの侵攻を開始。これに対しウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は徹底抗戦を表明し、両国は事実上の戦争状態へと突入した[1]

この事態に対しアメリカ合衆国アルバニアはロシアによるウクライナ侵攻の非難と、即時撤退を要求する決議案を安全保障理事会(安保理)に提出し、2月25日に採決が行われたが当事国かつ議長であるロシアが拒否権を行使したため採択されなかった[2]。これを受けてロシアの国際的孤立を示すためアメリカ合衆国が主導して拒否権のない総会で同様の非難決議採択を目指すこととなり、2月27日に国連総会の緊急特別会合を翌28日より開催するよう要請する決議を安保理で採決し、賛成11、反対1(ロシア)、棄権3票(中華人民共和国インドアラブ首長国連邦)で開催が決定した[3][注釈 1]

緊急特別会合は国連憲章で「国際平和と安全維持の主要な責任を負う」とされる安保理が、常任理事国の不一致で機能不全となった場合に平和のための結集決議に基づいて開かれるが、加盟国の過半数か安保理理事国の9カ国以上の賛成が必要で、安保理による会合要請はイスラエルによるゴラン高原併合問題を取り上げた1982年以来、40年ぶりとなる。

決議名は「Aggression against Ukraine(ウクライナへの侵略)」で、"ロシア"は含まれなかった[4]

各国の主張編集

緊急特別会合の開催を提案したアメリカは、すべての国連加盟国が参加できる国連総会の場でウクライナへの軍事侵攻を続けるロシアを非難する決議案の採決を目指し、ロシアの国際的な孤立をいっそう際立たせ、圧力を強めている。

ロシアのヴァシリー・ネベンジャ英語版国連大使は、今回の軍事侵攻について「ウクライナ東部をめぐる停戦合意(ミンスク合意)の履行をウクライナ側が怠ってきたからだ」と述べて正当化するとともに、「我々の計画にウクライナの占領は入っていない」と述べ、侵攻はウクライナの非軍事化などが目的だと主張している。

決議編集

ES-11/1編集

国際連合総会
決議ES-11/1
日付: 2022年3月2日
形式: 総会決議
会合: 第11回緊急特別総会回
コード: A/RES/ES-11/1
文書: 英語

投票: 賛成: 141 反対: 5 棄権: 35
主な内容: ウクライナに対する侵略
投票結果: 採択

 
  賛成
  反対
  棄権
  欠席
  非加盟国

3月2日、採決が行われ、賛成141、反対5、棄権35の賛成多数で採択された。決議に法的拘束力は無いが、ロシアによるウクライナ侵攻や核部隊の警戒態勢強化を非難し、ロシア軍の即時撤退などを求めた。また、ベラルーシの関与に関しても懸念を表明した[5]

2014年のロシアによるクリミアの併合を無効とする総会決議では賛成は100か国であったが、今回の総会決議での賛成国数はそれを大きく上回った[6]

非難決議の圧倒的多数の賛成は、法的拘束力がなくとも国際社会でのロシアの孤立を浮き彫りにしたとされるが[7]、敵対的行為自体にのみ反対表明しており、法的拘束力のある国連安全保障理事会のロシア非難決議案では棄権したUAEやサウジアラビア、ブラジルといった中立国も賛成を投じている点に留意。

ES-11/2編集

国際連合総会
決議ES-11/2
日付: 2022年3月24日
形式: 総会決議
会合: 第11回緊急特別総会回
コード: A/RES/ES-11/2
文書: 英語

投票: 賛成: 140 反対: 5 棄権: 38
主な内容: ウクライナに対する侵略がもたらした人道的結果
投票結果: 採択

 
  賛成
  反対
  棄権
  欠席
  非加盟国

2022年3月23日、会期は継続され、ウクライナからは「ウクライナに対する侵略がもたらした人道的結果」(A/ES-11/L.2)、南アフリカからは「ウクライナにおける紛争により生じる人道的状況」(A/ES-11/L.3)という2つの相対する決議案が提出された[8]。3月24日、決議案A/ES-11/L.2は賛成140、反対5、棄権38で採択された[9]。ES-11/2では民間人やインフラへの攻撃に遺憾の意を示し、増える難民への重大な懸念を表明した。またES-11/1の完全な履行を改めて要請し、人道支援者やジャーナリスト、脆弱な状況にある人々を含む民間人の完全なる保護などを求めた。

