メインメニューを開く

第2次メイ内閣

第2次メイ内閣(だいにじメイないかく)は、2017年6月の急な総選挙の結果を受けて、女王エリザベス2世の要請により、2017年6月11日にテリーザ・メイが組閣したイギリスの内閣である。総選挙は保守党が庶民院(下院)での単独過半数を失い、ハング・パーラメント(宙ぶらりんの議会)状態に至る結果となった。2017年6月9日にメイ首相は、民主統一党との協力協定 (confidence and supplyに頼りながら、保守党の少数党内閣英語版を組織する意向を表明した。両党間の最終合意は2017年6月26日に署名され、発表された[1][2]

第2次メイ内閣
イギリス 第97代内閣
沿革
Theresa May Official.jpg
成立年月日 2017年6月11日
組織
首相 テリーザ・メイ
元首 女王エリザベス2世
与党 保守党
影の内閣 コービン影の内閣
第一野党 労働党
第一野党党首 ジェレミー・コービン
詳細
成立直前の選挙 2017年総選挙
議会任期 第57議会期
前内閣 第1次メイ内閣

歴史編集

2017年の急な総選挙ハング・パーラメントという結果に終わり、保守党は下院議会庶民院で最多数の議席を獲得したものの、絶対多数(過半数)には届かなかった。民主統一党は交渉次第では保守党と連立政権を組むか、協力協定 (confidence and supplyを結ぶかする用意があることを提案していた[3]。2017年6月9日に保守党のテリーザ・メイ首相は、民主統一党からの支持を得て、新しい少数党内閣英語版を組む意向を表明した[4]。両党はこの支持は正式な連立よりもむしろ協力協定 (confidence and supply agreement) の形態となるであろうことを示した。保守党と民主統一党との間のこの合意は聖金曜日協定贈収賄法に抵触するものであると主張する、正式な法的な異議申し立てがなされている[5]

6月10日に保守系ウェブサイトConservativeHome英語版の1,500人の読者を対象に行われた調査では、保守党の党員のほぼ3分の2はテリーザ・メイ首相の辞任を望んでいることがわかった[6]。1,720人のThe Sunday Timesの成人読者を対象としたYouGovの世論調査では、48%がテリーザ・メイ首相は辞任すべきだと回答し、辞任すべきでないと回答したのは38%であった[7]メール・オン・サンデー英語版の1,036人の成人読者を対象にしたSurvationのオンライン世論調査によれば、49%の人はテリーザ・メイ首相の辞任を望んでおり、38%の人は辞任を望んでいないことがわかった[7]

2017年6月10日に首相官邸保守党と民主統一党との間の協定英語版は大枠で合意に達したとする声明を発表した[8]。その数時間後、この声明は「誤って発表された ("issued in error") 」として取り消され、保守党と民主統一党との協議はまだ継続中であるとされた[9]ジョン・メージャー元首相は、「保守党と民主統一党との間の協定は北アイルランドの和平交渉を危険にさらすおそれがあるとの不安を抱いている」ことを明らかにした[10]

ジョージ・オズボーン財務大臣は2017年6月11日に、メイ首相について「歩く女の屍 ("dead woman walking") [注 1]」と表現した[11]デイヴィッド・リディントン英語版はこれに異議を唱えた[12]労働党の複数の長老政治家は、早期に保守党の少数党政府に異議を唱え、女王演説に応えて、対案となる諸政策を提案することを考えていると述べた。ジェレミー・コービン労働党党首(影の首相)は「労働党が"共感している" ("is sympathetic") 多くの問題に対して、議会には多数派がいる」と信じており、Under-occupancy penalty(いわゆる寝室税)の廃止、年金に関する「トリプルロック」[注 2]および冬期燃料手当の維持が例に挙げられると述べた。6月11日に行われたインタビューで、コービンは一年以内にもう一度選挙が行われることを期待すると述べた[13][14]

マイケル・ゴーヴは、少数党政府はおそらく緊縮英語版を緩め、公共サービスへの支出を増やすであろうと述べた[15]。雑誌『New Statesman英語版』のスティーブン・ブッシュも緊縮の緩和に期待している。ブッシュは、もし投票者がイングランド、スコットランドおよびウェールズで緊縮が続いていると感じたならば、政府が民主統一党との協定を維持するために北アイルランドで気前よく支出する間に保守党の評判は悪化するかもしれないと述べている[16]。首相官邸によれば、パブリックセクターの労働者に対する1%の報酬割合の上限は検討中であり[17]、それを終わらせたいと思う高い地位にある保守党員の数は増えている[18]

