メインメニューを開く

第18方面軍(だいじゅうはちほうめんぐん)は、大日本帝国陸軍方面軍の一つ。

第18方面軍
創設 1943年昭和18年)1月4日
泰国駐屯軍
再編成 1944年(昭和19年)12月14日
第39軍
1945年(昭和20年)7月7日
第18方面軍
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 (~1944)
方面軍
所在地 タイ
通称号/略称
最終上級単位 南方軍
担当地域 タイ
最終位置 タイ バンコク
主な戦歴 第二次世界大戦
テンプレートを表示

第39軍(だいさんじゅうきゅうぐん)は、大日本帝国陸軍のの一つ。

泰国駐屯軍(タイこくちゅうとんぐん)は、大日本帝国陸軍の軍の一つ。

沿革編集

第18方面軍は初めタイ国駐屯軍(正式名称:泰国駐屯軍。以下同じ)として編制され、1944年(昭和19年)12月に第39軍へ改編、1945年(昭和20年)7月第18方面軍へ改編昇格した。初めの名称に在るようにタイ方面を作戦地域とし、同地で終戦を迎えた。

第18方面軍概要編集

  • 通称号:義
  • 編制時期:1943年(昭和18年)1月4日編制、1944年(昭和19年)12月14日第39軍に改編、1945年(昭和20年)7月7日第18方面軍に改編昇格
  • 編成地:タイ・バンコク
  • 上級部隊:南方軍

歴代司令官編集

タイ国駐屯軍司令官編集

第39軍司令官編集

  • 中村明人(陸士22期):1944年(昭和19年)12月20日 -

第18方面軍司令官編集

  • 中村明人(陸士22期):1945年(昭和20年)7月14日 -

歴代参謀長編集

タイ国駐屯軍参謀長編集

  • 守屋精爾(陸士29期):1943年(昭和18年)1月4日 - 1943年1月21日[1]
  • 山田国太郎(陸士27期):1943年(昭和18年)1月21日 -
  • 浜田平(陸士28期):1944年(昭和19年)11月22日 -

第39軍参謀長編集

  • 浜田平(陸士28期):1944年(昭和19年)12月20日 -
  • 花谷正(陸士26期):1945年(昭和20年)7月9日 -

第18方面軍参謀長編集

  • 花谷正(陸士26期):1945年(昭和20年)7月14日 -

参謀副長他編集

  • 第18方面軍参謀副長:浜田平(1945年(昭和20年)7月14日 - )
  • タイ国駐屯軍兵器部長:黒田茂陸軍少将(陸士30期)

終戦時の隷下部隊編集

兵站部隊
  • 第89兵站地区隊本部 :連隊長 下村力大佐 長崎県雲仙市出身陸士31期 
  • 南方第16陸軍病院:戸倉賤夫軍医大佐    
  • 第133兵站病院(バンポン)    
  • 第148兵站病院(ナコンパトム):石村猛雄軍医中佐  
  • 第34野戦防疫給水部
第18方面軍補給廠     
  • 第18方面軍兵站病馬廠:杉尾石松獣医中佐    
  • 第18方面軍軍馬防疫廠      
  • 第18方面軍野戦兵器廠:鍛冶川学大佐  
  • 第18方面軍野戦自動車廠:二宮邦彦大佐  
  • 第18方面軍野戦貨物廠:吉川達郎主計中佐

脚注編集

  1. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』407頁。

参考文献編集

  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。

関連項目編集