メインメニューを開く

第2次中曽根内閣 (第1次改造)

第2次中曽根第1次改造内閣(だいにじなかそねだいいちじかいぞうないかく)は、中曽根康弘が第72代内閣総理大臣に任命され、1984年(昭和59年)11月1日から1985年(昭和60年)12月28日まで続いた日本の内閣である。

第2次中曽根第1次改造内閣
内閣総理大臣 第72代 中曽根康弘
成立年月日 1984年(昭和59年)11月1日
終了年月日 1985年(昭和60年)12月28日
与党・支持基盤 自由民主党
新自由クラブ
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

概要編集

昭和59年の総裁選でかろうじて再選を果たした中曽根康弘首相は「二階堂擁立構想」を潰した田中派金丸信幹事長に起用し、安倍晋太郎外相竹下登蔵相を留任させて、一段とニューリーダー重視の布陣を敷いた[1]

閣僚編集

内閣官房副長官・内閣法制局長官編集

政務次官編集

前内閣の政務次官が1984年(昭和59年)11月2日に退任し、同日付で新たな政務次官を任命した。ただし、沖縄開発政務次官・大城真順は前内閣からの留任。

脚注編集

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集