第19代総選挙 (大韓民国)

第19代総選挙は、韓国立法府である国会を構成する議員を改選するため2012年4月11日に投票が行われた選挙で、1948年5月の初代総選挙から数えて19回目となる。韓国では、選挙回数について「第○回」ではなく「第○代」と数え、名称も「総選挙」(총선거)ではなく「総選」(총선)と表記するのが一般的である。なお、この総選挙は、韓国の公職選挙法が改正されて以降に国外に居住する韓国国民にとって在外投票が可能となった初の国政選挙である[1]

第19代総選挙
大韓民国
2008年 ←
2012年4月11日 (2012-04-11)
→ 2016年

国会300議席
投票率 54.3%
  第1党 第2党 第3党
  Park Geun-hye.jpg Han Myeong Sook 2006.png Lee junghee 20120915.jpg
党首 朴槿恵 韓明淑  李正姫 
政党 セヌリ党 民主統合党 統合進歩党
党首就任 2012年1月 2012年1月 2011年12月
党首選挙区 比例代表 比例代表 立候補辞退
前回選挙 153議席 81議席 5議席
選挙前議席 152議席 80議席 7議席
獲得議席 162議席 127議席 13議席
議席増減 -10議席 +46議席 +6議席
得票数 9,129,226 7,775,737 2,198,082
得票率 42.80% 36.45% 10.30%

  第4党 第5党
 
党首 沈大平 
政党 自由先進党 無所属
党首選挙区 世宗特別自治市
前回選挙 18議席 25議席
選挙前議席 14議席 27議席
獲得議席 5議席 3議席
議席増減 -9議席 -24議席
得票数 689,843
得票率 3.23%

LESK 2012 RESULT JP.png

第19代総選挙 地域区選挙結果

=セヌリ党・=民主統合党・=統合進歩党
=自由先進党・=無所属

第19代総選挙
National assembly member gil poster.jpg
第19代総選挙におけるセヌリ党(正面)と民主統合党(右脇)の候補者垂れ幕。なお垂れ幕の数字は候補者登録の際に割り振られた記号
各種表記
ハングル 제19대 총선
漢字 第19代總選
発音 ジェ シプク デ チョンソン
日本語読み: だい19だい そうせん
テンプレートを表示

概要編集

国会議員の任期4年が満了したことに伴い行われた選挙である。今回の総選挙は任期4年目を過ぎた李明博大統領政権運営に対する評価のみならず、12月に行われる大統領選挙の行方を占う前哨戦としての性格も併せ持っていた[2]。なお世宗特別自治市長選挙と同自治市の教育監選挙 基礎自治団体長(5地域)と広域議会議員(37選挙区37名)及び基礎議会(18選挙区19名)の再補選も同時に行われた。  

ハンナラ党から党名改称し党刷新を図る与党セヌリ党に対し、野党は「李明博政権と与党セヌリ党に対する審判」を最大争点に掲げて対決する構図となった。同時に民主統合党(以下、民主党)や統合進歩党(以下、進歩党)など進歩系野党は地域区候補者の一本化を通じた野圏連帯による与野逆転を狙った。また総選挙の結果が大統領選挙の結果を左右するとされているため、有力候補者と目される朴槿恵非常対策委員長(セヌリ党)や文在寅常任顧問(民主党)等にとっても浮沈を懸けた争いとなった[3]

2009年の公職選挙法改正で導入された在外選挙制度が初めて実施された他、TwitterFacebookなどSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用した選挙運動が法定選挙運動期間外でも可能となった[4]

注:本稿における政党の略称については、原則として中央選挙管理委員会に登録された略称を使用する[5]

日程編集

  • 2011年12月13日:予備候補[6]登録開始
  • 2012年3月22日-23日:立候補者登録。午前6時~午後6時
  • 2012年3月28日-4月2日:在外投票所投票。午前8時~午後5時
  • 2012年3月29日:選挙期間開始日
  • 2012年4月4日-5日:不在者投票
  • 2012年4月11日:投票日。午前6時~午後6時

基礎データ編集

  • 選挙事由:任期満了
  • 有権者:満19歳以上の大韓民国国民
  • 被選挙権:満25歳以上の大韓民国国民
  • 確定選挙人数:40,186,172名(国外不在者を含む)[7]  
  • 議員定数:300議席。今回の総選挙に限り前回より1名増員[8]
    • 地域区:246議席(前回比1増)
    • 比例代表:54議席
  • 投票:2票制。候補者(地域区)と政党(比例代表)へ票を投じる(記号式投票
  • 選挙制度小選挙区比例代表並立制重複立候補は禁止[9]。 
    • 地域区:小選挙区制、最多得票を得た候補が当選
    • 比例代表制:政党に投じられた得票に比例して議席配分。阻止条項あり(得票率3%未満もしくは地域区5議席未満の政党)。
  • 比例代表の配分方法:阻止条項をクリアした政党(議席割当政党)の得票を議席割当制党の合計得票で割り、算出された商の整数部分を各議席割当政党に配分。残る議席は小数点以下の商が大きい議席割当政党の順に配分[10]。 

