メインメニューを開く

第15回ベルリン国際映画祭は1965年6月25日から7月6日まで開催された。

目次

概要編集

1965年のベルリン国際映画祭では、コンペティション部門への出品数が減らされ、その代わりに“Information Show” と“Representation Show”という部門で作品が上映された。金熊賞はジャン=リュック・ゴダールの『アルファヴィル』が受賞し、他にもアニエス・ヴァルダロマン・ポランスキーの作品が高い評価を得た。

受賞編集

上映作品編集

コンペティション部門編集

長編映画のみ記載。アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。
題名
原題
監督 製作国
アルファヴィル
Alphaville, une étrange aventure de Lemmy Caution
ジャン=リュック・ゴダール   フランス  イタリア
キャット・バルー
Cat Ballou
エリオット・シルヴァースタイン   アメリカ合衆国
チャルラータ
Charulata
サタジット・レイ   インド
El Arte de vivir
(The Art of Living)
フリオ・ディアマンテ   スペイン
壁の中の秘事 若松孝二   日本
Kungsleden グンナール・ヘグルンド   スウェーデン
Kärlek 65
(Love 65)
ボー・ヴィーデルベリ   スウェーデン
幸福
Le bonheur
アニエス・ヴァルダ   フランス
Pajarito Gómez ロドルフォ・クーン   アルゼンチン
反撥
Repulsion
ロマン・ポランスキー   イギリス
インドのシェイクスピア
Shakespeare-Wallah
ジェームズ・アイヴォリー   アメリカ合衆国
ナック
The Knack ...and How to Get It
リチャード・レスター   イギリス
山師トマ
Thomas l'imposteur
ジョルジュ・フランジュ   フランス
To パレ・キャエルフ・シュミット   デンマーク
Una Bella grinta
(The Reckless)
ジュリアーノ・モンタルド   イタリア
Vereda de Salvação
(The Obsessed of Catale)
アンセルモ・デュアルテ   ブラジル
ヴェルズングの血
Wälsungenblut
ロルフ・ティーレ   西ドイツ

審査員編集

  • ジョン・ジレット (イギリス/)
  • アレクサンダー・クルーゲ (西ドイツ/監督)
  • 草壁久四郎 (日本/監督・プロデューサー)
  • ジェリー・ブレスラー (アメリカ/プロデューサー)
  • ハンス・ユルゲン・ポーラントHans Jürgen Pohland、西ドイツ/監督・プロデューサー)
  • エリ・アゼレド(Ely Azeredo、ブラジル/ジャーナリスト)
  • ハンス・ディーター・ロース(Hans-Dieter Roos、西ドイツ/サッカー監督)
  • カレーナ・ニーホッフ (西ドイツ/)
  • モニク・ベルジェ(Monique Berger、フランス/)

外部リンク編集