第13普通科連隊(だいじゅうさんふつうかれんたい、英語: JGSDF 13th Infantry Regiment(Light)))は、長野県松本駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊第12旅団隷下の普通科連隊(軽)である。隊員の間では「クレイジーサーティーン」の愛称で親しまれている。

第13普通科連隊
創設 1954年昭和29年)9月25日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位 連隊
兵科 普通科
兵種/任務/特性 空中機動・山地機動[1]
人員 約650名
所在地 長野県 松本市
編成地 松本
上級単位 JGSDF 12th Brigade.svg 第12旅団
担当地域 長野県
テンプレートを表示

 明治41年より松本市に駐屯し陸軍一の健脚を誇る「山岳聯隊」として名を馳せた帝国陸軍歩兵第50連隊の伝統を強く受け継ぐ部隊であり、関山演習場や富士地区演習場を使用した訓練の他、アルプスの山々を使用した山地機動訓練が行われている。

 また、陸上自衛隊唯一の山岳レンジャー(アルペンレンジャー)訓練も行われる。現在では12旅団の3つの普通科連隊がレンジャー訓練を交代で担任しているため、3年に1回、この山岳レンジャー訓練が実施される。これは冬季戦技教育隊の冬季遊撃レンジャー、第1空挺団の空挺レンジャーと並んで有名なものとなっている。[1]

沿革編集

  • 1954年(昭和29年)9月25日:保安隊普通科第2連隊第1大隊を基幹として第1管区隊第13普通科連隊(3大隊欠)が松本駐屯地において編成完結。
  • 1956年(昭和31年)1月25日:新町駐屯地所在の第1普通科連隊第2大隊を第3大隊として編合。
  • 1960年(昭和35年)1月14日:東部方面隊新編により、同隷下に編入
  • 1962年(昭和37年)1月18日:第12師団新編により、同師団隷下に編入され連隊再編。本部管理中隊及び4個普通科中隊、重迫撃砲中隊編成となる。新町駐屯地の第3大隊を母体に第34普通科連隊が新編。
  • 1991年(平成03年)3月29日:師団近代化への改編により、自動車化。
  • 2001年(平成13年)3月27日:第12師団の旅団化に伴う改編。
  1. 普通科連隊(軽)に改編。
  2. 後方支援体制変換に伴い、整備部門を第12後方支援隊第2整備中隊第1普通科直接支援小隊へ移管。

部隊編成編集

  • 連隊本部
  • 本部管理中隊「13普‐本」
  • 第1普通科中隊「13普‐1」
  • 第2普通科中隊「13普‐2」
  • 第3普通科中隊「13普‐3」

