メインメニューを開く

第2次岸内閣 (改造)

第2次岸内閣改造内閣から転送)

第2次岸改造内閣(だいにじきしかいぞうないかく)は、岸信介が第57代内閣総理大臣に任命され、1959年(昭和34年)6月18日から1960年(昭和35年)7月19日まで続いた日本の内閣である。

第2次岸改造内閣
内閣総理大臣 第57代 岸信介
成立年月日 1959年(昭和34年)6月18日
終了年月日 1960年(昭和35年)7月19日
テンプレートを表示

前の第2次岸内閣改造内閣である。

目次

概要編集

新日米安保条約調印後、岸は解散をもくろんだが、幹事長の川島正次郎に猛反対され断念。批准書交換の日の6月23日に辞意を表明して7月15日に総辞職した[要出典]

岸が解散できずに総辞職に追い込まれたことについて、孫である安倍晋三は強く意識し、これが第48回衆議院議員総選挙につながったとされている[要出典]

閣僚編集

政務次官編集

第2次岸内閣の政務次官が1959年(昭和34年)6月30日に退任し、同日付で新たな政務次官を任命した。

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集