第2期順位戦は、1948年度(1947年5月 - 1948年2月)の順位戦である。順位戦は将棋タイトル戦の一つである名人戦の予選にあたる棋戦である。ここでは第7期名人戦についてもあわせて記述する。

第2期順位戦
開催期間 1947年5月 - 1948年2月
前名人 塚田正夫(初)
第7期名人 塚田正夫(通算2期目)
△昇級△
次期A 大山康晴/丸田祐三/北楯修哉/
松田辰雄
次期B 松浦卓造/原田泰夫/京須行男/
五十嵐豊一/山川次彦/金高清吉/
佐瀬勇次/板谷四郎/中井捨吉
▼降級▼
次期B 村上真一
順位戦
第1期第3期 >
テンプレートを表示

第7期名人戦編集

開催:1948年4月 - 1948年6月

対局者 第1局 第2局 第3局 第4局 第5局 第6局 第7局
塚田正夫名人 千○ 名人位防衛
大山康晴七段 千●

千:千日手

ルールの改定編集

  • A級B級の人員に定員を設ける。A級を10名、B級を20名。
  • A級は総当たりで先手、後手2局ずつ対局。
  • B級C級は各12局。
  • C級を二分し、上位20名を1組、下位を2組に振り分け。ただし、3期まではC級2組からの昇級はC級1組ではなくB級となり現在の仕組みとは異なる。
  • 名人挑戦者は、A級の上位3名とB級1位の4名で挑戦者決定戦を行う。

順位戦結果編集

  •    :名人挑戦者決定戦進出・次期昇級    :次期C級2組に振り分け
  • C級を東西2組に分けているが、東組西組に上下はないものとする。

名人挑戦者決定戦編集

1回戦 準決勝 決勝
 大山康晴(B級1位)
(不戦勝)
 大山康晴(B級1位) 〇●〇
 花田長太郎(A級3位)
(不戦敗)[1]
 大山康晴(B級1位) 〇●〇
 大野源一(A級2位) ●〇●
 升田幸三(A級1位) ●〇●

B級1位の大山七段がトーナメントを勝ち上がり名人挑戦を決めた。順位戦の歴史で唯一B級からの挑戦者となった。

A級編集

名人挑戦者決定戦進出3名、降級1名

順位 棋士名 段位 年齢 前期成績(順位) 備考
1 木村義雄 前名人 43 前名人 7 7
2 大野源一 八段 36 10-3(2) 9 5 決定戦進出
3 萩原淳 八段 43 10-3(3) 3 10
4 土居市太郎 八段 60 8-5(4) 8 6
4 加藤治郎 八段 37 8-5(4) 7 7
6 坂口允彦 八段 39 7-6(6) 0 0 休場[2]
7 升田幸三 八段 30 12-2(B 1) 12 2 決定戦進出
8 花田長太郎 八段 50 6-7(7) 9 5 決定戦進出
補欠9 村上真一 八段 50 6-7(8) 0 13 [2]降級

B級編集

名人挑戦者決定戦進出1名、昇級4名

順位 棋士名 段位 年齢 前期成績(順位) 備考
2 渡辺東一 八段 42 6-7(A 9) 4 8
3 大山康晴 七段 25 11-3(2) 11 1 決定戦進出、昇級
4 小泉雅信 八段 47 5-7(A 10) 5 6
5 高島一岐代 七段 31 10-4(3) 6 6
6 小堀清一 七段 36 10-5(4) 6 6
7 梶一郎 八段 35 4-9(A 11) 5 7
9 斎藤銀次郎 八段 43 3-9(A 13) 0 11
10 金子金五郎 八段 46 3-10(A 14) 4 8
11 松田辰雄 七段 31 8-7(5) 8 4 昇級
11 長谷川清二郎 七段 - 8-7(5) 5 7 次期以降休場、のち退会
11 松田茂行 七段 26 8-7(5) 7 5
11 北楯修哉 七段 35 8-7(5) 9 3 昇級
15 大和久彪 七段 34 7-7(9) 4 8
16 丸田祐三 七段 29 12-2(C 1) 10 2 昇級
張出17 建部和歌夫 八段 38 初参加 6 6 [3]
補欠18 松下力 七段 35 7-8(10) 7 5 [2]
補欠19 高柳敏夫 六段 28 11-3(C 2) 4 8 [2]

C級編集

昇級9名、下位5名がC2へ振り分け

C級東組編集

順位 棋士名 段位 年齢 前期成績(順位) 備考
3 加藤博二 六段 24 10-3(3) 7 5
4 山川次彦 六段 28 10-4(4) 8 4 昇級
6 藤内金吾 六段 55 5-9(B 11) 0 0
6 荒巻三之 六段 33 5-9(B 11) 3 9 次期C2
8 金高清吉 六段 29 9-4(6) 8 4 昇級
10 富沢伝助 六段 27 9-5(8) 5 7
10 橋爪敏太郎 六段 39 9-5(8) 4 8
10 原田泰夫 六段 25 9-5(8) 9 3 昇級
15 飯塚勘一郎 七段 53 3-10(B 13) 6 6
16 市川一郎 六段 45 8-6(13) 7 5
18 奥野基芳 六段 42 7-6(15) 6 6
23 山本武雄 五段 31 6-8(19) 7 5
23 間宮純一 五段 39 6-8(19) 5 7
29 京須行男 五段 34 4-10(25) 9 3 昇級
29 志沢春吉 五段 49 4-10(25) 3 9 次期C2
31 加藤恵三 五段 39 3-11(27) 4 8
32 吉田六彦 五段 38 3-11(27) 2 10 次期C2
張出35 五十嵐豊一 四段 23 初参加 9 3 昇級

C級西組編集

順位 棋士名 段位 年齢 前期成績(順位) 備考
4 松浦卓造 六段 33 10-4(4) 9 2 昇級
8 山中和正 六段 33 9-4(6) 7 5
10 星田啓三 六段 31 9-5(8) 5 7
10 佐瀬勇次 六段 29 9-5(8) 8 4 昇級
16 藤川義夫 六段 39 8-6(13) 4 8
19 本間一雄 五段 28 7-7(16) 6 6
19 花村元司 五段 30 7-7(16) 7 5
19 北村秀治郎 五段 40 7-7(16) 6 6
23 岡崎史明 五段 40 6-8(19) 5 6
26 板谷四郎 五段 34 5-9(22) 8 4 昇級
26 南口繁一 五段 29 5-9(22) 2 10 次期C2
26 廣津久雄 五段 25 5-9(22) 5 7
張出33 灘照一 四段 21 初参加 7 5
張出34 平野広吉 四段 32 初参加 2 10 次期C2
張出36 中井捨吉 六段 55 初参加 8 4 昇級[3]
張出37 畝美与吉 五段 47 初参加 7 5 [3]
張出38 野村慶虎 五段 48 初参加 5 7 [3]

脚注編集

  1. ^ 花田八段は決定戦に勝ちあがったものの決定戦の前に死去。
  2. ^ a b c d 坂口八段がチェス界転向のため休場。代わりに村上八段が補欠としてA級に繰り上げ。少なくなったB級に松下七段、高柳六段が繰り上げ。
  3. ^ a b c d 戦争によって参加できなかったが今期より復帰。

出典編集