メインメニューを開く

第151合同任務部隊(Combined Task Force 151,CTF-151)はソマリア沖の海賊に対処している多国籍の艦隊合同海上部隊(Combined Maritime Forces)の傘下に2009年1月8日に設立された。旗艦イギリス海軍の「フォート・ヴィクトリア英語版」、初代司令官はアメリカ海軍のテレンス・マクナイト少将(2つ星)。

概要編集

アデン湾アラビア海には、対テロ戦争に関連して第150合同任務部隊(CTF-150)が展開していたが、海賊被害の増加により、海賊対処専任部隊としてCTF-151が設立された。

臨検部隊が組み入れられており、アメリカ海軍の臨検部隊のみならず、アメリカ海兵隊の狙撃チーム、アメリカ沿岸警備隊の法執行係官も含まれている。さらに海兵隊の攻撃ヘリコプターも加えられている。

参加国はアメリカ合衆国のほか、カナダデンマークフランスオランダパキスタンイギリスオーストラリア日本などである。

欧州連合による海賊対処のアタランタ作戦と協力関係にあるが、指揮系統のみならず、与えられた権限などに相違がある。

大韓民国清海部隊は状況に応じて指揮下に入れることもある。

日本ソマリア沖海賊の対策部隊派遣では、2隻の護衛艦による独自のエスコート方式で民間船舶を護衛していたが、2013年12月から派遣水上部隊のうち護衛艦1隻をCTF-151に参加させ[1]、2014年2月からは派遣航空隊もCTF-151に参加させている[2]

2015年5月31日、海上自衛隊第4護衛隊群司令の伊藤弘海将補が第151合同任務部隊の司令官に着任した。自衛官が訓練でない実際の多国籍部隊の司令官に着任するのは初となる[3]

2017年3月9日、海上自衛隊第4護衛隊群司令の福田達也海将補が第151合同任務部隊の司令官に着任した[4]

2018年3月1日、海上自衛隊第3護衛隊群司令の梶元大介海将補が第151合同任務部隊の司令官に着任した[5]

司令官編集

  • テレンス・マクナイトen:Terence E. McKnight)海軍少将(アメリカ合衆国海軍)2009年1月頃
  • ミシェル・ハワードen:Michelle J. Howard)海軍少将(アメリカ合衆国海軍)2009年4月頃
  • カネル・ベネル (Caner Bener)海軍少将(トルコ海軍)2009年5月頃
  • スコット・サンダース (Scott E. Sanders)海軍少将(アメリカ合衆国海軍)2009年8月頃
  • バーナード・ミランダ (Bernard Miranda)海軍少将(シンガポール海軍)2010年1月から4月頃
  • イ・ボンリム (Lee Beom-rim)海軍少将(大韓民国海軍)2010年4月から5月頃
  • スィナン・エルトゥールル (Sinan Ertuğrul)海軍少将(トルコ海軍)
  • アブドゥル・アリーム (Abdul Aleem)海軍准将(パキスタン海軍
  • ハリス・チャン (Harris Chan)海軍少将(シンガポール海軍)2011年6月から7月頃
  • ジム・ギルモア (Jim Gilmour)海軍大佐(ニュージランド海軍)2011年7月から8月頃
  • カリーム・シャウカット(Kaleem Shaukat)海軍少将(パキスタン海軍)2011年終盤から2012年初頭。
  • 伊藤弘 海将補(海上自衛隊)2015年5月31日から2015年7月23日
  • 福田達也 海将補(海上自衛隊)2017年3月9日から2017年6月29日
  • 梶元大介 海将補(海上自衛隊)2018年3月1日から2018年6月27日

関連項目編集

出典編集

外部リンク編集