メインメニューを開く

第15高射特科連隊(だいじゅうごこうしゃとっかれんたい、JGSDF 15th Antiaircraft Artillery Regiment)は、第15旅団隷下の高射特科連隊。

 第15高射特科連隊
創設 1972年(昭和47年)8月1日
(第6高射特科群)
再編成 2014年(平成26年)3月26日
(第15高射特科連隊)
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位 連隊
兵科 高射特科
所在地 沖縄県 島尻郡八重瀬町
編成地 朝霞
上級単位 第1混成団第15旅団
担当地域 沖縄県
テンプレートを表示

概要編集

中期防衛力整備計画に示された「地対空誘導弾運用部隊」(高射特科群)とは通常方面隊の直轄部隊として運用されるが、本部隊は沖縄の施政権返還(1972年)の翌年に同地の防衛警備を担当する第1混成団の隷下部隊として編成から延べ39年間の長きにわたり沖縄の防空任務を担任してきた。その後混成団の旅団化及び21世紀に入ってから数次にわたり行われている北朝鮮の弾道ミサイル発射実験などの直接的脅威への抑止力強化を目的として、2014年3月26日付で高射特科連隊に改編された[1]。 連隊本部は沖縄県島尻郡八重瀬町八重瀬分屯地(旧・与座分屯地)に駐屯し、隷下の4個高射中隊は4ヶ所の分屯地に分散し地対空誘導弾改良ホークをもって主に中距離防空任務を担任してきた。今後は方面隊及び旅団防空任務を併せ持つ観点から、03式中距離地対空誘導弾11式短距離地対空誘導弾の2種地対空誘導弾を装備・運用することとなる。

沿革編集

第6高射特科群編集

編成(群本部、本部管理中隊、第323~第326高射中隊、第306高射搬送通信中隊、第107高射直接支援隊)
その後、アメリカ陸軍第30防空砲兵旅団(30th Air Defense Artillery Brigade)より基地施設の随時移管を受ける。
  • 1973年(昭和48年)
    • 1月30日:沖縄に移駐開始。
    • 2月23日:西部方面隊隷下に直轄部隊として編入。
    • 3月25日:移駐完了。
    • 4月13日:与座分屯地開設に伴い、群本部、本部管理中隊、第306高射搬送通信中隊、第107高射直接支援隊が駐屯開始。知念分屯地開設に伴い、第325高射中隊が駐屯開始。
    • 4月16日:南与座分屯地開設に伴い、第326高射中隊が駐屯開始。
    • 5月1日:白川分屯地開設に伴い、第323高射中隊駐屯開始。勝連分屯地開設に伴い、第324高射中隊が駐屯開始。
    • 7月1日:防空任務の実働開始[2][3]
    • 10月16日:第1混成団隷下部隊として編入。
  • 2010年(平成22年)3月25日:第15旅団への改編に伴い、第107高射直接支援隊を廃止。整備部門を第15後方支援隊高射直接支援中隊へ移管。
  • 2012年(平成24年)3月26日:第325高射中隊(ホーク)を第341高射中隊(03式中距離地対空誘導弾)に改編。
  • 2013年(平成25年)3月26日:第324高射中隊(ホーク)を第342高射中隊(03式中距離地対空誘導弾)に改編。

第15高射特科連隊編集

  • 2014年(平成26年)3月26日:第6高射特科群から第15高射特科連隊に改編。
  1. 第306高射搬送通信中隊を高射搬送通信中隊に改称。
  2. 第341高射中隊を第1高射中隊に改編。
  3. 第342高射中隊を第2高射中隊に改編。
  4. 第323高射中隊を第3高射中隊に改編(03式中距離地対空誘導弾配備)。
  5. 第326高射中隊を第4高射中隊に改編(11式短距離地対空誘導弾配備)。
  • (時期未定):宮古島・石垣島に1個高射中隊(地対空誘導弾運用部隊)を配備予定

編成・駐屯地編集

編成
駐屯地


主要幹部編集

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第15高射特科連隊長
兼 八重瀬分屯地司令
1等陸佐 島守英次 2017年12月20日 陸上幕僚監部監理部総務課監理班長
歴代の第15高射特科連隊長
(1等陸佐・八重瀬分屯地司令兼補)
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職
01 藤田英俊 2014年03月26日 - 2014年12月18日 防大31期 第6高射特科群長
兼 八重瀬分屯地司令
東部方面総監部情報部長
02 安孫子一 2014年12月19日 - 2016年07月31日 防大36期 陸上幕僚監部運用支援・情報部
情報課武官業務班長
自衛隊京都地方協力本部
03 久保勝裕 2016年08月01日 - 2017年12月19日 防大38期 陸上幕僚監部人事部募集・援護課
総括班長
陸上幕僚監部人事教育部
募集・援護課長
04 島守英次 2017年12月20日 - 防大33期 陸上幕僚監部監理部総務課
監理班長