6月11日の午後、テリーザ・メイ首相は新内閣の構成を最終決定した[19]。重要閣僚である財務大臣、外務大臣、内務大臣、EU離脱大臣の4つの閣僚ポストについては、現職の4名全員を留任させることが6月9日の時点で既に固まっていた。新内閣はボリス・ジョンソンデイヴィッド・デイヴィスなどの卓越したEU離脱派の議員が留任されたが、2016年の国民投票でEU残留派を支持していたダミアン・グリーンデービッド・ガウキ英語版の昇進人事もみられた[20]。翌日には下級大臣の人事も割り当てられ、6月12日に新しい内閣および政府の大臣の任命が完了した[21]

2017年7月3日の世論調査では、6月8日の選挙以来、メイ首相の支持率は急落した。回答者の60%は選挙期間中よりもメイ首相に対する印象が悪化したとし、メイ首相に賛成すると答えた回答者よりも賛成しないと回答した人のほうが20%上回り、メイ首相の指導力に期待できないと答えたのが51%であったのに対し、期待すると答えたのは31%であった[22]。7月7日までに、YouGovは保守党より労働党に8ポイントのリード(46%対38%)を与えた。『New Statesman』の記事は、この優位にある要因は家庭の可処分所得が2011年以降で最も急速に下がっていることを示す国家統計局の統計にあると主張している[23]

2018年7月、首相の穏健なEU離脱方針に反発して、欧州連合離脱大臣および外務大臣が相次いで辞職した[24]

2018年11月、離脱計画をめぐって欧州連合離脱大臣と労働年金大臣が辞職した[25]

閣僚の一覧編集

イギリスの内閣[26][27]
役職 大臣 任期
内閣の閣僚
首相
第一大蔵卿
国家公務員担当大臣
テリーザ・メイ 2016–
筆頭国務大臣 ダミアン・グリーン 2017-2018
内閣府担当大臣 ダミアン・グリーン 2017
デイヴィッド・リディントン 2018-
財務大臣
第二大蔵卿
フィリップ・ハモンド 2016–
内務大臣 アンバー・ラッド 2016–2018
サジード・ジャビド 2018-
外務・英連邦大臣 ボリス・ジョンソン 2016–2018
ジェレミー・ハント 2018-
欧州連合離脱大臣 デイヴィッド・デイヴィス 2016–2018
ドミニク・ラーブ 2018
国防大臣 マイケル・ファロン 2014–2017
ギャビン・ウィリアムソン 2017–
保健大臣 ジェレミー・ハント 2012–2018
マット・ハンコック 2018-
大法官
司法大臣
デイヴィッド・リディントン 2017–2018
デイビッド・ガウキ 2018-
教育大臣
ジャスティン・グリーニング 2016–2018
ダミアン・ハインズ 2018-
女性・平等担当大臣 ジャスティン・グリーニング 2016-2018
アンバー・ラッド 2018
ペニー・モーダント 2018-
国際貿易大臣
商務大臣
リアム・フォックス 2016–
ビジネス・エネルギー・産業戦略大臣 グレッグ・クラーク 2016–
環境・食料・農村地域大臣 マイケル・ゴーヴ 2017–
運輸大臣 クリス・グレイリング 2016–
コミュニティ・地方自治大臣 サジード・ジャビド 2016–2018
ジェームス・ブロークンシャー 2018
貴族院院内総務
王璽尚書
エバンス・オブ・ボウズ・パーク女男爵 2016–
スコットランド大臣 デービッド・マンデル 2015–
ウェールズ大臣 アルン・カーンズ 2016–
北アイルランド大臣 ジェームス・ブロークンシャー 2016–2018
カレン・ブラッドリー 2018-
国際開発大臣 プリティ・パテル 2016–2017
ペニー・モーダント 2017–
デジタル・文化・メディア・スポーツ大臣 カレン・ブラッドリー 2016–2018
マット・ハンコック 2018
ジェレミー・ライト 2018-
労働年金大臣 デイビッド・ガウキ 2017–2018
エスター・マクヴェイ 2018
ランカスター公領大臣 パトリック・マクローリン 2016–2018
デイヴィッド・リディントン 2018-
保守党幹事長 パトリック・マクローリン 2016-2018
ブランドン・ルイス 2018-
閣議に出席する閣外の役職
庶民院院内総務
枢密院議長
アンドレア・レッドサム 2017–
大蔵省首席担当官 エリザベス・トラス 2017–
庶民院院内幹事
大蔵政務次官
ギャビン・ウィリアムソン 2016–2017
ジュリアン・スミス 2017–
法務長官 ジェレミー・ライト 2014–2018
ジョフリー・コックス 2018-
移民担当大臣 ブランドン・ルイス 2017–2018
キャロライン・ノークス 2018-

