第16回社会人野球日本選手権大会

第16回社会人野球日本選手権大会(だい16かいしゃかいじんやきゅうにほんせんしゅけんたいかい)は、1989年10月19日から10月26日にかけて大阪球場で開かれた社会人野球日本選手権大会である。

目次

概要編集

出場チーム編集

代表枠 チーム 出場回数
北海道 大昭和製紙北海道 3年連続10回目
北海道 新日本製鐵室蘭 2年連続9回目
東北 JT 2年連続5回目
東北 NTT東北 5年連続5回目
関東 本田技研 2年ぶり6回目
関東 熊谷組 2年ぶり2回目
関東 東芝 2年連続6回目
関東 日本石油 3年連続5回目
中部 NTT信越 2年ぶり7回目
中部 北陸銀行 初出場
東海北陸 トヨタ自動車 初出場
東海北陸 西濃運輸 10年ぶり6回目
代表枠 チーム 出場回数
近畿 松下電器 3年連続15回目
近畿 日本生命 3年ぶり11回目
近畿 大阪ガス 2年連続2回目
近畿 住友金属 3年連続12回目
近畿 神戸製鋼 2年連続11回目
近畿 新日本製鐵広畑 2年ぶり4回目
中国 NKK 3年連続7回目
中国 NTT中国 2年連続4回目
四国 NTT四国 7年連続9回目
四国 四国銀行 6年連続9回目
九州 新日本製鐵大分 初出場
九州 本田技研熊本 2年連続4回目

大会編集

1回戦編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9
本田技研 0 1 0 0 0 2 0 0 1 4
NTT四国 0 1 2 0 1 0 0 1 X 5

勝:白井 敗:田村 本:山田(本田)、竹島、河野(以上四国)、朝山、西(以上本田)

  • 第2試合(10月19日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JT 2 1 0 0 1 0 1 0 0 5
新日本製鐵大分 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:及川弘 敗:岩崎 本:渡辺(JT)

  • 第3試合(10月19日)-8回コールド
1 2 3 4 5 6 7 8
神戸製鋼 1 0 0 0 0 0 2 0 3
日本石油 0 0 6 0 0 4 2 1 13

勝:金沢 敗:江坂 本:鈴木(神鋼)、徳永2(日石)、日川(神鋼)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 0 1 1 2 0 1 0 0 0 5
NTT信越 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2

勝:石田 敗:村井 本:中本(松下)、福沢(信越)

  • 第5試合(10月20日)-延長11回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
本田技研熊本 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2 4
北陸銀行 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2

勝:内山 敗:高枝 本:安田(北銀)、竹田(熊本)

  • 第6試合(10月20日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
住友金属 0 1 0 1 0 4 0 0 0 6
大昭和製紙北海道 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

勝:尾山 敗:渡部

  • 第7試合(10月20日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
四国銀行 0 5 0 0 0 2 2 1 0 10
NTT東北 0 0 2 0 0 0 2 0 2 6

勝:橋谷 敗:大倉 本:森田健2、宮田章、和田、谷岡(以上四銀)、戸羽(東北)、薬師神(四銀)、夷塚(東北)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
トヨタ自動車 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3
新日本製鐵広畑 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2

勝:高橋 敗:足達 本:古田、間瀬(以上トヨタ)、砂田(広畑)

2回戦編集

  • 第1試合(10月21日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 0 0 0 0 2 0 3 0 0 5
NTT四国 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1

勝:木村 敗:西川 本:川瀬(日生)、河野(四国)

  • 第2試合(10月21日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JT 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
西濃運輸 1 0 0 0 2 0 1 0 X 4

勝:松田 敗:柳畑 本:伊東、鈴木(以上西濃)、寺嶋(JT)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 0 1 0 0 0 0 0 2 0 3
NKK 0 0 1 0 0 0 0 0 1 2

勝:田口 敗:鎌田 本:金久保(NKK)

  • 第4試合(10月22日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 0 0 0 0 1 2 1 0 0 4
新日本製鐵室蘭 9 0 3 0 0 0 0 0 X 12

勝:米山 敗:潮崎 本:篠崎(松下)

  • 第5試合(10月22日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
本田技研熊本 0 0 0 0 0 0 2 0 1 3
NTT中国 0 1 3 0 0 1 0 0 X 5

勝:佐々岡 敗:内山 本:北口(中国)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝 2 0 0 3 0 0 1 0 0 6
住友金属 0 0 5 0 2 0 0 0 X 7

