メインメニューを開く

第2外人落下傘連隊(だいにがいじんらっかさんれんたい、2e régiment étranger de parachutistes:2e REP)は、オート=コルス県カルヴィに駐屯する、第11落下傘旅団隷下のフランス陸軍空挺連隊である。書籍によっては、第2外人パラシュート連隊或いは第2外人空挺連隊とも表記される。

第2外人落下傘連隊
2rep.jpg
第2外人落下傘連隊章
創設 1948年11月9日
所属政体 フランスの旗 フランス
所属組織 フランス陸軍
部隊編制単位 連隊
兵科 外人部隊
兵種/任務/特性 空挺歩兵
人員 約1,200名
所在地 オート=コルス県
カルヴィ
標語 More Majorum
(先人のように)
上級単位 第11落下傘旅団
主な戦歴 第一次インドシナ戦争
(ディエンビエンフーの戦い)
アルジェリア戦争
レバノン内戦
湾岸戦争
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争
コソボ紛争
不朽の自由作戦
マリ北部紛争
テンプレートを表示

兵種は歩兵、伝統的区分は外人部隊である。

概要編集

第2外人落下傘連隊は、フランス外人部隊で唯一の空挺部隊である。外人部隊の中では精鋭中の精鋭として位置づけをされている。連隊内に編成されている潜入情報行動コマンドーグループ(GCP)という少数の特殊部隊が存在する。隊員全員が空挺技術とヘリボーン技術を有しており、市街地戦、山岳・寒冷地戦、潜水、上陸戦、爆破狙撃等、砂漠戦、それぞれの専門分野を持つ戦闘中隊と業務、連隊本部付中隊など含め、合計9個中隊で構成される。第6中隊は予備役部隊として常設部隊ではない。

歴史編集

1948年7月から1949年11月に掛けて、第一次インドシナ戦争で奇襲部隊を提供するために、3個の落下傘大隊が編制された。しかし、現地ゲリラとの戦いで、第1落下傘大隊(1er BEP)は全滅するなど、大きな損害を受けた(1er BEPは1950年に再編制された)。その後、第1落下傘大隊と第2落下傘大隊は、1954年第一次インドシナ戦争ディエンビエンフーの戦いに参加し、1953年11月20日、空挺降下でディエンビエンフー(現ベトナム北部)に潜入、占領した。この作戦に参加した約15000名のフランス兵のうち、10分の1の約1500名が外人部隊の隊員であった。その後、ベトミンの猛攻撃で大きな損害を被ったフランス軍守備部隊は、1954年5月7日に降伏する。

インドネシア戦争の後、第1、第2の落下傘大隊は再編制され、連隊規模に増強される。両連隊は、1955年アルジェリアに派遣された(アルジェリア戦争)。1961年4月に第1連隊は、シャルル・ド・ゴール大統領の退陣を狙った将軍達の反乱に参加する。この反乱はすぐに鎮圧され、第1落下傘連隊は咎を受け解隊された。

第2外人落下傘連隊は1961年に大幅な再編成をうける。1962年12月10日、連隊は外人部隊総監ルフォール将軍(以前に連隊長に上番していた)から近代化構想を下達され、各中隊に専門特技を付与し即応部隊に生まれ変わるべく、カイヤール中佐の指揮の下で軽介入師団に編入、その後に第11落下傘師団(現在は第11落下傘旅団)の隷下となる。1970年代には、チャドにおける対ゲリラ戦を実行し、1976年にはジブチソマリア国境でのハイジャックされたバスから28人の子供を救出する作戦へ参加し、1978年コンゴで分離主義者の反乱軍から、約2000名の欧州人を救出する作戦にも従事した。現在も、世界各地で平和維持活動などに努めている。 2010年1月から7月までアフガニスタン北東部ウズビン地区及びカピサ州においてISAF(国際治安支援部隊)のフランス陸軍タスクフォースALTORとしてタリバン掃討作戦に参加。米軍特殊部隊や仏軍特殊部隊、ルーマニア軍特殊部隊による強襲作戦のための作戦地域の包囲、安全化などの支援任務などにも参加 。6か月の派遣期間中、大隊で合計すると100回以上の戦闘となった。2011年にはコートジボワール大統領選挙後の混乱に対して、ガボンに派遣されていた第4中隊が緊急展開し、激しい市街地戦となった。また7月には第2中隊が2回目のアフガニスタン派遣となり、カピサ州の作戦において激しい市街地戦を展開し、多くの死傷者を出した。その結果、すべての作戦を中断し、予定より早く派遣を打ち切り撤退となった。2012年には連隊本部付中隊(CCL)を中核とした将校及び下士官十数名がOMLT(軍事訓練教官チーム)としてアフガニスタン東北部カピサ州にANA(アフガン国軍)の訓練教官要員として派遣された。

沿革編集

最新の部隊編成編集

 
部隊ごとの記章
  • 連隊本部付中隊(CCL)
  • 業務中隊(CAS)
  • 偵察戦闘支援中隊(CEA)- 偵察小隊、対戦車小隊、狙撃小隊、空挺コマンド小隊(GCP)
  • 第1中隊 - 市街戦
  • 第2中隊 - 山岳戦
  • 第3中隊 - 潜水舟艇上陸戦
  • 第4中隊 - 狙撃及び爆破破壊
  • 第5中隊 - 砂漠戦
  • 第6中隊- 予備役


第2外人落下傘連隊は、連隊本部、4個の戦闘歩兵中隊(第1中隊、第2中隊、第3中隊、第4中隊)と第5中隊、第6中隊(予備役)、偵察戦闘支援中隊、連隊本部付中隊、業務中隊で編制される。4個の戦闘歩兵中隊には、それぞれの専門分野があり、市街戦は第1中隊が担当する。山岳戦極地戦は第2中隊の役目で、第3中隊は海からの上陸戦を行う。破壊工作や狙撃などは第4中隊が担当する。偵察戦闘支援中隊は偵察、対戦車、長距離大口径狙撃、空挺コマンド部隊(GCP)で基本的に連隊の先遣部隊として少数で敵地に先行し潜入し、偵察、監視が主要任務となる。空挺コマンド小隊は連隊長直轄となり特殊作戦や目標発見や極秘任務などに投入される。

定員編集

  • 連隊の人員構成は落下傘整備や技術部などに配属されている外人部隊に所属しないフランス正規軍兵士(女性兵士も数名)を含めて約1,200名からなる。

訓練課程編集

 
降下訓練中の2Rep
 
1978年、ザイール(現在のコンゴ民主共和国)のコルヴェジにて迫撃砲を発射する第2外人落下傘連隊の兵士

隊員は全員、外人部隊の基礎訓練課程修了後、第2外人落下傘連隊の空挺教育隊にて約3週間の基本降下課程を受け、最低6回の降下を行う。初降下は非武装単独降下、2回目は非武装の連続降下で空中で予備傘を実際に開傘させる、4回目以降から武装降下となる。教育終了後、空挺記章授与式があり、その後各中隊に配属される。各中隊に配属されると歩兵科軽火器課程を修了し、各中隊ごとの中隊専門教育を受け、そして戦闘専門課程(選抜射手課程、ミラン対戦車ミサイル課程、81mm迫撃砲課程など)と戦闘以外の専門技能(医療衛生、車両整備、通信など)の教育課程を受け、さらにジブチやガボン、ニューカレドニアなどの海外派遣を通じて砂漠戦やジャングル戦の3週間のコマンドー課程を受ける事が出来る。

主要装備編集

関連項目編集