第13施設隊(だいじゅうさんしせつたい、JGSDF 13th Engineer Unit)は広島県安芸郡海田町に所在の海田市駐屯地に駐屯する第13旅団隷下の施設科部隊である。

第13施設隊
創設 2014年(平成26年)3月26日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 施設科
所在地 広島県安芸郡海田町
編成地 海田市
上級単位 第13旅団
担当地域 中国
テンプレートを表示

概要編集

第13施設隊長は2等陸佐で旅団司令部の施設課長を兼任する。

作戦地域の最前線から後方地域まで幅広く行動し、各種建設機械等をもって第13旅団隷下部隊を支援する任務を有しており、様々な土木工事はもとより、地雷の埋設・処理、ボートの運航、各種爆破、橋の架設などを実施することにより、様々な場面で活躍する。

災害派遣においては、大型建設機械による土砂や瓦礫等の除去・運搬、河川等への橋の架設、 ボートによる被災者の救助といった任務に主として従事する。

2014年(平成26年) 3月26日の第13施設隊への改編により、北部方面隊北部方面施設隊第13施設隊と同名の部隊となったが、北部方面隊北部方面施設隊第13施設隊が、2017年(平成29年) 3月27日の改編で第3施設団第13施設群に再編されたので、同名の部隊は解消された。同じ第13施設隊といっても部隊規模が異なっていた。その間、約3年余りであった。

沿革編集

  • 1962年(昭和37年)1月18日:第13施設大隊が千僧駐屯地で編成完結。
  • 1962年(昭和37年)1月23日:海田市駐屯地へ移駐[1]
  • 1999年(平成11年) 3月29日:旅団化に際し、第13施設中隊に縮小改編。
  • 2004年(平成16年) 3月29日:後方支援体制変換に伴い、整備部門を第13後方支援隊第1整備中隊施設整備小隊へ移管。
  • 2014年(平成26年) 3月26日:体制移行に伴い第13施設隊へ改編。

部隊編成編集

  • 第13施設隊本部
    • 本部班
    • 補給班
  • 第1施設小隊
    • 小隊本部
    • 第1分隊
    • 第2分隊
    • 器材班
  • 第2施設小隊
    • 小隊本部
    • 第1分隊
    • 第2分隊
    • 器材班
  • 渡河器材小隊
    • 小隊本部
    • 架橋班:07式機動支援橋

車両の部隊表示は、全て「13施」

整備支援部隊編集

  • 第13後方支援隊第1整備中隊施設整備小隊:2004年(平成16年) 3月29日から

脚注編集

  1. ^ 【公式】 陸上自衛隊 海田市駐屯地オフィシャルサイト”. www.mod.go.jp. 2023年1月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集