勝:尾山 敗:三原 本:丹波、小林(以上東芝)

  • 第7試合(10月23日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大阪ガス 0 0 2 0 0 1 0 4 0 7
四国銀行 1 0 0 0 2 0 0 0 0 3

勝:佐藤 敗:仙石 本:中西、松田(以上大ガス)

  • 第8試合(10月23日)-8回コールド
1 2 3 4 5 6 7 8
トヨタ自動車 0 0 0 2 0 0 1 0 3
熊谷組 6 2 1 0 0 0 1 3 13

勝:鈴木 敗:陳 本:森山(熊谷組)、古田(トヨタ)、黒木(熊谷組)

準々決勝編集

1 2 3 4 5 6 7 8
西濃運輸 1 1 0 0 0 0 0 0 2
日本生命 1 7 0 0 0 1 1 2 12

勝:木村 敗:松田 本:吉竹(西濃)、中村(日生)、水野(西濃)、児玉(日生)

  • 第2試合(10月24日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 2 0 0 1 3 0 1 0 0 7
新日本製鐵室蘭 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:金沢 敗:米山 本:若林(日石)

  • 第3試合(10月24日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT中国 0 0 0 0 1 0 0 4 0 5
住友金属 0 2 0 1 1 0 0 3 X 7

勝:森田 敗:佐々岡 本:佐藤2(住金)、篠原(中国)、樋野(住金)

  • 第4試合(10月24日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
熊谷組 1 0 3 0 0 0 4 3 3 14
大阪ガス 0 0 4 0 0 0 0 0 0 4

勝:松浦 敗:佐藤 本:佐藤和(熊谷組)、中西(大ガス)、黒木、高野(以上熊谷組)

準決勝編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 0 2 1 0 0 0 0 0 2 5
日本生命 0 0 0 4 0 0 0 0 0 4

勝:秋村 敗:木村

  • 第2試合(10月25日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
熊谷組 0 0 0 0 0 0 1 0 1 2
住友金属 0 0 2 0 0 0 0 0 1x 3

勝:尾山 敗:松浦 本:森山(熊谷組)

決勝編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 1 0 0 0 0 0 0 1 2 4
住友金属 0 0 0 0 0 0 2 0 3x 5

勝:尾山 敗:田口
(住友金属は5年ぶり5回目の優勝)

表彰選手等編集

  • 最高殊勲選手賞 尾山敦(投手:住友金属)
  • 敢闘賞 金沢健一(投手:日本石油)
  • 打撃賞 佐藤雄樹(内野手:住友金属)
  • 首位打者賞 佐藤雄樹(内野手:住友金属) 19打数10安打 .526
  • 大会優秀選手
    • 投手
    尾山敦(住友金属)
    金沢健一(日本石油)
    木村恵二(日本生命)
    • 捕手
    高柳靖法(日本石油)
    樋野徹(住友金属)
    • 一塁手
    徳永耕治(日本石油)
    佐藤雄樹(住友金属)
    • 二塁手
    平田望(日本石油)
    十河章浩(日本生命)
    菅沢剛(熊谷組)
    • 三塁手
    若林重喜(日本石油)
    中西亮介(大阪ガス)
    • 遊撃手
    久慈照嘉(日本石油)
    北口和正(NTT中国)
    • 外野手
    佐藤和弘(熊谷組)
    黒木義美(熊谷組)
    坂口裕之(日本石油)
    家永裕章(住友金属)
    岡田仁(新日本製鐵室蘭)
    • 指名打者
    和田武徳(日本石油)
    川畑伸一郎(住友金属)
    森山茂(熊谷組)

同大会の記録編集

  • 1試合最多本塁打 8
1回戦・四国銀行(6)-NTT東北(2)戦で記録。
  • 1試合チーム最多本塁打 8
四国銀行が1回戦・対NTT東北戦で記録。
  • 毎回安打
松下電器が1回戦・対NTT信越戦で達成。
  • 全員安打
日本石油が1回戦・対神戸製鋼戦で達成。
熊谷組が2回戦・対トヨタ自動車戦で達成。
  • 1試合チーム最多犠打 6(タイ記録)
日本石油が準々決勝・対新日本製鐵室蘭戦で記録。
  • 連続奪三振 6(タイ記録)
日本生命・木村恵二が準々決勝・対西濃運輸戦で記録。
  • 全員奪三振
日本石油・金沢健一が準々決勝・対新日本製鐵室蘭戦で記録(10人から11奪三振)。