ES-11/3編集

国際連合総会
決議ES-11/3
日付: 2022年4月7日
形式: 総会決議
会合: 第11回緊急特別総会回
コード: A/RES/ES-11/3
文書: 英語

投票: 賛成: 93 反対: 24 棄権: 58
主な内容: 人権理事会におけるロシア連邦の理事国資格停止
投票結果: 採択

 
  賛成
  反対
  棄権
  欠席
  非加盟国

2022年4月1日、ブチャの虐殺のビデオ映像が公開され、虐殺にロシア軍が関与していることが判明した[10][11][12][13]。4月4日、アメリカの国連大使リンダ・トマス=グリーンフィールドは、ブチャの虐殺に言及し、アメリカは国際連合人権理事会からのロシアの除名を求めると表明した[14]。当時、ロシアは任期3年の理事国となっていた[15]

4月6日、決議案A/ES-11/L.4が提出された[16][17]。過去には、2011年の反政府の抗議者に対するカッザーフィー政権の行動により、リビアのみが組織から除名されていた[18][19]。採決前には、ロシアの国連代表が、各国に対して、二国間関係に影響を与えると強調し、決議に賛成しないあるいは棄権するように要求する書簡を回した[20]

4月7日、総会で採決が行われ、賛成93、反対24、棄権58で採択された[21]。ロシアの任期は2023年までだったが[22]、採決結果を予想し、採決日前に国際連合人権理事会から脱退していたと表明した[23]

