第180回国会

2012年1月に召集された通常国会

第180回国会(だい180かいこっかい)とは、2012年1月24日に召集された通常国会。当初の会期は2012年6月21日までの150日間であったが、社会保障・税一体改革関連法案の今国会中成立などを理由に9月8日まで79日間延長された[1]

概要編集

第179回国会会期延長が困難となったため、東日本大震災からの復興財源確保法案を除き未成立となった重要法案の審議が焦点となった。 今国会運営中、民主党政権発足当時の公約に掲げられていた八ッ場ダムの建設凍結を撤回・再開及び4年間の政権運営中は増税しないとしていた消費税増税方針を打ち出したことが公約違反であるとして、これらに異を唱える若手議員の離党が相次いでおり、小沢一郎及び同氏率いる小沢グループは税制改革法案の衆院採決において反対票を投じたため除籍処分を受け、新党を結成した。

民主党政権発足の鳩山内閣以来政治主導方針のもと、内閣法制局長官官僚であるとし、政府特別補佐人と認めていなかったが当国会から政府特別補佐人とすると方針転換の実際的措置をする[2]

本国会においては会期中に2度の内閣改造が行われたほか、民主党政権として初となる、内閣総理大臣の問責決議案が可決された(総理に対する問責は3例目)。

各党・会派の議席数編集

主な審議議案編集

衆法(衆議院議員提出法律案)編集

衆法(衆議院議員提出法律案)
提出回次 議案件名 結果 備考
180 国家公務員の給与の改定及び臨時特例に関する法律案 成立
180 国会議員の秘書の給与等に関する法律の一部を改正する法律の一部を改正する法律案 成立
180 特殊土壌地帯災害防除及び振興臨時措置法の一部を改正する法律案 成立
180 東日本大震災の被災者に対する援助のための日本司法支援センターの業務の特例に関する法律案 成立
180 豪雪地帯対策特別措置法の一部を改正する法律案 成立
180 郵政民営化法等の一部を改正する等の法律案 成立
180 国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律案 成立
180 国会議員の歳費及び期末手当の臨時特例に関する法律案 成立
180 死因究明等の推進に関する法律 成立
180 警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律案 成立
180 過疎地域自立促進特別措置法の一部を改正する法律案 成立
180 国立国会図書館法の一部を改正する法律案 成立
180 原子力規制委員会設置法案 成立
180 離島振興法の一部を改正する法律案 成立
180 ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法の一部を改正する法律案 成立
180 養ほう振興法の一部を改正する法律案 成立
180 社会保障制度改革推進法案 成立
180 就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律案 成立
180 大都市地域における特別区の設置に関する法律案 成立
180 古典の日に関する法律案 成立
180 カネミ油症患者に関する施策の総合的な推進に関する法律案 成立
180 動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律案 成立
180 特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第IX因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法の一部を改正する法律案 成立
180 母子家庭の母及び父子家庭の父の就業の支援に関する特別措置法案 成立

参法(参議院議員提出法律案)編集

参法(参議院議員提出法律案)
提出回次 議案件名 結果 備考
180 鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための特別措置に関する法律の一部を改正する法律案 成立
180 劇場、音楽堂等の活性化に関する法律案 成立
180 東京電力原子力事故により被災した子どもをはじめとする住民等の生活を守り支えるための被災者の生活支援等に関する施策の推進に関する法律案 成立
180 消費者教育の推進に関する法律案 成立
180 消費者基本法の一部を改正する法律案 成立
180 中小企業等協同組合法の一部を改正する法律案 成立
180 移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関する法律案 成立

閣法(内閣提出法律案)編集

予算編集

予算
提出回次 議案件名 結果 備考
180 平成二十三年度一般会計補正予算(第4号) 成立
180 平成二十三年度特別会計補正予算(特第4号) 成立
180 平成二十四年度一般会計予算 成立
180 平成二十四年度特別会計予算 成立
180 平成二十四年度政府関係機関予算 成立
180 平成二十四年度一般会計暫定予算 成立
180 平成二十四年度特別会計暫定予算 成立
180 平成二十四年度政府関係機関暫定予算 成立

条約編集

条約
提出回次 議案件名 結果 備考
180 欧州復興開発銀行を設立する協定の改正 両院承認
180 偽造品の取引の防止に関する協定 両院承認
180 二千六年の海上の労働に関する条約 両院承認
180 千九百九十四年の関税及び貿易に関する一般協定の譲許表の修正 両院承認

