第2次ロッキンガム侯爵内閣

第2次ロッキンガム侯爵内閣英語: Second Rockingham ministry)はロッキンガム侯爵を首相とする、1782年3月から7月まで在任したグレートブリテン王国の内閣。

第2次ロッキンガム侯爵内閣
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国 第20代内閣
Charles Watson-Wentworth, Second Marquis of Rockingham.jpg
ロッキンガム侯爵
成立年月日1782年3月27日
終了年月日1782年7月1日
組織
元首ジョージ3世
首相ロッキンガム侯爵
更迭された閣僚数
(逝去/辞任/解任)
0人
総閣僚数16人
与党ロッキンガム派英語版ホイッグ党
議会における地位多数与党英語版
野党グレンヴィル派英語版
詳細
議会任期第15回グレートブリテン国会英語版
前内閣ノース内閣
次内閣シェルバーン伯爵内閣

アメリカ独立戦争ヨークタウンの戦いでイギリス軍が敗れた後、ノース内閣は議会の信任を失い、1782年3月22日に辞任した。ホイッグ党出身で1765年から1766年に首相を務めたロッキンガム侯爵が組閣した。ロッキンガム派英語版は植民地側に同情的であり、ロッキンガム内閣は終戦に向けて交渉を開始した。

しかし、ロッキンガム侯爵が1782年7月1日に死去したことで内閣が分裂した。内務大臣のシェルバーン伯爵が後任の首相になったが、閣僚数名が反対して辞任した。「ポートランド派ホイッグ党」(Portland Whigs、名目上ポートランド公爵を指導者としたためそう名付けられたが、実際はチャールズ・ジェームズ・フォックスが指導者だった)と呼ばれた彼らはノース卿とともに野党に回り、1783年にシェルバーン伯爵内閣を追い落としてフォックス=ノース連立内閣で与党になった。

内閣編集

役職 肖像 名前 在任 所属政党
第一大蔵卿
貴族院院内総務
  ロッキンガム侯爵 1782年3月27日 - 1782年7月1日 ホイッグ党
大法官   サーロー男爵英語版 1778年6月3日 - 1783年4月7日 無所属
枢密院議長   カムデン男爵英語版 1782年3月27日 - 1783年4月2日 ホイッグ党
王璽尚書   グラフトン公爵 1782年 - 1783年 ホイッグ党
財務大臣   ジョン・キャヴェンディッシュ英語版 1782年3月27日 - 1782年7月10日 ホイッグ党
内務大臣   シェルバーン伯爵 1782年3月27日 - 1782年7月10日 ホイッグ党
外務大臣
庶民院院内総務
  チャールズ・ジェームズ・フォックス 1782年3月27日 - 1782年7月5日 ホイッグ党
海軍卿英語版   ケッペル子爵 1782年 - 1783年 ホイッグ党
ランカスター公領担当大臣   アシュバートン男爵 1782年4月17日 - 1783年8月29日 無所属
補給庁長官英語版   リッチモンド公爵 1782年 - 1783年 ホイッグ党

閣外大臣編集

参考文献編集

  • Cook, Chris; Stevenson, John (1980-02-28). British Historical Facts: 1760-1830. Palgrave Macmillan UK. ISBN 978-0-333-21512-8 
先代:
ノース内閣
グレートブリテン王国の内閣
1782年
次代:
シェルバーン伯爵内閣