メインメニューを開く

2006年アジア競技大会野球日本代表(2006ねんあじあきょうぎたいかいやきゅうにほんだいひょう)は、2006年11月末から12月にかけてカタールドーハで行われた第15回アジア競技大会に出場するために編成された野球日本代表チームである。

目次

概要編集

プロ野球はシーズンオフに入っているため参加が可能ではあったが、12月及び1月は参稼期間(契約期間)に含まれていないため、大会期間が12月に及ぶこの大会ではプロの参加は見送られ、社会人17人、大学生5人の計22人でチームが編成された。第2戦では、全員プロ選手で構成された韓国に、長野久義呉昇桓からサヨナラ3ランを打ち勝利し、この敗戦は全員アマ選手の日本代表に負けたということで、韓国で衝撃的なニュースとして伝えられた。第5戦では、姜建銘郭泓志など海外で活躍するプロ選手も代表入りしていたチャイニーズタイペイ戦で敗れ、4勝1敗の2位に終わり銀メダルを獲得した。

代表メンバー編集

監督・コーチ編集

(かっこ内は所属;年齢。いずれも選出当時)

選手編集

No.は背番号。所属や年齢は選出当時。

位置 No. 氏名 所属 年齢
投手 11 服部泰卓 トヨタ自動車 24
13 宮西尚生 関西学院大学 20
14 石畝卓也 日産自動車 27
17 佐伯尚治 西濃運輸 23
18 高崎健太郎 日産自動車 20
19 磯村秀人 東芝 28
20 小松聖 JR九州 25
21 長谷部康平 愛知工業大学 21
捕手 22 田中大輔 東洋大学 22
24 鈴木健司 日本通運 26
27 中野滋樹 JR九州 26
内野手 1 福田康一 トヨタ自動車 24
2 鈴木勘弥 三菱重工長崎 31
5 四之宮洋介 日産自動車 29
6 西郷泰之 三菱ふそう川崎 33
9 横山憲一 三菱重工神戸 25
10 小山豪 日産自動車 32
25 植山幸亮 三菱ふそう川崎 25
外野手 3 長野久義 日本大学 22
7 池邉啓二 新日本石油ENEOS 23
8 野本圭 駒澤大学 22
29 吉浦貴志 日産自動車 27

競技結果編集

(会場はすべてアル・ラヤン球場)

継投によるノーヒットノーランを達成。