今国会の動き編集

召集前編集

2011年編集

2012年編集

  • 1月4日
    • 民主党を離反した衆院議員9名による新政党『新党きづな』が設立される。
    • 民主党の大石尚子参議院議員が死去
  • 1月5日 - 大地・真民主党が『新党大地・真民主』に改称。
  • 1月13日 - 野田第1次改造内閣が発足。

会期中編集

1月編集

2月編集

  • 3日 - 衆議院本会議にて平成23年度第4次補正予算案を可決、参議院に送付[8]
  • 8日 - 参議院本会議にて平成23年度第4次補正予算案を可決、成立[9]
  • 29日 - 国家公務員の給与の改定及び臨時特例に関する法律が成立[10]

3月編集

  • 8日 - 衆議院本会議にて平成24年度予算案を可決、参議院に送付[11]
  • 23日 - 参議院本会議で「北朝鮮による「人工衛星」の打ち上げ発表に抗議し強く自制を求める決議」を全会一致で可決[12]
  • 30日
    • 衆参両院で4月1日から4月6日までの平成24年度暫定予算案を審議し、両院で可決し成立。平成24年度予算案の平成23年度中の成立が不可能になったための措置[13]
    • 特別会計法、地方税法地方交付税法関税定率法の改正案が成立し「東日本大震災復興特別会計」が新年度(4月1日)から施行するための環境が整う[14]
    • 沖縄振興特別措置法改正案と沖縄県における駐留軍用地の返還に伴う特別措置に関する法律の改正案が成立。これにより沖縄振興特別措置法の有効期限が平成34年(2022年)度末まで延長される[15]

4月編集

  • 5日 - 参議院本会議で平成24年度予算案が否決。両院で議決が異なったため両院協議会が開かれたが成案が得られずに終了、日本国憲法第60条衆議院の優越)の規定に基づき平成24年度予算案が成立[16][17]
  • 12日 - 衆議院本会議で「北朝鮮による「人工衛星」の打ち上げ発表に抗議し発射中止を求める決議」を全会一致で可決[18]
  • 13日 - この日に北朝鮮が「人工衛星」と称するロケット(日本政府は弾道ミサイルと認識)を発射。これを受け、衆議院本会議で「北朝鮮による「人工衛星」打ち上げに抗議する決議」が提案され、全会一致で可決される[19]
  • 16日 - 参議院本会議で「北朝鮮による弾道ミサイル発射に抗議する決議」が全会一致で可決される[20]
  • 18日 - 田中直紀防衛相及び前田武志国土交通相の問責決議案を自民党が提出。翌19日より自民党は国会審議の全面拒否に入る[21]
  • 20日 - 田中防衛相及び前田国交相の問責決議案が参議院本会議で可決[22]

6月編集

  • 4日 - 野田第2次改造内閣が発足。
  • 21日 - 午後の衆議院本会議にて会期を79日間延長することが与党の賛成多数により議決される。
  • 26日 - 消費税増税を含む社会保障・税一体改革関連法案が衆議院を通過。民主党からは、消費税増税に反対する鳩山由紀夫元首相及び小沢一郎のグループを中心とする57名は反対、16名が欠席[23]

7月編集

  • 2日 - 消費税増税法案に反対票を投じた、小沢一郎以下民主党の衆議院議員40名、参議院議員12名が離党届を提出。
  • 5日 - 小沢一郎らが新会派国民の生活が第一を衆議院37名、参議院12名で結成[24]
  • 18日 - 民主党の中津川博郷衆院議員が離党届を提出。

8月編集

  • 7日 - 国民の生活が第一・みんなの党をはじめとする野党7党が野田首相の問責決議案を参議院へ、内閣不信任決議案を衆議院へそれぞれ提出。
  • 8日 - 消費税増税法案の取り扱い等を巡り首相と自民党の谷垣総裁と公明党の山口代表が国会内で会談を実施。この後、自民党は独自に準備していた首相の問責決議案と内閣不信任案の提出を当面見送ることを決定した[25]
  • 9日 - 衆議院本会議にて野党が提出した内閣不信任案が否決。鳩山由紀夫は会議を欠席した[26]
  • 10日 - 午後の参議院本会議にて消費税増税関連法案が成立[27]
  • 29日 - 夜の参議院本会議で野田佳彦首相に対する問責決議案が野党の賛成多数で可決。公明党は採決を棄権した。

