メインメニューを開く

第17回全国中等学校優勝野球大会(だい17かいぜんこくちゅうとうがっこうゆうしょうやきゅうたいかい)は、1931年8月13日から8月21日まで甲子園球場で行われた全国中等学校優勝野球大会である。

日本の旗 第17回全国中等学校優勝野球大会
試合日程 1931年8月13日 - 8月21日
出場校 22校
参加校数 634校
優勝校 中京商愛知、初優勝)
試合数 21試合
選手宣誓 加本・(島根大社中
始球式 上野精一朝日新聞社社長
大会本塁打 3本塁打
 < 19301932 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

出場校編集

試合結果編集

1回戦編集

  • 広陵中 4 - 1 和歌山商
  • 長野商 2 - 1 大分商
  • 中京商 4x - 3 早稲田実
  • 小倉工 6 - 0 敦賀商
  • 秋田中 6 - 0 千葉中
  • 平安中 6 - 5 八尾中

2回戦編集

  • 松山商 3 - 0 第一神港商
  • 大社中 12 - 11 京城商
  • 嘉義農林 3 - 0 神奈川商工
  • (札幌商 4 - 2 大連商)(4回1死1塁・降雨ノーゲーム)
  • 札幌商 10x - 9 大連商
  • 桐生中 2 - 0 福岡中
  • 広陵中 6x - 5 平安中
  • 小倉工 5 - 2 長野商
  • 中京商 19 - 1 秋田中

準々決勝編集

  • 嘉義農林 19 - 7 札幌商
  • 中京商 5 - 3 広陵中
  • 小倉工 22 - 4 大社中
  • 松山商 3 - 0 桐生中

準決勝編集

  • 中京商 3 - 1 松山商
  • 嘉義農林 10 - 2 小倉工

決勝編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
嘉義農林 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 2
中京商 0 0 2 2 0 0 0 0 X 4 11 3
  1. (嘉) : - 東
  2. (中) : 吉田 - 桜井
  3. 審判:球審…梅田、塁審…鶴田・水上・川久保

第2回大会以来の初出場同士の決戦となったこの試合、中京商は嘉義農林のエース呉を攻め、3回に適時打で先制、4回に暴投で加点し計4点を奪った。嘉義農林は準決勝までの3試合で32点を奪った強打線が吉田にかわされ、3、6、8回の得点機を逸して完封負け。外地の学校の栄冠はならなかった。

大会本塁打編集

  • 第1号:小林正(長野商)
  • 第2号:平野保郎(嘉義農林)
  • 第3号:植田延夫(小倉工)

主な出場選手編集

映画化編集

準優勝した台南州立嘉義農林学校(現・国立嘉義大学)野球部の実話が「KANO 1931海の向こうの甲子園」というタイトルで台湾で映画化され、2014年に公開された[1][2]

脚注編集

関連項目編集