第13回選抜中等学校野球大会

第13回選抜中等学校野球大会(だいじゅうさんかいせんばつちゅうとうがっこうやきゅうたいかい)は、1936年昭和11年)3月29日から4月6日まで甲子園球場で行われた選抜中等学校野球大会である。

日本の旗 第13回選抜中等学校野球大会
試合日程 1936年3月29日 - 4月6日
出場校 20校
優勝校 愛知商愛知、初優勝)
試合数 19試合
入場行進曲陽は舞いおどる甲子園
選手宣誓 松井栄造岐阜岐阜商
始球式 高石真五郎大阪毎日新聞社主筆)
大会本塁打 3本塁打
 < 19351937 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

愛知商が初優勝し、東海地区の学校が4年連続で優勝した。
なお、京都師範は師範学校最後の大会出場校となった。

出場校編集

試合結果編集

1回戦編集

  • 桐生中 9 - 7 熊本工
  • 小倉工 7 - 5 早稲田実
  • 松山商 1 - 0 浪華商
  • 岐阜商 3 - 2 広島商

2回戦編集

  • 愛知商 4 - 1 呉港中
  • 滝川中 3 - 1 市岡中
  • 平安中 3 - 1 姫路中
  • 京都師範 5 - 1 鹿児島商
  • 桐生中 2 - 1 小倉工
  • 東邦商 8 - 7 和歌山中
  • 育英商 1 - 0 享栄商
  • 松山商 2 - 0 岐阜商

準々決勝編集

  • 愛知商 7 - 0 滝川中
  • 平安中 3 - 1 京都師範
  • 桐生中 1 - 0 東邦商
  • 育英商 1 - 0 松山商

準決勝編集

  • 愛知商 6 - 3 平安中
  • 桐生中 5 - 4 育英商

決勝編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
桐生中 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
愛知商 0 0 0 1 0 0 0 0 1x 2
  1. (桐) : 青木 - 塚越
  2. (愛) : 水野 - 近藤
  3. 審判:球審…天知、塁審…鶴田・久保田

4回表、桐生中は一死から安打と水野のボークで好機をつかみ、二死後6番福間が適時二塁打を放って1点を先制した。愛知商はその裏無死二、三塁と反撃し、5番村井の中犠飛で同点とした。9回裏、愛知商は二死一塁から6番夫馬が左中間を深々と破り、一塁走者村井が長駆生還しサヨナラ勝ちをおさめた。このとき、村井國夫(俳優とは別人)は本塁へヘッドスライディングをしたが、何とあと1mのところで止まってしまい、必死に地面を這って本塁にたどり着いた。このエピソードは、愛知商関係者の間で「あと三」として語り継がれたという。

愛知商は春夏合わせてちょうど10回目の出場で初優勝に輝いた。

大会本塁打編集

  • 第1号:奈良友夫(広島商)
  • 第2号:石田元紀(桐生中)
  • 第3号:玉井栄(小倉工)

主な出場選手編集

関連項目編集

外部リンク編集