第17回全日本都市対抗バレーボール優勝大会

第17回全日本都市対抗バレーボール優勝大会(だい17かいぜんにほんとしたいこう バレーボールゆうしょうたいかい)は、1968年4月26日から5月1日にかけて行われた、第17回目の全日本都市対抗バレーボール優勝大会である。外国招待チーム(韓国:男女2チーム、中華民国:男子1チーム)が初参加した。

第17回全日本都市対抗バレーボール優勝大会
開始年 1952
主催 日本バレーボール協会
毎日新聞社
チーム数 男子:20
女子:16チーム
前回優勝 男子:八幡製鉄
女子:ニチボー貝塚
テンプレートを表示

概要編集

  • 日程:1968年4月26日 - 5月1日
  • 会場:大阪府立体育館
  • 参加チーム数:男子 20チーム、女子 16チーム

試合方法編集

参加チームによるトーナメント方式(第1次トーナメントと呼称する)で、1敗したチームは敗者復活トーナメント(第2次トーナメントと呼称する)にまわり、2敗したチームが脱落する完全敗者復活戦(ダブルトーナメント)方式。第1次トーナメントの勝者と第2次トーナメントの勝者が優勝を争う。第2次トーナメントの勝者が最終戦で勝利した場合には、エキストラマッチ(3セット制)を行い、第1位チームを決定する。

男子編集

出場チーム編集

No. チーム名 都市名
1 富士製鉄室蘭 室蘭市
2 富士製鉄釜石 釜石市
3 シチズン時計 東京都
4 日本ビクター 東京都
5 日本鋼管 川崎市
6 富士フイルム 南足柄町
7 住友軽金属 名古屋市
8 日本カーバイド 魚津市
9 電電近畿 大阪市
10 松下電器 門真市
11 住友金属和歌山 和歌山市
12 神戸製鋼 神戸市
13 電電中国 広島市
14 専売広島 広島市
15 帝人松山 松山市
16 八幡製鉄 北九州市
17 住友金属小倉 北九州市
18 旭化成旭陽会 延岡市
19 韓国実業選抜   韓国
20 中華民国排球隊   中華民国

第1次トーナメント編集

1回戦編集

#101 1968年4月26日
日本ビクター 2 - 0
(15-6)
(15-9)
住友金属和歌山
#102 1968年4月26日
旭化成旭陽会 2 - 0
(15-2)
(15-3)
電電近畿
#103 1968年4月26日
日本カーバイド 2 - 0
(15-7)
(15-9)
神戸製鋼
#104 1968年4月26日
電電中国 2 - 0
(15-0)
(15-0)
冨士製鉄釜石

2回戦編集

#105 1968年4月27日
八幡製鉄 2 - 0
(15-3)
(15-5)
日本ビクター
#106 1968年4月27日
冨士製鉄室蘭 2 - 0
(15-7)
(15-6)
帝人松山
#107 1968年4月27日
韓国実業選抜 2 - 0
(15-8)
(15-4)
中華民国排球隊
#108 1968年4月27日
富士フイルム 2 - 1
(8-15)
(15-1)
(15-6)
旭化成旭陽会
#109 1968年4月27日
日本鋼管 2 - 0
(15-6)
(15-2)
日本カーバイド
#110 1968年4月27日
専売広島 2 - 0
(15-9)
(15-12)
住友軽金属
#111 1968年4月27日
住友金属小倉 2 - 0
(15-9)
(15-4)
シチズン時計
#112 1968年4月27日
松下電器 2 - 0
(15-5)
(15-3)
電電中国

3回戦編集

#113 1968年4月28日
八幡製鉄 2 - 0
(15-7)
(15-4)
冨士製鉄室蘭
#114 1968年4月28日
韓国実業選抜 2 - 1
(12-15)
(15-12)
(15-11)
富士フイルム
#115 1968年4月28日
日本鋼管 2 - 0
(15-7)
(15-6)
専売広島
#116 1968年4月28日
松下電器 2 - 0
(15-3)
(15-6)
住友金属小倉

準決勝編集

#117 1968年4月29日
八幡製鉄 3 - 0
(15-10)
(15-9)
(15-10)
韓国実業選抜
#118 1968年4月29日
松下電器 3 - 1
(9-15)
(15-2)
(15-8)
(15-7)
日本鋼管

