第11回日本フットボールリーグ

日本フットボールリーグ(JFL) > 第11回日本フットボールリーグ

第11回日本フットボールリーグ2009年3月15日から同年11月29日まで行われた日本フットボールリーグ(JFL)のリーグ戦である。SAGAWA SHIGA FCが2年ぶり2回目の優勝を果たした。

第11回日本フットボールリーグ
シーズン 2009
優勝 SAGAWA SHIGA FC
昇格 ニューウェーブ北九州
降格 三菱水島FC(脱退)
FC刈谷(入替戦敗退)
試合数 306
ゴール数 775 (1試合平均2.53)
得点王 塩沢勝吾(17得点)
最大差勝利ホーム試合
鳥取 5-0 ジェフ(後期第2節・7月11日)
流経大 5-0 SAGAWA(後期第4節・7月26日)
ソニー 5-0 高崎(後期第15節・11月15日)
佐川印刷 7-2 ジェフ(後期第15節・11月15日)
最大差勝利アウェー試合
FC刈谷 1-6 Honda(前期第14節・6月6日)
三菱水島 1-6 ロック(後期第3節・7月19日)
FC琉球 0-5 SAGAWA(前期第15節・6月14日)
最多得点試合
佐川印刷 7-2 ジェフ(後期第15節・11月15日)
2008
2010

参加クラブ編集

第11回JFLの参加クラブは以下の通りである。このうちFC町田ゼルビアV・ファーレン長崎およびホンダロックが前シーズンの全国地域サッカーリーグ決勝大会からの昇格クラブである。

※前年度成績=特記なきものは第10回JFL(2008年)の成績である。
呼称 正式名称 監督 主なホームゲーム会場 前年度成績 備考
Honda FC 本田技研工業株式会社フットボールクラブ   ホンダ都田サッカー場 1位
ガイナーレ鳥取 ガイナーレ鳥取   とりぎんバードスタジアム 5位
流通経済大学 流通経済大学   龍ケ崎市陸上競技場たつのこフィールド 6位
横河武蔵野FC 横河武蔵野フットボールクラブ   武蔵野市立武蔵野陸上競技場 7位
FC刈谷 フットボールクラブ刈谷   刈谷市総合運動公園多目的グラウンド 8位
ソニー仙台FC ソニー仙台フットボールクラブ   ユアテックスタジアム仙台
七ヶ浜サッカースタジアム
9位
ニューウェーブ北九州 ニューウェーブ北九州   北九州市立本城陸上競技場 10位
佐川印刷SC 佐川印刷株式会社サッカークラブ   京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場 11位
SAGAWA SHIGA FC SAGAWA SHIGA FC   佐川急便守山運動場陸上競技場 12位
TDK SC TDKサッカー部   仁賀保グリーンフィールド 13位
MIOびわこ草津 MIOびわこ草津   湖南市市民グラウンド陸上競技場 14位
ジェフリザーブズ ジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズ   市原臨海競技場 15位
FC琉球 FC琉球   沖縄市陸上競技場
沖縄県総合運動公園陸上競技場
16位 Jリーグ準加盟申請審議中
アルテ高崎 アルテ高崎   高崎市浜川競技場 17位
三菱水島FC 三菱自動車水島FC   岡山県笠岡陸上競技場 18位
町田ゼルビア FC町田ゼルビア   町田市立陸上競技場 関東1部1位
地域決勝1位
昇格(自動昇格)
V・ファーレン長崎 V・ファーレン長崎   長崎県立総合運動公園陸上競技場 九州1部2位
地域決勝2位
昇格(自動昇格)
ホンダロック 株式会社ホンダロック サッカー部   宮崎市生目の杜運動公園陸上競技場 九州1部3位
地域決勝3位
全社3位で出場権)
昇格(自動昇格)
色付のチームは2009年シーズン開幕時において
  •   のチームはJリーグ準加盟クラブ
  •   のクラブはJリーグ準加盟クラブを申請中・または継続審議中のクラブ

