第2次海部内閣(だいにじかいふないかく)は、海部俊樹が第77代内閣総理大臣に任命され、1990年(平成2年)2月28日から同年12月29日まで続いた日本の内閣である。

第2次海部内閣
内閣総理大臣 第77代 海部俊樹
成立年月日 1990年(平成2年)2月28日
終了年月日 同年12月29日
テンプレートを表示

概要編集

1990年2月総選挙で大勝した海部首相は組閣にあたって、安倍派が強く推したリクルート事件関係議員の森喜朗や、渡辺派が入閣にこだわっていたロッキード事件有罪議員の佐藤孝行の入閣を拒否し、政務次官人事でも、厚生政務次官に内定していた渡辺派の伊吹文明をリクルート事件に関与していたため次官就任を取り消した[1]中山太郎外務大臣橋本龍太郎大蔵大臣は留任した。

大臣編集

政務次官編集

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 五百旗頭真伊藤元重薬師寺克行 『森喜朗 自民党と政権交代』 朝日新聞社、2007年、99頁。ISBN 978-4022503381

外部リンク編集