メインメニューを開く

第2回日本フットボールリーグ

日本フットボールリーグ(JFL) > 第2回日本フットボールリーグ

第2回日本フットボールリーグは、2000年4月16日から同11月12日にかけて行われた。横浜FCが2年連続2度目の優勝を果たした。ジャパンフットボールリーグを含めて、JFL移行後、同一クラブの連覇は初だった。

第2回日本フットボールリーグ
シーズン 2000
優勝 横浜FC
昇格 横浜FC
試合数 132
ゴール数 468 (1試合平均3.55)
得点王 有馬賢二(24得点)
1999
2001

参加クラブ編集

第2回JFLの参加クラブは以下の通り。

このうちアローズ北陸、栃木SCが前シーズンの全国地域リーグ決勝大会からの昇格クラブであった。また、全国社会人サッカー連盟推薦でFC KYOKENが、全日本大学サッカー連盟推薦で静岡産業大学が新たに参加となった。横浜FCは前年度JFL準会員だったが優勝によりこの年から正会員としての参加になる。なお、FC KYOKENは前シーズンの全国地域リーグ決勝大会の予選リーグで敗退するも推薦という形での参加となったため、このシーズンは「準会員」とでの参加となった。

呼称 正式名称 備考
横浜FC 横浜FC
本田技研 本田技研工業株式会社サッカー部
デンソー デンソーサッカー部
ソニー仙台FC ソニー仙台フットボールクラブ
大塚製薬 大塚製薬サッカー部
ジヤトコ・TT ジヤトコ・トランステクノロジーサッカー部 名称変更(ジャトコ)
横河FC 横河電機サッカー部
国士舘大学 国士舘大学サッカー部
アローズ北陸 北陸電力サッカー部アローズ北陸 昇格(自動昇格)
栃木SC 栃木サッカークラブ 昇格(自動昇格)
FC KYOKEN フットボールクラブKYOKEN 推薦(全国社会人サッカー連盟)、JFL準会員
静岡産業大学 静岡産業大学サッカー部 推薦(全日本大学サッカー連盟)

レギュレーション編集

リーグ・試合形式編集

  • 年間2回総当り(チーム増のため3回総当りから減少)、1チーム22試合(全132試合)を行い、勝ち点により順位を決定。全22節を11節ごとに前期・後期に分け、それぞれの順位によって後述の強化費の支給及び天皇杯の出場権が与えられた。
  • 試合は前後半90分で決着がつかなければVゴール方式の延長戦を行い、それでも決着がつかなければ引き分けとなる。90分終了時点での勝利には勝ち点3、延長勝ちには勝ち点2、引き分けには勝ち点1、敗北には勝ち点0が与えられた。
  • Jリーグ加盟の成績面の条件は年間順位2位以上。その上でJリーグ臨時理事会の承認を得られれば次年度からJ2に入会することができる。
  • 地域リーグへの降格に関する規定はなし。

天皇杯への出場枠編集

前期終了時の上位3チームに第80回天皇杯の出場権が与えられた(昨年度と違い、大学チームである国士舘大学と静岡産業大学を含む)。

強化費編集

各ステージごとの上位チームに以下の強化費が支払われた。

  • 1位-200万円
  • 2位-150万円
  • 3位-100万円
  • 4位-80万円
  • 5位-50万円
  • 6位-30万円

年間順位編集

順位 クラブ 勝点 得点 失点 備考
1 横浜FC 61 20 2 0 66 24 +42 [1]
2 本田技研 49 17 0 5 51 29 +22 [1]
3 デンソー 44 16 1 5 43 23 +20 [1]
4 大塚製薬 40 14 0 8 57 37 +20
5 ソニー仙台FC 37 13 0 9 51 37 +14
6 ジヤトコ・TT 28 9 1 12 42 44 -2
7 国士舘大学 28 10 1 11 45 48 -3
8 アローズ北陸 22 8 0 14 26 49 -23
9 FC KYOKEN 19 7 1 14 20 38 -18
10 静岡産業大学 16 5 2 15 25 50 -25
11 栃木SC 14 5 1 16 21 48 -27
12 横河FC 9 2 3 17 21 41 -20
  1. ^ a b c 天皇杯出場権獲得

備考

Jリーグ参入ライン

個人記録編集

得点ランキング編集

選手名 得点 所属
1   有馬賢二 24 横浜FC
2   田端秀規 19 ソニー仙台FC
3   林威宏 16 大塚製薬
4   島田周輔 15 大塚製薬
5   古橋達弥 14 本田技研

個人表彰&ベスト11編集

Pos 選手名 所属
GK   水原大樹 横浜FC
DF   眞中幹夫
DF   高田昌明
DF   吉澤英生 本田技研
MF   安間貴義
MF   古橋達弥
MF   徳重隆明 デンソー
MF・敢闘賞   後藤義一 横浜FC
MF   横山博敏
FW・得点王・MVP   有馬賢二
FW   田端秀規 ソニー仙台
新人王   島田周輔 大塚製薬
敢闘賞   近藤健 FC KYOKEN

入れ替え編集

JFL→J2編集

Jリーグ臨時理事会で1位の横浜FCのJリーグ加盟が全会一致で正式に承認された。

地域リーグ→JFL編集

全国地域リーグ決勝大会の結果、1位の佐川急便SC(佐川急便東京サッカー部)と2位のYKKサッカー部が自動昇格を果たした。

また3位のNTT西日本熊本FCと4位のSC鳥取、予選リーグ敗退ながら昇格の申請を行っていた愛媛FCが全国社会人サッカー連盟推薦でのJFL昇格が決定した。

関連項目編集

外部リンク編集