整備支援部隊編集

主要幹部編集

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第13普通科連隊長
兼 松本駐屯地司令
1等陸佐 伊藤裕一 2019年08月01日 水陸機動教育隊
歴代の第13普通科連隊長
(1等陸佐・松本駐屯地司令兼補)
氏名 在職期間 前職 後職
01 家重彰 1954年09月25日 - 1955年05月23日 陸上幕僚監部幕僚庶務室勤務 第1管区総監部付
02 東愛吉 1955年05月24日 - 1957年08月11日 陸上幕僚監部第5部勤務
03 高尾恭三 1957年08月12日 - 1960年07月31日 陸上幕僚監部所属
防衛大学校派遣勤務
東部方面総監部
04 下田不二男 1960年08月01日 - 1962年03月15日 陸上幕僚監部第4部運営班長 第10師団司令部幕僚長
05 北島善行 1962年03月16日 - 1964年03月15日 自衛隊大分地方連絡部 中央調査隊
06 広谷次夫 1964年03月16日 - 1966年03月15日[3] 陸上自衛隊幹部学校企画室勤務 東部方面総監部第3部長
07 竹中義男 1966年03月16日 - 1967年07月16日 統合幕僚会議事務局第5幕僚室勤務 陸上幕僚監部第3部防衛班長
08 吉松秀信 1967年07月17日 - 1969年07月15日 陸上幕僚監部第3部業務計画班長 東部方面総監部幕僚副長
09 向井慶幸 1969年07月16日 - 1971年07月15日 東部方面総監部第1部勤務 陸上幕僚監部監理部管理班長
兼 同部審査班長
10 村井澄夫 1971年07月16日 - 1973年07月15日 自衛隊群馬地方連絡部 北部方面総監部第1部長
11 中江正夫 1973年07月16日 - 1975年03月16日 陸上幕僚監部第2部情報第1班長 陸上幕僚監部第2部副部長
12 村田昭治 1975年03月17日 - 1977年03月15日 中央資料隊勤務 中央資料隊副隊長
13 五十嵐晃 1977年03月16日 - 1978年11月30日 陸上幕僚監部第2部情報第1班長 北部方面総監部幕僚副長
14 大神多加喜 1978年12月01日 - 1981年03月15日 統合幕僚会議事務局第3幕僚室勤務 第1師団司令部幕僚長
15 百瀬友宏 1981年03月16日 - 1983年03月15日 陸上幕僚監部調査部調査第2課
調査第1班長
陸上幕僚監部調査部調査第2課長
16 冨澤暉 1983年03月16日 - 1985年03月15日 陸上幕僚監部防衛部防衛課
業務計画班長
陸上幕僚監部人事部補任課長
17 川名正弘 1985年03月16日 - 1987年03月15日 陸上幕僚監部防衛部防衛課
防衛班長
東北方面総監部幕僚副長
陸将補昇任)
18 松園忠臣 1987年03月16日 - 1989年03月15日 第13師団司令部第3部長 北部方面総監部防衛部長
19 中畑公孝 1989年03月16日 - 1989年07月31日 陸上幕僚監部教育訓練部訓練課
教範・教養班長
陸上自衛隊幹部学校研究員
20 川邊武巳 1989年08月01日 - 1991年06月30日 陸上自衛隊幹部学校研究員 陸上自衛隊幹部学校主任教官
21 後藤英二 1991年07月01日 - 1993年06月30日 陸上幕僚監部人事部人事計画課
予備自衛官班長
自衛隊福井地方連絡部
22 相楽允 1993年07月01日 - 1995年06月29日 自衛隊島根地方連絡部 東北方面総監部人事部長
23 那須誠 1995年06月30日 - 1997年03月25日 陸上幕僚監部防衛部運用課
国際協力室長
東北方面総監部防衛部長
24 牧幸生 1997年03月26日 - 1999年12月09日 第5師団司令部第3部長 東北方面総監部防衛部長
25 黒木三治 1999年12月10日 - 2002年07月31日 陸上自衛隊幹部学校学校教官 西部方面総監部総務部総務課長
26 小森一生 2002年08月01日 - 2003年11月30日 陸上自衛隊幹部学校付 陸上幕僚監部監理部総務課
企画班長
27 村永次郎 2003年12月01日 - 2005年12月04日 陸上自衛隊幹部学校学校教官 陸上自衛隊研究本部研究員
28 堀切光彦 2005年12月05日 - 2008年03月25日 陸上自衛隊研究本部研究員 陸上自衛隊研究本部研究員
29 三上繁 2008年03月26日 - 2010年07月31日 第14旅団司令部第3部長 自衛隊和歌山地方協力本部
30 横山義明 2010年08月01日 - 2012年07月31日 陸上自衛隊研究本部研究員 第11旅団司令部第3部長
31 後藤孝 2012年08月01日 - 2015年03月31日 西部方面総監部総務部総務課長 自衛隊長野地方協力本部
32 平田雄嗣 2015年04月01日 - 2017年03月22日 陸上自衛隊冬季戦技教育隊 第2陸曹教育隊
33 岩原傑 2017年03月23日 - 2019年07月31日 中部方面総監部総務部広報室長
34 伊藤裕一 2019年08月01日 - 水陸機動教育隊

主要装備編集

脚注編集

  1. ^ a b 特集!陸上自衛隊第13普通科連隊 - 防衛省 (PDF)”. 防衛省北関東防衛局 (2016年3月). 2018年7月22日閲覧。
  2. ^ 御嶽山における噴火に係る災害派遣について(最終報)”. 防衛省 (2014年10月16日). 2018年7月22日閲覧。
  3. ^ 1964年08月16日 東京オリンピック支援集団選手村支援群長兼補

出典編集

防衛省人事発令”. 2015年4月1日閲覧。

外部リンク編集

松本駐屯地