主要政党編集

第19代総選挙に予備候補登録[11]、候補を擁立した主要政党を紹介する。なお民主党と進歩党は選挙協力(野圏連帯)で合意、世論調査方式による予備選(3月17日~18日)を通じて全羅道を除く各地域に統一候補を擁立した[12][13]

与党編集

セヌリ党 
李明博政権与党であるハンナラ党(金泳三政権与党である新韓国党民主党が統合して1997年11月発足)が2012年2月13日に党名改称して発足した政党[14]。軍事政権時代の与党勢力を受け継ぐ政党で政治的立場は中道保守。党名改称直前の2012年2月2日、未来希望連帯(親朴系政治家を主体とする政党)と統合[15]

野党編集

民主統合党
民主党(軍事政権時代の野党と金大中・盧武鉉政権における与党勢力の流れを汲む政党)と市民統合党(盧武鉉大統領に近い所謂「親盧派」の政治家と市民団体で結成した院外政党)及び韓国労働組合総連盟が合同して2011年12月16日に結成された政党[16]。政治的立場は中道進歩
自由先進党
2008年2月、李会昌(元ハンナラ党総裁で前年12月の大統領選挙に立候補)が結成した政党。政治的立場は新保守主義
統合進歩党
左派政党である民主労働党国民参与党(盧武鉉大統領の側近であった柳時敏が2010年1月に結成)及び新しい進歩統合連帯(進歩新党を離党した魯会燦沈相奵が結成した政治グループ)が統合して2011年12月5日に結成された左派政党[17]。政治的立場は左派

候補者編集

立候補者登録は3月22日と23日の二日間行われた[18]。立候補者登録が締め切られた23日午後6時現在の平均競争率は3.7倍で、前回の第18代総選挙の4.6倍には届かなかった。この理由について中央選挙管理委員会では、民主党と進歩党の候補者一本化、前回総選挙で207名を擁立した平和統一家庭党からの立候補が無かったためであるとしている[19]。候補登録の際に割り振られる記号(番号)は、国会に議席を有する政党には議席数順、議席を有さない政党はハングルのカナタ(가나다・・・)順で、無所属候補については選挙管理委員会の抽選で決定する。ただし、国会に5議席以上有する政党、直近の大統領選挙や国会議員選挙で有効投票3%以上を得た政党でかつ国会議席を有する政党の場合は統一した記号が付与される[20]。本選挙ではセヌリ党と民主統合党、自由先進党、統合進歩党、創造韓国党の五党が該当した。

党派別候補者数
党派 地域区 比例代表 備考
3月23日 4月11日
セヌリ党  230 230 44
民主統合党  210 209 38 地域区候補1名辞退
自由先進党  52 50 16 地域区候補2名辞退
統合進歩党 55 51 20 地域区候補4名辞退
創造韓国党  3 3 4
国民の考え  20 20 7
進歩新党  23 23 7
その他の政党 77 75 52 地域区候補登録無効1名・辞退1名
無所属  258 241 辞退16名、登録無効1名
928 902 188
出典:정당별 후보자수(政党別候補者数).中央選挙管理委員会歴代選挙情報データベース(2012年3月24日閲覧)。国会に議席を有していない政党の候補者数については、民主党や進歩党と選挙協力をしている進歩新党を除き「その他の政党」として合算して掲載する。地域区候補の辞退や登録無効などについては사퇴/사망/등록무효 현황(辞退/死亡/登録無効現況)を参照。

選挙結果編集

選挙の結果、与党セヌリ党(選挙時162議席)は152議席で選挙前より議席を減らしたものの単独で過半数を確保し、事実上の勝利を収めた。「李明博政権審判」をかかげた民主党(80議席)は127議席で選挙前を上回ったものの目標とする第1党奪取をすることはできず、事実上敗北した[21]。民主党と選挙協力を行った進歩党(7議席)は13議席で選挙前を大きく上回り、保守系の自由先進党(14議席)は5議席で選挙前を半分以上も下回った[22]。無所属は3議席で25名が当選した前回選挙より激減した。選挙前に議席を有していた創造韓国党(2議席)と国民の考え(1議席)は議席を失った。なお投票率は54.3%で過去最低だった前回総選挙を8.2%上回った[23]。年代別では60歳以上が68.6%で最も高く、次いで50代が62.4%、40代の52.6%と続いた。一方、20代後半の投票率は37.9%で、全世代の中で最も低くなった[24]。今回の選挙で当選した候補者の内で23人が政治資金問題などを理由に第20代総選挙時までに失職している[25]

