メインメニューを開く

第2次橋本内閣(だいにじはしもとないかく)は、橋本龍太郎が第83代内閣総理大臣に任命され、1996年(平成8年)11月7日から1997年(平成9年)9月11日まで続いた日本の内閣である。

第2次橋本内閣
内閣総理大臣 第83代 橋本龍太郎
成立年月日 1996年(平成8年)11月7日
終了年月日 1997年(平成9年)9月11日
与党・支持基盤 自由民主党
社会民主党(閣外協力)
新党さきがけ(閣外協力)
テンプレートを表示

1996年(平成8年)10月に実施された第41回衆議院議員総選挙において、自民党は議席を伸ばし、社会民主党新党さきがけは議席を減らしたため2党は閣外協力に回り、自民党単独政権となった。特徴としては、薬害エイズ事件で注目されたさきがけの菅直人厚生相の後任に先の総裁選で争った小泉純一郎を起用したことが挙げられる。橋本と小泉は後の2001年自由民主党総裁選挙において再度争い、小泉が総理総裁職に就任した。

目次

国務大臣編集

内閣官房副長官・内閣法制局長官編集

内閣総理大臣補佐官編集

政務次官編集

1996年(平成8年)11月8日任命。

参考文献編集

脚注編集

外部リンク編集