第6高射特科群廃止時の編成・駐屯地編集

編成
駐屯地


歴代の第6高射特科群長編集

歴代の第6高射特科群長(1等陸佐)
(1973年4月13日から2006年1月5日の間 与座分屯地司令兼補)
(2006年1月6日から2014年3月25日の間 八重瀬分屯地司令兼補)
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職
01 笠井溢三 1972年08月01日 - 1974年03月15日 陸士57期 東部方面総監部 陸上自衛隊高射学校研究部長
02 山田精一 1974年03月16日 - 1975年07月15日 海兵75期 第6高射特科群副群長 統合幕僚会議事務局第3幕僚室勤務
03 後藤清 1975年07月16日 - 1977年07月31日 52I 第2高射団本部高級幕僚
→1976年1月1日 1等陸佐昇任
練馬駐とん地業務隊
04 畑學 1977年08月01日 - 1979年07月31日 56U 陸上幕僚監部第5部勤務 陸上自衛隊高射学校第1教育部長
05 陸井益三 1979年08月01日 - 1981年07月31日 防大1期 陸上自衛隊業務学校勤務 陸上自衛隊高射学校学校教官
06 井原康夫 1981年08月01日 - 1983年07月31日 明治大学 陸上自衛隊高射学校勤務 自衛隊徳島地方連絡部
07 馬来基成 1983年08月01日 - 1985年08月07日 防大1期 陸上自衛隊高射学校学校教官 陸上自衛隊高射学校学校教官
08 竹上宗利 1985年08月08日 - 1987年07月31日 防大3期 陸上自衛隊高射学校研究員 陸上自衛隊高射学校学校教官
09 大浦誠哉 1987年08月01日 - 1989年07月31日 香川大学 陸上自衛隊高射学校研究員 陸上自衛隊幹部学校学校教官
10 井本敏夫 1989年08月01日 - 1992年03月15日 防大11期 陸上幕僚監部付 東北方面総監部人事部長
11 若松三千男 1992年03月16日 - 1994年11月30日 防大10期 陸上幕僚監部監理部総務課
監理班長
陸上自衛隊幹部学校主任教官
12 林茂 1994年12月01日 - 1996年12月15日 防大9期 陸上自衛隊高射学校研究部長 陸上自衛隊幹部学校主任教官
13 江口幸一 1996年12月16日 - 1999年08月01日 防大15期 陸上幕僚監部教育訓練部訓練課
評価班長
自衛隊千葉地方連絡部
14 藤井宏 1999年08月02日 - 2001年03月31日 防大18期 第1高射特科団本部高級幕僚 第1高射特科団本部勤務
15 片渕雅晴 2001年04月01日 - 2003年03月31日 防大20期 第2高射特科団本部高級幕僚 東千歳駐屯地業務隊長
16 保松秀次郎 2003年04月01日 - 2005年03月27日 防大24期 陸上幕僚監部防衛部研究課
研究班長
統合幕僚会議事務局第3幕僚室
教育訓練調整官
兼 教育訓練班長
17 内村純博 2005年03月28日 - 2007年03月27日 防大23期 北部方面総監部人事部人事課長 陸上自衛隊研究本部主任研究開発官
18 藤田浩和 2007年03月28日 - 2009年03月23日 防大28期 陸上幕僚監部教育訓練部
教育訓練課制度班長
東部方面総監部人事部長
19 田渕忠史 2009年03月24日 - 2011年04月18日 防大30期 情報本部勤務 陸上自衛隊研究本部主任研究開発官
20 中村浩之 2011年04月19日 - 2012年12月04日 防大29期 陸上幕僚監部人事部人事計画課
予備自衛官室長
自衛隊福島地方協力本部
藤田英俊 2012年12月04日 - 2014年03月25日 防大31期 統合幕僚監部運用部運用第2課
国際協力室長
第15高射特科連隊長
兼 八重瀬分屯地司令

主要装備編集

歴代主要装備編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集