9月編集

常任委員長編集

脚注編集

  1. ^ 衆院、79日間の国会会期延長を議決(MSN産経、2012年6月21日、同日閲覧)
  2. ^ 「方向転換でなく実際的措置」 法制局長官の答弁復活で官房長官産経ニュース2012年1月20日
  3. ^ 6月27日から会派名が「国民新党」から「国民新党・無所属会」に変更された
  4. ^ a b 時事ドットコム、2011年12月27日閲覧
  5. ^ 時事通信、2011年12月28日閲覧
  6. ^ 時事通信、2012年1月24日
  7. ^ 時事ドットコム、2012年2月1日
  8. ^ “4次補正、衆院通過 円高対策など2兆5千億円”. 朝日新聞. (2012年2月3日). http://www.asahi.com/politics/update/0203/TKY201202030128.html 2012年2月4日閲覧。 
  9. ^ “4次補正予算成立 総額2兆5345億円”. 産経新聞. (2012年2月8日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120208/fnc12020817590012-n1.htm 2012年4月3日閲覧。 
  10. ^ “公務員給与削減法案が成立 2年間平均7・8%カット”. 産経新聞. (2012年2月29日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120229/plc12022910250003-n1.htm 2012年4月4日閲覧。 
  11. ^ “予算案が衆院通過 年度内成立は厳しい情勢”. 東京新聞. (2012年3月9日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2012030902000039.html 2012年4月3日閲覧。 
  12. ^ “北朝鮮による「人工衛星」の打ち上げ発表に抗議し強く自制を求める決議(平成24年3月23日)”. 参議院公報. (2012年3月23日). https://www.sangiin.go.jp/japanese/gianjoho/ketsugi/index.html 2012年4月3日閲覧。 
  13. ^ “平成24年度暫定予算、午後成立へ 野田首相「深く反省」”. 産経新聞. (2012年3月30日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2012030902000039.html 2012年4月3日閲覧。 
  14. ^ “暫定予算が成立=12年度税制改正法も”. 時事通信. (2012年3月30日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201203/2012033000599 2012年4月4日閲覧。 
  15. ^ “改正沖縄振興特別措置法など2法が成立”. 読売新聞. (2012年3月30日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120330-OYT1T00864.htm 2012年4月4日閲覧。 
  16. ^ “12年度予算が成立=実質歳出規模は過去最大”. 時事通信. (2012年4月5日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012040500574 2012年4月5日閲覧。 
  17. ^ 参議院で議決が行われなかった場合、予算案は翌日の4月6日自然成立していた。
  18. ^ “衆議院 - トピックス(2012年4月12日)”. 衆議院. (2012年4月12日). http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/topics/ketugi120412.html 2012年4月12日閲覧。 
  19. ^ “衆議院 - トピックス(2012年4月13日)”. 衆議院. (2012年4月13日). http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/topics/ketugi120413.html 2012年4月17日閲覧。 
  20. ^ “北朝鮮による弾道ミサイル発射に抗議する決議(平成24年4月16日)”. 参議院. (2012年4月16日). http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/topics/ketugi120413.html 2012年4月17日閲覧。 
  21. ^ “自民が国会審議を全面拒否、田中防衛相前田国交相の交代求める”. MSN産経. (2012年4月19日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120419/stt12041911130004-n1.htm 2012年4月19日閲覧。 
  22. ^ 読売online、2012年4月20日
  23. ^ “法案反対57、欠席・棄権16…民主は分裂状態”. 読売新聞. (2012年6月26日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120626-OYT1T01242.htm 2012年6月26日閲覧。 
  24. ^ “国会が10日ぶり始動、小沢氏らの席替えも”. 日本テレビ放送網. (2012年7月6日). http://news24.jp/articles/2012/07/06/04208979.html 2012年7月6日閲覧。 
  25. ^ 近く解散、3党合意 消費増税法明日成立(MSN産経、2012/8/9閲覧)
  26. ^ 内閣不信任案を否決(MSN産経、2012/8/9閲覧)
  27. ^ 参院で増税法成立(MSN産経、2012/8/10閲覧)

関連項目編集

外部リンク編集