メインメニューを開く

第12回ベルリン国際映画祭は1962年6月22日から7月3日まで開催された。

目次

概要編集

1961年8月からベルリンの壁の建設がはじまり、その結果として映画祭においても東ドイツ側からの観客がなくなり、上映作品も目立つものはなく、全体的に停滞した傾向に陥ってしまった。

日本からは小津安二郎羽仁進の作品がコンペティション部門に出品されたが、いずれも受賞はならなかった。

受賞編集

上映作品編集

コンペティション部門編集

長編映画のみ記載。アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。
題名
原題
監督 製作国
或る種の愛情
A Kind of Loving
ジョン・シュレシンジャー   イギリス
Al zouga talattashar
(Wife Number 13)
Fatin Abdel Wahab   エジプト
Badai-Selatan Sofia Waldi   インドネシア
Bajo un mismo rostro
(Under the Same Skin)
ダニエル・ティナイレ   メキシコ  アルゼンチン
赤毛の女
Die Rote
ヘルムート・コイトナー   西ドイツ  イタリア
Donnez-moi dix hommes désespérés
(Give Me Ten Desperate Men)
ピエール・ジメール   イスラエル  フランス
Duellen クヌート・ライフ・トムセン   デンマーク
El Tejedor de milagros
(The Miracle Weaver)
フランシスコ・デル・ヴィリャール   メキシコ
世界最後の秘境ガラパゴス
Galapagos - Trauminsel im Pazifik
ハインツ・ジールマン   西ドイツ
Hum Dono
(We Two)
Amarjeet   インド
Il y a un train toutes les heures アンドレ・カヴェンス   ベルギー
Isaengmyeong dahadorok (To the Last Day) 申相玉   韓国
小早川家の秋 小津安二郎   日本
二十歳の恋
L'amour à vingt ans
フランソワ・トリュフォー
アンジェイ・ワイダ
マルセル・オフュルス
石原慎太郎
レンツォ・ロッセリーニ
  フランス  イタリア  日本
  西ドイツ  ポーランド
La Bellezza di Ippolita
(The Beautiful Ippolita)
ジャンカルロ・ツァーニ   イタリア  フランス
La Poupée
(The Doll)
ジャック・バラティエ   フランス  イタリア
La Steppa アルベルト・ラットゥアーダ   イタリア  フランス  ユーゴスラビア
捕えられた伍長
Le caporal épinglé
ジャン・ルノワール   フランス
Los Atracadores
(The Robbers)
フランシスコ・ロヴィラ・ベレタ   スペイン
満たされた生活 羽仁進   日本
H氏のバケーション
Mr. Hobbs Takes a Vacation
ヘンリー・コスター   アメリカ合衆国
No Exit タッド・ダニエルスキー   アメリカ合衆国  アルゼンチン
良心なき世代
Os Cafajestes
ルイ・グエッラ   ブラジル
Out of the Tiger's Mouth ティム・ウェラン・ジュニア   アメリカ合衆国
Pikku Pietarin piha
(Little Presents)
ヤック・ウィティッカ   フィンランド
シシリーの黒い霧
Salvatore Giuliano
フランチェスコ・ロージ   イタリア
鏡の中にある如く
Såsom i en spegel
イングマール・ベルイマン   スウェーデン
Ta Heria John G. Contes   ギリシャ
Tonny ニルス・R・ミューラー   ノルウェー

審査員編集

外部リンク編集