投票率:54.3%(投票者数21,815,420名/選挙人数40,205,055名)
地域別投票率
ソウル  仁川  京畿  大田  忠北  忠南  光州  全北  全南  釜山  大邱  蔚山   慶北  慶南  江原  済州  世宗 
55.5%  51.4% 52.6% 54.3% 54.6%  52.4% 52.7% 53.6% 56.8%  54.6%   52.3% 56.1%  56.0%  57.2%  55.8%  54.5%  59.2% 
全国平均投票率54.3%を上回った地域については太字で強調した。
党派別議席数と得票
党派 地域区 比例代表 合計議席 議席増減
得票数 得票率 議席 得票数 得票率  議席
セヌリ党  9,324,911 43.3% 127 9,126,226 42.80% 25 152 ▼10
民主統合党  8,156,045 37.9% 106 7,775,737 36.45% 21 127 △47
統合進歩党  1,291,306 6.0% 7 2,198,082 10.30% 6 13 △6
自由先進党  474,001 2.2% 3 689,843 3.23% 2 5 ▼9
進歩新党 101,614 0.5% 0 242,995 1.13% 0 0 ±0
国民の考え 44,379 0.2%  0 156,222 0.73% 0 0 ▼1
創造韓国党 3,624 0.0% 0 91,875 0.43% 0 0 ▼2
その他の政党 135,339 0.5% 0 1,043,620 4.93% 0 0 ±0
無所属 2,014,777 9.4% 3 -  3 ▼24
合計 21,545,996 246 21,327,600 54 300
第19代総選挙 党派別議席数
=セヌリ党/=民主統合党/=自由先進党/=統合進歩党/=無所属
出典:선거통계 시스템(選挙統計システム)。「시・도별 정당별 득표수(지역구)」、「시・도별 정당별 득표수(비례대표)」、『제19대 국회의원선거 총람(第19代国会議員選挙総覧)』377―380頁。本表では當選者を出した政党および選挙前議席を有していた政党、進歩新党以外の党派得票については合算し「その他の政党」として掲載する。

議席数でみた場合、保守系158議席(セヌリ152+先進5+保守系無所属1)、進歩系142議席(民主127+進歩13+民主系無所属2)で、保守系が過半数議席を占めた。しかし政党別得票率では進歩系が46.75%(民主+進歩)で、46.03%(セヌリ+先進)を得た保守系を僅差で上回る結果となった[26]。新人当選者は148名、女性当選者は47名(うち比例代表28名)で過去最高だった前回選挙の42名を上回った[27]。 地域別で選挙結果を見た場合、首都圏では民主党がセヌリ党を圧倒し、進歩党も4名を当選させた。一方、慶尚道では同地域を強固な地盤としているセヌリ党が大邱市と慶尚北道で全勝した他、釜山及び慶尚南道でも圧勝、民主党は3名を当選させるに留まった。全羅道では同地域を排他的支持基盤とする民主党が優勢となったものの、進歩党も3名(2名は民主党候補に勝利、1名は民主党との統一候補)が当選した。中部の忠清道ではセヌリ党が民主党を抑え優勢となり、同地域を地盤としてきた先進党は惨敗した。江原道ではセヌリ党が全勝、済州特別自治道は民主党が全勝した[28]。なお首都圏で民主党や進歩党がセヌリ党を抑え優位になった背景として、同地域で利用者が多いSNSの存在を指摘する声もある[29]

地域別当選者数(地域区)
地域 合計 党派
セヌリ 民主 進歩 先進 無所属
合計 246 127 106 7 3 3
ソウル特別市 48 16  30  2 0 0
仁川広域市 12 6  6  0 0 0
京畿道 52 21  29  2 0 0
大田広域市 6 3  3  0 0 0
世宗特別自治市  1 0 1  0 0 0
忠清北道 8 5  3 0 0 0
忠清南道 10 4  3 0 3 0
光州広域市  8 0 6  1 0 1
全羅北道 11 0 9  1 0 1
全羅南道 11 0 10  1 0 0
釜山広域市 18 16  2 0 0 0
大邱広域市 12 12  0 0 0 0
蔚山広域市 6 6  0 0 0 0
慶尚北道 15 15  0 0 0 0
慶尚南道 16 14  1 0 0 1
江原道 9 9  0 0 0 0
済州特別自治道 3 0 3  0 0 0
地域区選挙結果地図