脚注・出典編集

出典
  1. ^ “May to form 'government of certainty' with DUP backing”. BBC News. http://www.bbc.com/news/election-2017-40219030 2017年6月9日閲覧。 
  2. ^ “Conservatives agree pact with DUP to support May government” (英語). BBC News. (2017年6月26日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-40403434 2017年6月26日閲覧。 
  3. ^ “Who are the DUP and will they demand a soft Brexit to prop up the Tories?”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/2017/06/09/suddenly-become-important-democratic-unionist-party-could-hold/ 2017年6月9日閲覧。 
  4. ^ “General Election 2017 result live: We will work with DUP friends http://www.bbc.co.uk/news/uk-northern-ireland-40547775allies in interests of all UK, says Theresa May”. Belfast Telegraph. (2017年6月9日). http://www.belfasttelegraph.co.uk/news/general-election-2017/general-election-2017-result-live-we-will-work-with-dup-friends-and-allies-in-interests-of-all-uk-says-theresa-may-35806871.html 2017年6月9日閲覧。 
  5. ^ Tory-DUP deal: Legal challenge launched BBC
  6. ^ Jack Maidment (2017年6月10日). “Almost two-thirds of Conservative Party members want Theresa May to resign as Prime Minister”. telegraph.co.uk. 2017年7月31日閲覧。
  7. ^ a b 48% think Theresa May should step down as Prime Minister, poll shows”. home.bt.com (2017年6月11日). 2017年7月31日閲覧。
  8. ^ Election 2017: DUP agrees 'confidence' deal with Tories” (2017年6月10日). 2017年7月31日閲覧。
  9. ^ http://www.huffingtonpost.co.uk/entry/dup-tory-deal_uk_593ce995e4b0c5a35ca037cd?cop&utm_hp_ref=uk
  10. ^ John Major: Tory-DUP deal risks jeopardising Northern Ireland peace The Guardian
  11. ^ Theresa May is a dead woman walking, says Osborne
  12. ^ Theresa May 'quit' stories blamed on 'warm prosecco' BBC
  13. ^ Jeremy Corbyn: Labour will call on other parties to defeat government
  14. ^ Jeremy Corbyn: 'I can still be prime minister' BBC
  15. ^ Tories may have to ease austerity plans, says Michael Gove The Guardian
  16. ^ The Tories' DUP alliance creates opportunities for Labour New Statesman
  17. ^ PMQs review: Jeremy Corbyn prompts Tory outrage as he blames Grenfell Tower fire on austerity New Statesman
  18. ^ Boris Johnson joins calls to end public sector pay cap BBC
  19. ^ “Cabinet reshuffle: Theresa May praises Tory 'talent'”. The Guardian. (2017年6月11日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-40241229 2017年6月11日閲覧。 
  20. ^ Casalicchio, Emilio (2017年6月11日). “Damian Green promoted in Theresa May's reshuffle in hint her Brexit stance will be softened”. Politics Home. https://www.politicshome.com/news/uk/political-parties/conservative-party/theresa-may/news/86608/damian-green-promoted-theresa 2017年6月11日閲覧。 
  21. ^ “Full list of new ministerial and government appointments: June 2017”. gov.uk. (2017年6月12日). https://www.gov.uk/government/news/election-2017-ministerial-appointments 2017年6月21日閲覧。 
  22. ^ Theresa May's ratings slump in wake of general election – poll The Guardian
  23. ^ How excited should Labour be about its 8-point poll lead? New Statesman
  24. ^ “[https://www.theguardian.com/politics/2018/jul/09/boris-johnson-resigns-as-foreign-secretary-brexit Boris Johnson resigns as foreign secretary - Senior Conservative becomes third minister to walk out over Theresa May’s Brexit plan]”. 2018年7月10日閲覧。
  25. ^ Brexit Secretary Dominic Raab resigns over EU agreement”. BBC News (2018年11月15日). 2018年11月15日閲覧。
  26. ^ Election 2017: Prime Minister and ministerial appointments, , gov.uk (British Government), (2017年6月11日), https://www.gov.uk/government/news/election-2017-prime-minister-and-ministerial-appointments 2017年6月12日閲覧。 
  27. ^ Her Majesty's Government”. parliament.uk. Parliament of the United Kingdom. 2017年6月12日閲覧。
脚注
  1. ^ 「死刑を待つ人=死刑囚」を意味する定型句 "dead man walking" (死んだ男が歩くこと)をもじった表現
  2. ^ 「トリプルロック」とは、物価上昇率、平均賃金上昇率、2.5%アップの3つのうち、最も高いものを基礎年金の上昇率に適用し、基礎年金の上昇率を保証するもの。
先代:
第1次メイ内閣
イギリスの内閣
2017年6月11日 -
次代: