第19回ベルリン国際映画祭

第19回ベルリン国際映画祭は1969年6月25日から7月6日まで開催された。

目次

概要編集

1969年のベルリン国際映画祭では金熊賞に1968年に起きたプラハの春を題材にしたユーゴスラヴィア映画『Rani Radovi』が選ばれた。また俳優に対する賞などはなく、5本の作品に銀熊賞が授与された。

受賞編集

上映作品編集

コンペティション部門編集

長編映画のみ記載。アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。
題名
原題
監督 製作国
愛のふれあい
A Touch of Love
ワリス・フセイン   イギリス
愛奴 羽仁進   日本
愛と怒り
Amore e rabbia
カルロ・リッツァーニ
ベルナルド・ベルトルッチ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン=リュック・ゴダール
マルコ・ベロッキオ
  イタリア  フランス
Balladen om Carl-Henning
(Ballad of Carl-Henning)
リーネ・グロンリュッケ
スヴェン・グロンリュッケ
  デンマーク
Brasil año 2000
(Brazil Year 2000)
ヴァウテル・リマ・ジュニオル   ブラジル
Erotissimo ジェラール・ピレス   フランス  イタリア
グッピーとバグハの冒険
Goopy Gyne Bagha Byne
サタジット・レイ   インド
ロバート・デ・ニーロのブルーマンハッタン/BLUE MANHATTAN II・黄昏のニューヨーク
Greetings
ブライアン・デ・パルマ   アメリカ合衆国
Ich bin ein Elefant, Madame
(I'm an Elephant, Madame)
ペーター・ツァデック   西ドイツ
Klabautermannen
(We Are All Demons)
ヘニング・カールセン   デンマーク  スウェーデン  ノルウェー
La Madriguera
(Honeycomb)
カルロス・サウラ   スペイン
La Sua giornata di gloria
(Glory Day)
エドゥアルド・ブルーノ   イタリア
たのしい知識
Le gai savoir
ジャン=リュック・ゴダール   フランス  西ドイツ
愛は死より冷たい
Liebe ist kälter als der Tod
ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー   西ドイツ
Made in Sweden ヨハン・ベルゲンストラール   スウェーデン
真夜中のカーボーイ
Midnight Cowboy
ジョン・シュレシンジャー   アメリカ合衆国
最初の仕事
Rani radovi
ジェリミール・ジルニク   ユーゴスラビア
不思議な世界・未来戦争の恐怖
The Bed Sitting Room
リチャード・レスター   イギリス
濡れてる牝猫
Three Into Two Won't Go
ピーター・ホール   イギリス
Tiro de gracia
(Coup de Grace)
Ricardo Becher   アルゼンチン
怪奇な恋の物語
Un tranquillo posto di campagna
エリオ・ペトリ   イタリア

審査員編集

  • ヨハネス・シャーフ (西ドイツ/監督)
  • Agnesa Kalinová (ポーランド/)
  • 小林正樹 (日本/監督)
  • ウルリッヒ・グレゴール (西ドイツ/監督)
  • ホセ・P・ドミニアーニ (アルゼンチン/脚本家)
  • フランソワ・シャレエ (ベルギー/脚本家)
  • ジョン・ラッセル・テイラー (イギリス/脚本家)
  • ジョヴァンニ・グラッツィーニ (イタリア/作家)
  • アーチー・ウィンステン (アメリカ/作家)

外部リンク編集