=セヌリ党/=民主統合党/=自由先進党/=統合進歩党/=無所属
地域別政党得票率(比例代表)
地域 党派
セヌリ 民主 進歩 先進
全国平均 42.80 36.45 10.30 3.23
ソウル特別市 42.28 38.16 10.56 2.11
仁川広域市 42.90  37.68 9.71 2.64
京畿道 42.35  37.74 11.01 2.16
大田広域市 34.31  33.70 9.04 17.90
世宗特別自治市 27.79 38.73  5.37 22.61
忠清北道 43.81  36.02 7.70 5.31
忠清南道 36.57  30.40 6.83 20.39
光州広域市 5.54 68.91  18.60 1.02
全羅北道 9.64 65.57  14.15 1.41
全羅南道 6.33 69.57  14.77 1.15
釜山広域市 51.31  31.78 8.42 1.88
大邱広域市 66.48  16.37 7.04 2.01
蔚山広域市 49.46  25.22 16.30 1.58
慶尚北道 69.02  13.42 6.22 1.43
慶尚南道 53.80  25.61 10.53 1.55
江原道 51.34   33.47 6.59 1.82
済州特別自治道 38.45 39.53  12.40 2.03
出典:選挙統計システム。各市・道で最多當選及び得票率を得た党派については各党(セヌリ党・民主党)のシンボルカラーで強調した。
   
セヌリ党(左)と民主統合党(右)の広域市・道別の比例代表選挙結果。

色が濃いほど支持が強く、セヌリ党は東部で、民主統合党は南西部で50%以上の支持を得たことを示している。

在外投票編集

今回の総選挙から韓国国外に居住する在外国民でも投票することが可能となった。対象となる選挙は比例代表選挙のみであるが、住民登録または国内居所申告をした在外国民の場合は地域区選挙においても投票ができる[30]。選挙人登録は2011年11月13日から2012年2月11日までの期間に107カ国158箇所の在外公館で行われ、在外国民と国外不在者の投票は3月28日から4月2日まで居住国の公館に設置される在外投票所で行われる予定である[31]。当初、国外不在者と在外選挙人の登録は低調で1月30日現在、対象者223万3193人のうち6万9205人(3.1%)が登録、このうち在日韓国人など在外不在者の登録は対象者91万8890人に対し1万1444人(1.25%)に留まっていた[32]。登録締切後、3月15日に確定した在外有権者数は対象となる選挙人223万人(推定)の5.5%にあたる123,571名となった[33]

  • 国外不在者
    • 対象者:住民登録者と国内居所申告をした韓国国民
    • 申告期間:選挙日150日前から60日前まで。市・郡・区で申請を行う(国外にいる場合は在外公館経由)。
    • 選挙:地域区選挙および比例代表
  • 在外選挙人
    • 対象者:住民登録または国内居所申告をしていない韓国国民
    • 申告期間:選挙日150日前から60日前まで。在外公館で申請を行う。
    • 選挙:比例代表のみ
在外有権者の内訳
区分 男性 女性 合計
国外不在者 57,728 45,907 103,635
在外選挙人 10,160 9,776 19,936
合計 67,888 55,683 123,571
出典:제19대 국회의원선거의 재외 유권자 123,571명 확정(第19代国会議員選挙の在外有権者123,571名確定).在外選挙(中央選挙管理委員会)2012年3月25日閲覧

投票は前述したとおり、3月28日から4月2日まで107カ国158箇所にある在外公館に設置された在外投票所で実施されたが、投票率は2008年総選挙の投票率(46.1%)を下回る45%程度に留まった。結果、今回の在外選挙では在外有権者(223万人)の2.48%のみが投票したことになった。地域別では欧州の57.04%が最高で、続いてアフリカ(56.79%)と中東(50.85%)、米地域(46.03%)、アジア地域(41.07%)の順となった[34]

(予想)在外選挙人数 2,233,193
登録在外選挙人数 123,571
投票者数 56,456
投票率(登録選挙人数比) 45.7%
投票率(在外選挙人数比) 2.53%
出典:제19대 국회의원선거 재외투표 마감 보도자료(第19代国会議員選挙 在外投票締め切り報道資料)。在外選挙(中央選挙管理委員会)2012年4月6日閲覧