投票結果編集

各決議における加盟国の投票結果を示す。Yは賛成票、Nは反対票、Aは棄権、空欄は欠席。

  • ES-11/1:題名「ウクライナに対する侵略」
  • ES-11/2:題名「ウクライナに対する侵略がもたらした人道的結果」
  • ES-11/3:題名「人権理事会におけるロシア連邦の理事国資格停止」
国名 ES-11/1[24] ES-11/2[25] ES-11/3[26] 備考
 アフガニスタン[注釈 2] Y Y
 アルバニア Y Y Y 2022年安保理理事国
 アルジェリア A A N
 アンドラ Y Y Y
 アンゴラ A A A
 アンティグア・バーブーダ Y Y Y
 アルゼンチン Y Y Y
 アルメニア A A
 オーストラリア Y Y Y
 オーストリア Y Y Y
 アゼルバイジャン
 バハマ Y Y Y
 バーレーン Y Y A
 バングラデシュ A Y A
 バルバドス Y Y A
 ベラルーシ N N N
 ベルギー Y Y Y
 ベリーズ Y Y A
 ベナン Y Y
 ブータン Y Y A
 ボリビア A A N
 ボスニア・ヘルツェゴビナ Y Y Y
 ボツワナ Y A A
 ブラジル Y Y A 2022年安保理理事国
 ブルネイ・ダルサラーム Y A A
 ブルガリア Y Y Y
 ブルキナファソ
 ブルンジ A A N
 カーボベルデ Y Y A
 カンボジア Y Y A
 カメルーン A
 カナダ Y Y Y
 中央アフリカ A A N
 チャド Y Y Y
 チリ Y Y Y
 中華人民共和国 A A N 安保理常任理事国
 コロンビア Y Y Y
 コモロ Y Y
 コンゴ共和国 A A N
 コスタリカ Y Y Y
 コートジボワール Y Y Y
 クロアチア Y Y Y
 キューバ A A N
 キプロス Y Y Y
 チェコ Y Y Y
 朝鮮民主主義人民共和国 N N N
 コンゴ民主共和国 Y Y Y
 デンマーク Y Y Y
 ジブチ Y Y
 ドミニカ国 Y Y
 ドミニカ共和国 Y Y Y
 エクアドル Y Y Y
 エジプト Y Y A
 エルサルバドル A A A
 赤道ギニア A A
 エリトリア N N N
 エストニア Y Y Y
 エスワティニ A A
 エチオピア A N
 フィジー Y Y Y
 フィンランド Y Y Y
 フランス Y Y Y 安保理常任理事国
 ガボン Y Y N 2022年安保理理事国
 ガンビア Y Y A
 ジョージア Y Y Y
 ドイツ Y Y Y
 ガーナ Y Y A 2022年安保理理事国
 ギリシャ Y Y Y
 グレナダ Y Y Y
 グアテマラ Y Y Y
 ギニア
 ギニアビサウ A A
  ガイアナ Y Y A
 ハイチ Y Y Y
 ホンデュラス Y Y Y
 ハンガリー Y Y Y
 アイスランド Y Y Y
 インド A A A 2022年安保理理事国
 インドネシア Y Y A
 イラン A A N
 イラク A Y A
 アイルランド Y Y Y 2022年安保理理事国
 イスラエル Y Y Y
 イタリア Y Y Y
 ジャマイカ Y Y Y
 日本 Y Y Y
 ヨルダン Y Y A
 カザフスタン A A N
 ケニア Y Y A 2022年安保理理事国
 キリバス Y Y Y
 クウェート Y Y A
 キルギス A A N
 ラオス A A N
 ラトビア Y Y Y
 レバノン Y Y
 レソト Y Y A
 リベリア Y Y Y
 リビア Y Y Y
 リヒテンシュタイン Y Y Y
 リトアニア Y Y Y
 ルクセンブルク Y Y Y
 マダガスカル A A A
 マラウイ Y Y Y
 マレーシア Y Y A
 モルディブ Y Y A
 マリ A A N
 マルタ Y Y Y
 マーシャル諸島 Y Y Y
 モーリタニア Y Y
 モーリシャス Y Y Y
 メキシコ Y Y A 2022年安保理理事国
 ミクロネシア Y Y Y
 モナコ Y Y Y
 モンゴル A A A
 モンテネグロ Y Y Y
 モロッコ
 モザンビーク A A A
 ミャンマー[注釈 3] Y Y Y
 ナミビア A A A
 ナウル Y Y Y
 ネパール Y Y A
 オランダ Y Y Y
 ニュージーランド Y Y Y
 ニカラグア A A N
 ニジェール Y Y A
 ナイジェリア Y Y A
 北マケドニア Y Y Y
 ノルウェー Y Y Y 2022年安保理理事国
 オマーン Y Y A
 パキスタン A A A
 ペルー Y Y Y
 パナマ Y Y Y
 パプアニューギニア Y Y Y
 パラグアイ Y Y Y
 ペルー Y Y Y
 フィリピン Y Y Y
 ポーランド Y Y Y
 ポルトガル Y Y Y
 カタール Y Y A
 大韓民国 Y Y Y
 モルドバ Y Y Y
 ルーマニア Y Y Y
 ロシア N N N 安保理常任理事国
 ルワンダ Y Y
 セントクリストファー・ネイビス Y Y A
 セントルシア Y Y Y
 セントビンセント及びグレナディーン諸島 Y Y A
 サモア Y Y Y
 サンマリノ Y Y Y
 サントメ・プリンシペ Y Y
 サウジアラビア Y Y A
 セネガル A Y A
 セルビア Y Y Y
 セーシェル Y Y Y
 シエラレオネ Y Y Y
 シンガポール Y Y A
 スロバキア Y Y Y
 スロベニア Y Y Y
 ソロモン諸島 Y Y
 ソマリア Y
 南アフリカ A A A
 南スーダン A Y A
 スペイン Y Y Y
 スリランカ A A A
 スーダン A A A
 スリナム Y Y A
 スウェーデン Y Y Y
 スイス Y Y Y
 シリア N N N
 タジキスタン A A N
 タイ Y Y A
 東ティモール Y Y Y
 トーゴ A A
 トンガ Y Y Y
 トリニダードトバゴ Y Y A
 チュニジア Y Y A
 トルコ Y Y Y
 トルクメニスタン
 ツバル Y Y Y
 ウガンダ A A A
 ウクライナ Y Y Y
 アラブ首長国連邦[注釈 4] Y Y A 2022年安保理理事国
 イギリス Y Y Y 安保理常任理事国
 タンザニア A A A
 アメリカ合衆国 Y Y Y 安保理常任理事国
 ウルグアイ Y Y Y
 ウズベキスタン A N
 バヌアツ Y Y A
 ベネズエラ[注釈 5]
 ベトナム A A N
 イエメン Y Y A
 ザンビア Y Y
 ジンバブエ A A N
賛成 141
(77.90%)
(73.06%)
140
(76.50%)
(72.54%)
93
(53.14%)
(48.19%)
括弧上段は全投票数内の割合、下段は国連加盟国内の割合
反対 5
(2.76%)
(2.59%)
5
(2.73%)
(2.59%)
24
(13.71%)
(12.44%)
同上
棄権 35
(19.34%)
(18.13%)
38
(20.77%)
(19.69%)
58
(33.14%)
(30.05%)
同上
欠席 12
(-)
(6.18%)
10
(-)
(5.18%)
18
(-)
(9.33%)
同上
合計 193 193 193