レギュレーション編集

リーグ・試合形式編集

  • 年間2回戦総当り、1チーム34試合(全306試合)を行い、勝ち点により順位を決定する。全34節を17節ごとに前期・後期に分け、前期の順位によって天皇杯の出場権が与えられる。
  • 試合は前後半90分で行い、決着がつかなければ引き分けとなる。勝利には勝ち点3、引き分けには勝ち点1、敗北には勝ち点0が与えられる。
  • Jリーグ準加盟クラブJリーグ加盟の成績面の条件は年間順位4位以上。その上でJリーグ臨時理事会の承認を得られれば次年度からJ2に参入することができる。
  • JFLの17位・18位は所属する地域リーグに自動降格し、全国地域リーグ決勝大会の1位・2位はJFLに自動昇格する。JFLの16位と全国地域リーグ決勝大会の3位が入れ替え戦を行う。なお、Jリーグに加盟するチームが出た場合、1チームなら16位までが残留、17位が入れ替え戦出場。2チームなら17位までが残留、18位が入れ替え戦出場となり、3チーム昇格の場合は入れ替え戦出場チームはなくなる。また、JFL加盟チームの廃部、合併等も上記降格条件に影響する可能性がある。

天皇杯への出場枠編集

前期終了時の上位4チームに第89回天皇杯の出場権が与えられる。

強化費編集

各試合において勝利チームに勝利チーム賞6万円を支払う。

最終成績編集

順位 クラブ名 得点 失点 勝点 備考
1 SAGAWA SHIGA FC 34 19 9 6 62 36 +26 66 Jリーグ加盟ライン
(準加盟チームのみ)
2 横河武蔵野FC 34 17 9 8 48 34 +14 60
3 ソニー仙台FC 34 17 8 9 49 30 +19 59
4 ニューウェーブ北九州 34 16 10 8 49 31 +18 58
5 ガイナーレ鳥取 34 16 8 10 65 37 +28 56
6 町田ゼルビア[1] 34 14 12 8 38 30 +8 54
7 Honda FC 34 13 12 9 49 38 +11 51
8 MIOびわこ草津 34 13 9 12 51 43 +8 48
9 佐川印刷SC 34 14 5 15 56 46 +10 47
10 TDK SC 34 14 4 16 39 54 -15 46
11 V・ファーレン長崎[1] 34 12 8 14 38 43 -5 44
12 ジェフリザーブズ 34 9 14 11 26 37 -11 41
13 ホンダロック 34 9 13 12 34 38 -4 40
14 アルテ高崎 34 9 13 12 34 46 -12 40
15 流通経済大学 34 11 7 16 41 55 -14 40
16 FC琉球 34 11 5 18 42 57 -15 38 入れ替え戦ライン
17 FC刈谷 34 7 10 17 26 51 -25 31 地域リーグ降格ライン
18 三菱水島FC 34 4 6 24 28 69 -41 18

備考編集

  • クラブ名太字Jリーグに準加盟し、かつ2010年度からのJリーグ加盟意思を表明していたクラブ
  • 斜体は、前期終了時に上位4位に入ったことにより第89回天皇杯本戦出場シード権を獲得したクラブ
  • ニューウェーブ北九州のJリーグ加盟と三菱水島FCのJFL脱退が決定したため、FC琉球は残留。代わってFC刈谷が入れ替え戦出場となる。(下記レギュレーション変更参照)

個人記録編集

得点ランキング編集

選手名 得点 所属
得点王 塩沢勝吾 17 佐川印刷SC
2 中村元 15 SAGAWA SHIGA FC
2 木下真吾 15 MIOびわこ草津
4 新田純也 11 Honda FC
4 鶴見聡貴 11 ガイナーレ鳥取
4 久保田圭一 11 アルテ高崎

個人表彰・ベスト11編集

Pos 選手名 所属
最優秀監督 中口雅史 SAGAWA SHIGA FC
GK 水原大樹 ニューウェーブ北九州
DF 冨山卓也 SAGAWA SHIGA FC
DF 旗手真也 SAGAWA SHIGA FC
DF 金守貴紀 横河武蔵野FC
MF 山根伸泉 SAGAWA SHIGA FC
MF 大沢朋也 SAGAWA SHIGA FC
MF 佐野裕哉 ニューウェーブ北九州
MF 太田康介 横河武蔵野FC
MF 吉野智行 ガイナーレ鳥取
FW・MVP 中村元 SAGAWA SHIGA FC
FW・得点王 塩沢勝吾 佐川印刷SC
新人王 伊賀貴一 Honda FC