当選議員編集

小選挙区編集

 セヌリ党   民主統合党   統合進歩党   自由先進党   無所属 

ソウル特別市 鍾路区 丁世均 中区 鄭皓駿 龍山区 陳永 城東区 崔載千
城東区 洪翼杓 広津区 金ハンギル 広津区 秋美愛 東大門区 安圭伯
東大門区 閔丙梪 中浪区 徐瑛教 中浪区 朴洪根 城北区 兪承希
城北区 申渓輪 江北区 呉泳食 江北区 劉大運 道峰区 印在謹
道峰区 柳寅泰 芦原区 李老根 芦原区 禹元植 芦原区 魯会燦
恩平区 李美卿 恩平区 李在五 西大門区 禹相虎 西大門区 鄭斗彦
麻浦区 盧雄来 麻浦区 鄭清来 陽川区 吉炡宇 陽川区 金容兌
江西区 辛基南 江西区 金聖泰 九老区 李仁栄 九老区 朴映宣
衿川区 李穆煕 永登浦区 金栄珠 永登浦区 辛京珉 銅雀区 田炳憲
銅雀区 鄭夢準 冠岳区 柳基洪 冠岳区 李相奎 瑞草区 金会渲
瑞草区 姜錫勲 江南区 沈允肇 江南区 金宗壎 松坡区 朴仁淑
松坡区 柳一鎬 松坡区 金乙東 江東区 申東雨 江東区 沈載権
仁川広域市 中区東区甕津郡 朴商銀 南区 洪日杓 南区 尹相現 延寿区 黄祐呂
南洞区 朴南春 南洞区 尹官石 富平区 文炳浩 富平区 洪永杓
桂陽区 辛鶴用 桂陽区 崔元植 西区江華郡 李鶴宰 西区江華郡 安徳寿
京畿道 水原市 李燦烈 水原市 申長容 水原市 南景弼 水原市 金振杓
城南市寿井区 金太年 城南市中院区 金美希 城南市盆唐区 李宗勲 城南市盆唐区 田夏鎮
議政府市 文喜相 議政府市 洪文鐘 安養市万安区 李鍾杰 安養市東安区 李錫玄
安養市東安区 沈在哲 富川市遠美区 金炅侠 富川市遠美区 薛勲 富川市素砂区 金相姫
富川市梧亭区 元恵栄 光明市 白在鉉 光明市 李彦周 平沢市 元裕哲
平沢市 李在暎 楊州市東豆川市 鄭成湖 安山市常緑区 全海澈 安山市常緑区 金栄煥
安山市檀園区 金明淵 安山市檀園区 夫佐炫 高陽市徳陽区 沈相奵 高陽市徳陽区 金兌原
高陽市一山東区 兪銀恵 高陽市一山西区 金賢美 義王市果川市 宋皓彰 九里市 尹昊重
南楊州市 崔宰誠 南楊州市 朴起春 烏山市 安敏錫 始興市 咸珍圭
始興市 趙正湜 軍浦市 李学永 河南市 李賢在 龍仁市 李愚鉉
龍仁市 金敏基 龍仁市 韓善教 坡州市 尹厚徳 坡州市 黄震夏
利川市 柳勝優 安城市 金学容 金浦市 劉正福 華城市 高羲善
華城市 李元旭 広州市 盧喆来 抱川市漣川郡 金栄宇 驪州郡楊平郡加平郡 鄭柄国
江原道 春川市 金鎮台 原州市 金起善 原州市 李康厚 江陵市 権性東
東海市三陟市 李利在 束草市高城郡襄陽郡 鄭文憲 洪川郡横城郡 黄永哲 太白市寧越郡平昌郡旌善郡 廉東烈
鉄原郡華川郡楊口郡麟蹄郡 韓起鎬
忠清北道 清州市上党区 鄭宇沢 清州市興徳区 呉済世 清州市興徳区 盧英敏 忠州市 尹鎮植
堤川市丹陽郡 宋光浩 清原郡 卞在一 報恩郡沃川郡永同郡 朴徳欽 曽坪郡鎮川郡槐山郡陰城郡 慶大秀
大田広域市 東区 李荘雨 中区 姜昌煕 西区 朴炳錫 西区 朴範界
儒城区 李相珉 大徳区 朴城孝
世宗特別自治市 全市 李海瓚
忠清南道 天安市 梁承晁 天安市 朴完柱 公州市 朴洙賢 保寧市舒川郡 金泰欽
牙山市 李明洙 瑞山市泰安郡 成完鍾 論山市鶏龍市錦山郡 李仁済 扶余郡青陽郡 金近泰
唐津市 金東完 洪城郡礼山郡 洪文杓
全羅北道 全州市完山区 金潤徳 全州市完山区 李相稷 全州市徳津区 金成柱 群山市 金寛永
益山市 李春錫 益山市 全正姫 井邑市 柳成葉 南原市淳昌郡 姜東遠
金堤市完州郡 崔圭成 鎮安郡茂朱郡長水郡任実郡 朴敏秀 高敞郡扶安郡 金椿鎮
光州広域市 東区 朴柱宣 西区 朴恵子 西区 呉秉潤 南区 張秉浣
北区 姜琪正 北区 林来玄 光山区 金東喆 光山区 李庸燮
全羅南道 木浦市 朴智元 麗水市 金星坤 麗水市 朱昇鎔 順天市谷城郡 金先東
羅州市和順郡 裴奇雲 光陽市求礼郡 禹潤根 潭陽郡咸平郡霊光郡長城郡 李洛淵 高興郡宝城郡 金承南
長興郡康津郡霊岩郡 黄柱洪 海南郡莞島郡珍島郡 金瑛録 務安郡新安郡 李潤錫
大邱広域市 中区南区 金煕国 東区 柳性杰 東区 劉承旼 西区 金相勲
北区 権恩嬉 北区 徐相箕 寿城区 李漢久 寿城区 朱豪英
達西区 洪志晩 達西区 尹在玉 達西区 趙源震 達城郡 李鐘鎮
慶尚北道 浦項市北区 李秉錫 浦項市南区鬱陵郡 金亨泰 慶州市 鄭寿星 金泉市 李喆雨
安東市 金光琳 亀尾市 沈学鳳 亀尾市 金泰煥 栄州市 張倫碩
永川市 鄭煕秀 尚州市 金鍾泰 聞慶市醴泉郡 李翰成 慶山市清道郡 崔炅煥
高霊郡星州郡漆谷郡 李完永 軍威郡義城郡青松郡 金在原 英陽郡盈徳郡奉化郡蔚珍郡 姜碩鎬
釜山広域市 中区東区 鄭義和 西区 兪奇濬 影島区 李在均 釜山鎮区 羅城麟
釜山鎮区 李憲昇 東莱区 李珍福 南区 金正薫 南区 徐瑢教
北区江西区 朴敏植 北区江西区 金度邑 海雲台区機張郡 徐秉洙 海雲台区機張郡 河泰慶
沙下区 文大成 沙下区 趙慶泰 金井区 金世淵 蓮堤区 金姫廷
水営区 柳在仲 沙上区 文在寅
蔚山広域市 中区 鄭甲潤 南区 李埰益 南区 金起炫 東区 安孝大
北区 朴大東 蔚州郡 姜吉夫
慶尚南道 昌原市義昌区 朴成浩 昌原市城山区 姜起潤 昌原市馬山合浦区 李柱栄 昌原市馬山会原区 安鴻俊
昌原市鎮海区 金盛賛 晋州市 朴大出 晋州市 金在庚 統営市固城郡 李君賢
泗川市南海郡河東郡 余尚奎 金海市 閔洪喆 金海市 金台鎬 密陽市昌寧郡 曹海珍
巨済市 金漢杓 梁山市 尹永碩 宜寧郡咸安郡陜川郡 趙顕龍 山清郡咸陽郡居昌郡 慎聖範
済州特別自治道 済州市 姜昌一 済州市 金宇南 西帰浦市 金才允