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 手続き事項のため、拒否権を行使できない。
  2. ^ アフガニスタン・イスラム共和国政府の代表[21]
  3. ^ ミャンマー国民統一政府の代表[21]
  4. ^ 国際連合安全保障理事会決議2623では棄権票を投じた。
  5. ^ 過去2年間の会費未納による措置。

出典編集

  1. ^ “プーチン氏、「軍事作戦」実施を表明 ウクライナ外相「侵攻始まった」”. BBC News. BBC. (2022年2月24日). https://www.bbc.com/japanese/60502581 2022年2月28日閲覧。 
  2. ^ “国連安保理、ロシア非難決議案否決 ロが拒否権行使”. AFPBB News. フランス通信社. (2022年2月26日). https://www.afpbb.com/articles/-/3392057 2022年2月28日閲覧。 
  3. ^ “国連総会、ウクライナ巡る緊急特別会合を28日開催 安保理が採択”. ロイター. (2022年2月28日). https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-un-idJPKBN2KW16V 2022年2月28日閲覧。 
  4. ^ Aggression against Ukraine : resolution / adopted by the General Assembly”. United Nations. 2022年3月3日閲覧。
  5. ^ “国連総会がロシア非難決議 141カ国賛成、孤立鮮明”. 共同通信. (2022年3月3日). https://nordot.app/871838901223636992 
  6. ^ “国連総会、ロシア非難決議採択 賛成141、反対5―国際社会での孤立浮き彫りに”. 時事通信社. (2022年3月3日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2022030300244 
  7. ^ 国連総会のロシア非難決議、反対は5カ国のみ。賛成141カ国で採決 議場から拍手、その時ロシア大使は…”. www.businessinsider.jp (2022年3月3日). 2022年3月3日閲覧。
  8. ^ Speakers Discuss Two Competing Draft Resolutions on Humanitarian Situation in Ukraine, as General Assembly Resumes Emergency Special Session”. 国際連合 (2022年3月23日). 2022年4月9日閲覧。
  9. ^ UN General Assembly urges Russia to stop full-fledged invasion of Ukraine”. インタファクス・ウクライナ通信 (2022年3月23日). 2022年4月9日閲覧。
  10. ^ Ough, Tom (2022年4月4日). “Debunking Russia's Bucha massacre conspiracy theories” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235. オリジナルの2022年4月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220407202947/https://www.telegraph.co.uk/world-news/2022/04/04/ukraine-bucha-massacre-russia-conspiracy-theories-misinformation/ 2022年4月8日閲覧。 
  11. ^ Amann, Melanie; Gebauer, Matthias; Schmid, Fidelius (2022年4月7日). “Possible Evidence of Russian Atrocities: German Intelligence Intercepts Radio Traffic Discussing the Murder of Civilians in Bucha” (英語). Der Spiegel. ISSN 2195-1349. https://www.spiegel.de/international/germany/possible-evidence-of-russian-atrocities-german-intelligence-intercepts-radio-traffic-discussing-the-murder-of-civilians-in-bucha-a-0a191c96-634f-4d07-8c5c-c4a772315b0d 2022年4月8日閲覧。 
  12. ^ Ukraine: Apparent War Crimes in Russia-Controlled Areas” (英語). Human Rights Watch (2022年4月3日). 2022年4月8日閲覧。
  13. ^ Russia's Bucha "Facts" Versus the Evidence” (英語). bellingcat (2022年4月4日). 2022年4月8日閲覧。
  14. ^ McGRATH, Stephen (2022年4月5日). “US to seek Russia's suspension from Human Rights Council” (英語). ABC News. 2022年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月8日閲覧。
  15. ^ UN votes to suspend Russia from its Human Rights Council despite opposition” (英語). Deutsche Welle (DW) (2022年4月7日). 2022年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月8日閲覧。
  16. ^ UN to Vote on Expelling Russia from Human Rights Council” (英語). VOA. 2022年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月8日閲覧。
  17. ^ Barbuda, Antigua and (6 April 2022). Suspension of the rights of membership of the Russian Federation in the Human Rights Council : draft resolution. オリジナルの8 April 2022時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220408162721/https://digitallibrary.un.org/record/3967723?ln=en 2022年4月8日閲覧。. 
  18. ^ Russia suspended from human rights council after UN general assembly vote” (英語). the Guardian (2022年4月7日). 2022年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月8日閲覧。
  19. ^ UN suspends Libya from Human Rights Council” (英語). France 24 (2011年3月1日). 2021年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月8日閲覧。
  20. ^ Russia threatens states with consequences over UN vote on Human Rights Council” (英語). www.euractiv.com (2022年4月7日). 2022年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月8日閲覧。
  21. ^ a b c Nichols, Michelle (2022年4月7日). “U.N. suspends Russia from human rights body, Moscow then quits” (英語). Reuters. オリジナルの2022年4月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220407162630/https://www.reuters.com/world/un-vote-suspending-russia-human-rights-council-over-ukraine-2022-04-07/ 2022年4月8日閲覧。  引用エラー: 無効な <ref> タグ; name ":0"が異なる内容で複数回定義されています
  22. ^ Lederer, Edith M.; Peltz, Jennifer (2022年4月7日). “U.N. General Assembly suspends Russia from Human Rights Council”. Associated Press. PBS. オリジナルの2022年4月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220408162720/https://www.pbs.org/newshour/world/u-n-general-assembly-suspends-russia-from-human-rights-council 2022年4月8日閲覧。 
  23. ^ Lederer, Edith M.; Peltz, Jennifer (2022年4月7日). “UN assembly suspends Russia from top human rights body”. AP News. Associated Press. オリジナルの2022年4月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220408010207/https://apnews.com/article/russia-ukraine-united-nations-general-assembly-voting-rights-united-nations-linda-thomas-greenfield-6b4f311e6099315aa4efc2d5772ab80e 2022年4月7日閲覧。 
  24. ^ Aggression against Ukraine : resolution / adopted by the General Assembly”. United Nations Digital Library (2022年3月3日). 2022年3月3日閲覧。
  25. ^ Humanitarian consequences of the aggression against Ukraine : resolution / adopted by the General Assembly”. United Nations Digital Library (2022年3月24日). 2022年4月10日閲覧。
  26. ^ Suspension of the rights of membership of the Russian Federation in the Human Rights Council : resolution / adopted by the General Assembly”. United Nations Digital Library (2022年4月7日). 2022年4月10日閲覧。

参考文献編集

  • A/ES-11/L.1”. UN Digital Library. 2022年5月5日閲覧。
  • A/ES-11/2”. UN Digital Library. 2022年5月5日閲覧。
  • A/ES-11/3”. UN Digital Library. 2022年5月5日閲覧。