決勝編集

#119 1968年4月30日
松下電器 3 - 0
(15-5)
(15-9)
(15-7)
八幡製鉄
主審: 上野康夫
副審: 吉田将

第2次トーナメント編集

1回戦編集

#120 1968年4月27日
神戸製鋼
(#103の敗者)
2 - 0
(16-14)
(16-14)
富士製鉄釜石
(#104の敗者)
#121 1968年4月27日
中華民国排球隊
(#107の敗者)
2 - 0
(15-5)
(15-4)
帝人松山
(#106の敗者)
#122 1968年4月27日
住友軽金属
(#110の敗者)
2 - 0
(15-7)
(15-10)
シチズン時計
(#111の敗者)
#123 1968年4月27日
電電近畿
(#102の敗者)
2 - 1
(7-15)
(15-3)
(15-13)
住友金属和歌山
(#101の敗者)

2回戦編集

#124 1968年4月28日
日本ビクター
(#105の敗者)
2 - 0
(15-11)
(15-5)
神戸製鋼
#125 1968年4月28日
旭化成旭陽会
(#108の敗者)
2 - 1
(13-15)
(15-13)
(15-5)
中華民国排球隊
#126 1968年4月28日
住友軽金属 2 - 0
(15-3)
(15-0)
日本カーバイド
(#109の敗者)
#127 1968年4月28日
電電中国
(#112の敗者)
2 - 1
(15-6)
(12-15)
(17-15)
電電近畿

3回戦編集

#128 1968年4月28日
住友金属小倉
(#116の敗者)
2 - 1
(11-15)
(15-6)
(15-9)
日本ビクター
#129 1968年4月28日
専売広島
(#115の敗者)
2 - 0
(15-10)
(15-10)
旭化成旭陽会
#130 1968年4月28日
富士フイルム
(#114の敗者)
2 - 0
(15-8)
(15-12)
住友軽金属
#131 1968年4月28日
電電中国 2 - 1
(15-7)
(9-15)
(15-12)
富士製鉄室蘭
(#113の敗者)

7位決定戦編集

#132 1968年4月29日
専売広島 2 - 1
(13-15)
(15-7)
(15-10)
住友金属小倉
#133 1968年4月29日
富士フイルム 2 - 0
(15-8)
(15-10)
電電中国

5位決定戦編集

#134 1968年4月29日
専売広島 2 - 0
(15-5)
(15-11)
韓国実業選抜
(#117の敗者)
#135 1968年4月29日
日本鋼管
(#118の敗者)
2 - 1
(7-15)
(15-6)
(15-4)
富士フイルム

4位決定戦編集

#136 1968年4月30日
日本鋼管 2 - 0
(15-11)
(15-9)
専売広島
主審: 石坪敏彦
副審: 水谷仁三

3位決定戦編集

#137 1968年4月30日
日本鋼管 2 - 1
(15-7)
(11-15)
(15-6)
八幡製鉄
(#119の敗者)

主審: 中島勝政
副審: 森本一

1・2位決定戦編集

#138 1968年5月1日
松下電器
(第1次トーナメント勝者)
1 - 3
(15-12)
(10-15)
(14-16)
(15-17)
日本鋼管
(第2次トーナメント勝者)

主審: 桑原博
副審: 上野康夫

第2次トーナメント勝者の日本鋼管が勝ったため、再試合(3セットマッチ)を行った。

#139 1968年5月1日
松下電器
(第1次トーナメント勝者)
2 -1
(15-2)
(13-15)
(15-8)
日本鋼管
(第2次トーナメント勝者)

主審: 桑原博
副審: 上野康夫


最終順位編集

順位 チーム名 都市名
優勝 松下電器 門真市
準優勝 日本鋼管 川崎市
3位 八幡製鉄 北九州市
4位 専売広島 広島市
5位 冨士フイルム 南足柄町
5位 韓国実業選抜   韓国
7位 電電中国 広島市
7位 住友金属小倉 北九州市

女子編集

出場チーム編集

No. チーム名 都市名
1 日本金網 恵庭町
2 ヤシカ 東京都
3 日本フェルト 東京都
4 日立武蔵 小平市
5 日本鋼管 横浜市
6 富士フイルム 南足柄町
7 興亜電工 伊那市
8 住友軽金属 名古屋市
9 全鐘紡 鈴鹿市
10 東洋紡守口 守口市
11 ニチボー貝塚 貝塚市
12 電電神戸 神戸市
13 倉紡倉敷 倉敷市
14 林兼産業 下関市
15 大洋デパート 熊本市
16 韓国実業選抜   韓国

