メインメニューを開く

第16方面軍(だいじゅうろくほうめんぐん)は、大日本帝国陸軍方面軍の一つ。

第16方面軍
創設 1945年昭和20年)2月1日
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 方面軍
所在地 日本本土
通称号/略称
最終上級単位 第2総軍
担当地域 九州地方
最終位置 福岡県 二日市
主な戦歴 第二次世界大戦
テンプレートを表示

沿革編集

第二次世界大戦末期、絶対国防圏の要石とされたサイパンを失い、レイテ戦に失敗し、大本営1945年(昭和20年)1月20日に本土(北海道本州四国沖縄を除く九州)の維持を作戦目的とした「帝国陸海軍作戦計画大綱」を決定、本土に於ける軍の編制を根本的に改めた。

第16方面軍は同年2月6日に、主に九州方面を作戦地域として編成され、当初は防衛総司令部の指揮下、その後4月8日には新設の第2総軍の指揮下に入り、連合国軍との本土決戦に備えたが、交戦することなしに日本軍無条件降伏となった。

なお、第16方面軍司令官西部軍管区司令官を兼ね、軍管区司令官としては天皇に直隷した。また、参謀長、参謀副長も、西部軍管区のそれを兼ねた。

基本情報編集

  • 通称号:睦
  • 編成時期:1945年(昭和20年)2月1日
  • 最終位置:福岡県二日市
  • 最終上級部隊:第2総軍

第16方面軍の人事編集

司令官編集

参謀長編集

  • 芳仲和太郎中将(陸士27期):1945年(昭和20年)2月1日 - 5月3日
  • 稲田正純中将(陸士30期):1945年(昭和20年)5月3日 -

参謀副長編集

  • 福島久作大佐(陸士32期):1945年(昭和20年)2月1日 - 6月1日
  • 友森清晴大佐(陸士34期):1945年(昭和20年)6月1日 -

終戦時編集

  • 司令官:横山勇中将
  • 参謀長:稲田正純中将
  • 参謀副長:友森清晴大佐
  • 高級参謀:穐田弘志大佐
  • 兵務部長:奈良晃中将
  • 兵器部長:鈴木敏行少将
  • 経理部長:谷端直主計少将
  • 軍医部長:堀内清真軍医少将
  • 獣医部長:草野清茂獣医大佐
  • 法務部長:伊藤章信法務少将

終戦時の隷下部隊編集

関連項目編集