ハットトリック編集

JFL
選手 所属 対戦相手 試合結果 日付 出典
有光亮太 V・ファーレン長崎 前期 6節 三菱水島FC 5 - 2 (A) 4月19日 [2]
大槻紘士 佐川印刷 前期 12節 MIOびわこ滋賀 3 - 1 (H) 5月23日 [3]
塩沢勝吾 佐川印刷 前期 14節 三菱水島FC 4 - 1 (H) 6月7日 [4]
原賀啓輔 FC琉球 前期 14節 TDK SC 4 - 0 (A) 6月7日 [5]
塩沢勝吾(2) 佐川印刷 後期 10節 三菱水島FC 4 - 2 (A) 9月23日 [6]
Note: (H) – ホーム (A) – アウェイ

入れ替え編集

JFL→J2編集

2010年度からのJリーグへの加盟申請を行っていた準加盟クラブについて11月30日のJリーグ臨時理事会で審議が行われ、4位のニューウェーブ北九州のJリーグ加盟が正式に承認された。

5位のガイナーレ鳥取については成績面での不備から加盟は見送られた。

町田ゼルビア、V・ファーレン長崎に関しては2010年度からの加盟申請を行わなかった[1] ため、審議対象とはされなかった。

JFLからの脱退編集

11月2日に三菱水島FCが成績に関わらずJFLから脱退することがリリースされた。

なお、中国サッカーリーグが来年度の同クラブの受け入れ拒否を表明した事もあって、2010年から岡山サッカーリーグ1部に参加する事が決まった[7]

レギュレーション変更編集

Jリーグ加盟及びJFL脱退により2チーム減少したため、JFLと地域リーグ間の昇降格のレギュレーションが以下のように変更された。

順位 チーム 変更前 変更後
JFL16位 FC琉球 入れ替え戦(vs地域決勝3位) JFL残留
JFL17位 FC刈谷 地域リーグ自動降格 入れ替え戦(vs地域決勝3位)
JFL18位 三菱水島FC 地域リーグ自動降格 脱退
地域決勝1位 松本山雅FC JFL自動昇格 JFL自動昇格
地域決勝2位 日立栃木ウーヴァSC JFL自動昇格 JFL自動昇格
地域決勝3位 ツエーゲン金沢 入れ替え戦(vsJFL16位) 入れ替え戦(vsJFL17位)

地域リーグ→JFL編集

第33回全国地域サッカーリーグ決勝大会の結果、1位の松本山雅FC、2位の日立栃木ウーヴァSCがJFLへの自動昇格となった。

入れ替え戦編集

レギュレーション変更により、JFL17位のFC刈谷と第33回全国地域サッカーリーグ決勝大会3位のツエーゲン金沢が入れ替え戦を行う事となった。入れ替え戦の実施は2006年シーズン以来となる。

  • ホーム・アンド・アウェー方式で2試合行う。
  • 各試合ごとに勝利チームに勝点3、引分の場合は両チームに勝点1を与え、2試合の勝点合計が多いチームを勝利チームとする。
  • 2試合の勝点で並んだ場合は得失点差の多いチームを勝利チームとする。
  • 得失点差でも並んだ場合は第2戦終了後に15分ハーフの延長戦を行い、それでも勝敗が決しない場合はPK戦で勝利チームを決定する(アウェーゴールルールは採用されない)。

2009年12月13日
13:00
第1戦
ツエーゲン金沢
(地域決勝3位)
1 - 0 FC刈谷
(JFL17位)
古部健太   52分 公式記録 (PDF)

2009年12月19日
13:00
第2戦
FC刈谷 1 - 1 ツエーゲン金沢
日下大資   87分 公式記録 (PDF) 根本裕一   31分

1勝1分でツエーゲン金沢のJFL昇格、ならびにFC刈谷の地域リーグ(東海社会人サッカーリーグ1部)降格が決定した。

脚注編集

  1. ^ a b c 準加盟ではあるが、予備審査時点で要求された基準達成が困難なため、2010年度からのJリーグ加盟を断念
  2. ^ 三菱水島 vs. V・ファーレン長崎公式記録
  3. ^ 佐川印刷 vs. MIOびわこ滋賀公式記録
  4. ^ 佐川印刷 vs. 三菱水島公式記録
  5. ^ TDK vs. FC琉球公式記録
  6. ^ 三菱水島 VS. 佐川印刷公式記録
  7. ^ 今季は岡山県1部 岡山社会人サッカー 山陽新聞 2010年2月1日付

関連項目編集

外部リンク編集