補欠選挙編集

日付 選挙区 当選者 当選政党 欠員 欠員政党 欠員事由
2013 4.24 ソウル芦原区 安哲秀 無所属 魯会燦 進歩正義党 通信秘密保護法違反により議員職喪失
釜山影島区 金武星 セヌリ党 李在均 セヌリ党 選挙事務長の公職選挙法違反により当選無効
忠清南道扶余郡青陽郡 李完九 セヌリ党 金近泰 セヌリ党 公職選挙法違反により当選無効
10.30 慶尚北道浦項市南区鬱陵郡 朴明在 セヌリ党 金亨泰 無所属 当選無効
京畿道華城市 徐清源 セヌリ党 高羲善 セヌリ党 死去
2014 7.30 ソウル銅雀区 羅卿瑗 セヌリ党 鄭夢準 セヌリ党 ソウル特別市長選へ出馬
釜山海雲台区機張郡 裴徳光 セヌリ党 徐秉洙 セヌリ党 釜山広域市長選へ出馬
光州光山区 権垠希 新政治民主連合 李庸燮 無所属 光州広域市長選へ出馬
大田大徳区 鄭容起 セヌリ党 朴城孝 セヌリ党 大田広域市長選へ出馬
蔚山南区 朴孟雨 セヌリ党 金起炫 セヌリ党 蔚山広域市長選へ出馬
京畿道水原市 鄭美京 セヌリ党 申長容 新政治民主連合 公職選挙法違反により当選無効
京畿道水原市 金勇男 セヌリ党 南景弼 セヌリ党 京畿道知事選へ出馬
京畿道水原市 朴洸瑥 新政治民主連合 金振杓 新政治民主連合 京畿道知事選へ出馬
京畿道平沢市 兪義東 セヌリ党 李在暎 セヌリ党 公職選挙法違反及び業務上横領により当選無効
京畿道金浦市 洪哲鎬 セヌリ党 劉正福 セヌリ党 仁川広域市長選へ出馬
忠清北道忠州市 李鍾培 セヌリ党 尹鎮植 セヌリ党 忠清北道知事選へ出馬
忠清南道瑞山市泰安郡 金済植 セヌリ党 成完鍾 セヌリ党 公職選挙法違反により当選無効
全羅南道順天市谷城郡 李貞鉉 セヌリ党 金先東 統合進歩党 銃砲・刀剣・火薬類等団束法違反により議員職喪失
全羅南道羅州市和順郡 辛正勲 新政治民主連合 裴奇雲 新政治民主連合 公職選挙法違反により当選無効
全羅南道潭陽郡咸平郡霊光郡長城郡 李介昊 新政治民主連合 李洛淵 新政治民主連合 全羅南道知事選へ出馬
2015 4.29 ソウル冠岳区 呉晨煥 セヌリ党 李相奎 統合進歩党 統合進歩党解散判決により議員職喪失
仁川西区江華郡 安相洙 セヌリ党 安徳寿 セヌリ党 公職選挙法違反により当選無効
光州西区 千正培 無所属 呉秉潤 統合進歩党 統合進歩党解散判決により議員職喪失
京畿道城南市中院区 申相珍 セヌリ党 金美希 統合進歩党 統合進歩党解散判決により議員職喪失