第1次トーナメント編集

1回戦編集

#201 1968年4月27日
ニチボー貝塚 2 - 0
(15-8)
(15-6)
倉紡倉敷
#202 1968年4月27日
富士フイルム 2 - 0
(15-0)
(15-2)
日本金網
#203 1968年4月27日
韓国実業選抜 2 - 0
(15-6)
(15-8)
興亜電工
#204 1968年4月27日
ヤシカ 2 - 0
(15-5)
(15-11)
住友軽金属
#205 1968年4月27日
全鐘紡 2 - 0
(15-2)
(15-9)
東洋紡守口
#206 1968年4月27日
林兼産業 2 - 0
(15-8)
(15-7)
日本鋼管
#207 1968年4月27日
電電神戸 2 - 1
(15-5)
(10-15)
(15-2)
日本フェルト
#208 1968年4月27日
日立武蔵 2 - 0
(15-0)
(15-2)
大洋デパート

2回戦編集

#209 1968年4月28日
ニチボー貝塚 2 - 1
(13-15)
(15-7)
(15-9)
富士フイルム
#210 1968年4月28日
ヤシカ 2 - 0
(15-5)
(15-4)
韓国実業選抜
#211 1968年4月28日
全鐘紡 2 - 0
(15-9)
(15-1)
林兼産業
#212 1968年4月28日
日立武蔵 2 - 0
(15-11)
(15-3)
電電神戸

準決勝編集

#213 1968年4月29日
ヤシカ 3 - 0
(15-13)
(17-15)
(15-5)
ニチボー貝塚
#214 1968年4月29日
日立武蔵 3 - 0
(15-11)
(15-6)
(15-11)
全鐘紡

決勝編集

#215 1968年4月30日
日立武蔵 3 - 0
(15-8)
(15-12)
(15-5)
ヤシカ
主審: 貴山隆一
副審: 松本弘

第2次トーナメント編集

1回戦編集

#216 1968年4月28日
倉紡倉敷
(#201の敗者)
2 - 0
(15-2)
(15-0)
日本金網
(#202の敗者)
#217 1968年4月28日
住友軽金属
(#204の敗者)
2 - 0
(15-7)
(15-6)
興亜電工
(#203の敗者)
#218 1968年4月28日
東洋紡守口
(#205の敗者)
2 - 0
(15-4)
(15-2)
日本鋼管
(#206の敗者)
#219 1968年4月28日
大洋デパート
(#208の敗者)
2 - 1
(13-15)
(15-10)
(15-11)
日本フェルト
(#207の敗者)

2回戦編集

#220 1968年4月28日
倉紡倉敷 2 - 0
(15-8)
(15-4)
電電神戸
(#212の敗者)
#221 1968年4月28日
林兼産業
(#211の敗者)
2 - 1
(9-15)
(17-15)
(15-5)
住友軽金属
#222 1968年4月28日
東洋紡守口 2 - 0
(15-7)
(15-11)
韓国実業選抜
(#210の敗者)
#223 1968年4月28日
富士フイルム
(#209の敗者)
2 - 0
(15-1)
(15-9)
大洋デパート

7位決定戦編集

#224 1968年4月29日
倉紡倉敷 2 - 0
(15-6)
(15-7)
林兼産業
#225 1968年4月29日
東洋紡守口 2 - 0
(15-9)
(15-11)
富士フイルム

5位決定戦編集

#226 1968年4月29日
ニチボー貝塚
(#213の敗者)
2 - 1
(15-6)
(15-17)
(15-10)
倉紡倉敷
#227 1968年4月29日
全鐘紡
(#214の敗者)
2 - 1
(10-15)
(15-4)
(15-4)
東洋紡守口

4位決定戦編集

#228 1968年4月30日
全鐘紡 2 - 1
(15-9)
(4-15)
(15-10)
ニチボー貝塚
主審: 鳴川六司
副審: 酒井昭夫

3位決定戦編集

#229 1968年4月30日
全鐘紡 2 - 1
(15-8)
(4-15)
(16-14)
ヤシカ
(#215の敗者)

主審: 藤原慎一
副審: 吉村義実

1・2位決定戦編集

#230 1968年5月1日
日立武蔵
(第1次トーナメント勝者)
3 - 0
(15-13)
(15-13)
(15-12)
全鐘紡
(第2次トーナメント勝者)

主審: 鳴川六司
副審: 石坪敏彦

最終順位編集

順位 チーム名 都市名
優勝 日立武蔵 小平市
準優勝 全鐘紡 鈴鹿市
3位 ヤシカ 東京都
4位 ニチボー貝塚 貝塚市
5位 東洋紡守口 守口市
5位 倉紡倉敷 倉敷市
7位 富士フイルム 南足柄町
7位 林兼産業 下関市

脚注編集

  • 本記事のマッチナンバーは編集の便宜上付番したものです。

参考文献編集

  • 月刊バレーボール 1967年7月号 52-53ページ