比例区編集

セヌリ党 閔丙珠 金正録 尹明煕 趙明哲 姜恩姫 朱永順 申宜真 李相逸 李エリサ 李万雨 朴槿恵 安鍾範 金賢淑 金長実 李ジャスミン 崔奉弘 柳知姈 宋泳勤 閔炫株 朴昌植 孫仁春 金相珉 玄永姫 李宰栄 辛瓊林
民主統合党 全順玉 崔東益 殷秀美 洪鍾学 陳善美 金容益 裴在禎 白君基 南仁順 金光珍 韓貞愛 金基俊 張ハナ 金起式 韓明淑 都鐘煥 金玄 陳声準 崔敏姫 洪宜洛 林秀卿
統合進歩党 尹今順 李石基 金在妍 鄭鎮珝 金霽南 朴元錫
自由先進党 文静林 金栄珠

繰上当選編集

日付 当選者 名簿政党名 欠員 欠員事由
2012 7.9 徐基鎬 統合進歩党 尹今順 統合進歩党不正選挙事件により辞職
12.10 李雲龍 セヌリ党 朴槿恵 大統領選へ出馬
2013 12.12 黄仁子 自由先進党 金栄珠 公職選挙法違反の嫌疑により当選無効
2014 1.16 朴允玉 セヌリ党 玄永姫 公職選挙法・政治資金法違反により当選無効
6.16 楊昶栄 セヌリ党 安鍾範 青瓦台経済首席に指名
2015 8.4 張廷銀 セヌリ党 金賢淑 青瓦台雇用福祉首席に指名
8.20 申文植 新政治民主連合 韓明淑 政治資金法違反の嫌疑により当選無効
2016 1.19 鄭潤淑 セヌリ党 姜恩姫 女性家族部長官に指名

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ http://www.ndl.go.jp/jp/diet/publication/legis/23901/02390108.pdf
  2. ^ [1]第19代国会議員総選挙と地域主義 - 早稲田大学リポジトリ、森康郎
  3. ^ “여야 공천 마무리 수순..총선 체제 돌입(与野公薦仕上げ手順..総選体制突入)”. 聯合ニュース(本国版). (2012年3月11日). http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2012/03/10/0200000000AKR20120310058800001.HTML 2012年3月14日閲覧。 
  4. ^ 海外立法情報課・藤原夏人【韓国】 選挙をめぐる最近の動向―SNS、在外選挙、選挙区画定―『外国の立法』No.251-1(2012年4月:月刊版)国立国会図書館
  5. ^ 중앙당 현황(中央党現況)。中央選挙管理委員会
  6. ^ 新人立候補予定者による選挙公示前の選挙運動を一定の範囲内に限って可能とする制度。詳細は韓国の選挙#予備候補を参照
  7. ^ 선거인명부 확정상황(選挙人名簿 確定状況)。中央選挙管理委員会選挙統計システム
  8. ^ “`국회의원 299명→300명 증원' 본회의 통과(‘国会議員299名→300名増員’本会議通過)”. 聯合ニュース. (2012年2月27日). http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2012/02/27/0502000000AKR20120227149700001.HTML?template=2087 2012年2月28日閲覧。 
  9. ^ 重複立候補制度導入でハンナラ党と民主党は合意したが、最終的に見送られた“정개특위 선거개혁, 결국 말잔치로 끝났다(政改特委 選挙改革、結局トークショーで終わった)”. 東亜日報(本国版). (2012年2月8日). http://news.donga.com/Politics/New/3/00/20120208/43867107/1 2012年2月28日閲覧。 
  10. ^ 당선인 결정(当選人決定)。東亜日報第19代総選特集
  11. ^ 정당별 예비후보자수(政党別 予備候補者数)。歴代選挙情報システム
  12. ^ “野党圏連帯 劇的妥結…75ヶ所で競選へ”. ハンギョレ(日本語版). (2012年3月10日). http://japan.hani.co.kr/arti/politics/10839.html 2013年2月26日閲覧。 
  13. ^ “韓国:野党圏単一化、李正姫勝利、趙承洙脱落”. レイバーネット(原文チャムセサン). http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2012/1332171653841Staff/newsitem_view 2012年3月19日閲覧。 
  14. ^ “새누리, 당명ㆍ정강정책 확정..`박근혜당' 완성(セヌリ、党名・政綱政策確定。。‘朴槿恵党’完成)”. 聯合ニュース(本国版). (2012年2月13日). http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2012/02/13/0502000000AKR20120213142900001.HTML 2012年2月14日閲覧。 
  15. ^ “与野党 選挙に向けた動きを本格化”. KBSワールドラジオ. (2012年2月2日). http://rki.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=42410&id=Po&page=5 2012年2月14日閲覧。 
  16. ^ “野党が統合「民主統合党」が発足”. KBSワールドラジオ. (2011年12月16日). http://rki.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=41811 2012年2月14日閲覧。 
  17. ^ “党合併を公式決定 進歩系3党”. KBSワールドラジオ. (2011年12月5日). http://rki.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=41656 2012年2月14日閲覧。 
  18. ^ “総選挙の候補登録22-23日 選挙運動は29日から”. ワールドラジオ. (2012年3月22日). http://rki.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=43014 2012年3月23日閲覧。 
  19. ^ “4ㆍ11총선 후보등록 마감..900여명 신청(4・11総選候補登録締め切る。。900余名申請)”. 聯合ニュース(本国版). (2012年3月23日). http://www.yonhapnews.co.kr/chongsun/2012/03/23/4701190000AKR20120323108700001.HTML 2012年3月23日閲覧。 
  20. ^ 후보자 등록(候補者登録)。東亜日報第19代総選特集。
  21. ^ “与党セヌリ党 単独過半数で第一党維持”. KBSワールドラジオ. (2012年4月12日). http://rki.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=43275&id=Po&page=2 2012年4月13日閲覧。 
  22. ^ “統合進歩党は第3党 自由先進党は存廃の岐路”. KBSワールドラジオ. (2012年4月12日). http://rki.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=43287&id=Po&page=1 2012年4月13日閲覧。 
  23. ^ “暫定投票率 前回より高い54.3%”. KBSワールドラジオ. (2012年4月11日). http://rki.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=43273&id=Po&page=2 2012年4月13日閲覧。 
  24. ^ “4月の総選挙 60歳以上の投票率が最”. KBSワールドラジオ. (2012年6月20日). http://rki.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=44124 2012年6月20日閲覧。 
  25. ^ [2]「韓国の国会議員候補者の半数超に問題アリ、前科者も250人=韓国ネット「ため息しか出ない」「真面目に生きるとつらいだけの国」」
  26. ^ “保守系が過半数議席確保 常任委員会は別問題”. KBSワールドラジオ. (2012年4月13日). http://rki.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=43311&id=Po&page=1 2012年4月13日閲覧。 
  27. ^ “女性議員19人、新人148人、現役議員交代率62%”. KBSワールドラジオ. (2012年4月13日). http://rki.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=43313&id=Po&page=1 2012年4月13日閲覧。 
  28. ^ “総選挙:セヌリ党、忠清道・江原道で躍進”. 朝鮮日報(日本語版). (2012年4月12日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/04/12/2012041200971.html 2012年4月13日閲覧。 
  29. ^ “総選挙:首都圏で野党優勢、背景にSNS”. 朝鮮日報. (2012年4月13日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/04/13/2012041301317.html 2012年4月13日閲覧。 
  30. ^ 재외선거안내(在外選挙案内)。中央選挙管理委員会選挙情報(2012年1月1日閲覧)
  31. ^ “4月総選挙で初の在外投票 13日から選挙人登録”. 聯合ニュース. (2011年11月11日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/11/11/0200000000AJP20111111000800882.HTML 2012年1月1日閲覧。 
  32. ^ “4月の総選挙 在外選挙人の登録率1%台=韓国”. 聯合ニュース. (2012年1月30日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2012/01/30/0200000000AJP20120130003200882.HTML 2012年1月30日閲覧。 
  33. ^ “재외국민선거인 등록 12만3천명..참가율 5.5%(在外国民選挙人登録12万3千名。。参加率5.5%)”. 聯合ニュース(本国版). (2012年3月13日). http://app.yonhapnews.co.kr/YNA/Basic/article/new_search/YIBW_showSearchArticle_New.aspx?searchpart=article&searchtext=%ec%9e%ac%ec%99%b8%ec%84%a0%ea%b1%b0&contents_id=AKR20120313168600001 2012年3月25日閲覧。 
  34. ^ “総選挙の在外国民投票 投票率は45%どまり=韓国”. 聯合ニュース. (2012年4月3日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/special/2012/04/03/5004000000AJP20120403002100882.HTML 2012年4月6日閲覧。 

参考文献編集

関連項目編集