メインメニューを開く

第20回社会人野球日本選手権大会

第20回社会人野球日本選手権大会(だい20かいしゃかいじんやきゅうにほんせんしゅけんたいかい)は、1993年10月10日から10月17日にかけてグリーンスタジアム神戸で開かれた社会人野球日本選手権大会である。

目次

概要編集

出場チーム編集

代表枠 チーム 出場回数
北海道 たくぎん 11年ぶり8回目
北海道 大昭和製紙北海道 2年ぶり13回目
東北 JA岩手県経済連 初出場
東北 NTT東北 2年連続8回目
北信越 ニチエー 初出場
北信越 NTT北陸 4年連続5回目
関東 日立製作所 9年ぶり3回目
関東 日本通運 2年連続5回目
関東 日本石油 7年連続9回目
関東 三菱重工横浜 初出場
関東 日産自動車 2年ぶり6回目
東海 ヤマハ 5年ぶり10回目
東海 河合楽器 2年ぶり10回目
代表枠 チーム 出場回数
東海 新日本製鐵名古屋 2年連続4回目
近畿 日本新薬 2年ぶり3回目
近畿 日本生命 5年連続15回目
近畿 NTT関西 3年ぶり2回目
近畿 川崎製鉄神戸 4年連続8回目
近畿 新日本製鐵広畑 3年ぶり6回目
近畿 住友金属 2年連続15回目
中国 川崎製鉄水島 3年連続4回目
中国 新日本製鐵光 9年ぶり6回目
四国 NTT四国 11年連続13回目
四国 四国銀行 10年連続13回目
九州 三菱重工長崎 2年ぶり3回目
九州 NTT九州 6年ぶり6回目

大会編集

1回戦編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日立製作所 0 0 0 1 0 3 0 1 1 6
新日本製鐵広畑 0 0 0 0 0 1 1 0 0 2

勝:斎藤 敗:藪田 本:恒吉(日立)、砂田(広畑)

  • 第2試合(10月10日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工長崎 2 0 0 0 3 2 1 0 1 9
NTT中国 0 0 1 0 0 0 0 3 0 4

勝:中川 敗:西川 本:村上竜(長崎)

  • 第3試合(10月10日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
たくぎん 0 2 1 0 0 0 0 0 0 3
NTT四国 3 0 0 1 4 0 0 0 X 8

勝:尾山 敗:藤原

1 2 3 4 5 6 7
新日本製鐵名古屋 1 0 0 0 0 0 0 1
日本通運 1 4 0 0 2 2 2 11

勝:橋本 敗:原田 本:井出、田中泰(以上日通)

  • 第5試合(10月11日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JA岩手県経済連 1 0 0 0 0 0 1 2 0 4
日本石油 0 0 0 0 5 0 3 0 X 8

勝:春田 敗:佐竹 本:徳永(日石)、熊谷(岩手県)

  • 第6試合(10月11日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工横浜 0 0 0 0 0 1 0 2 0 3
NTT東北 1 0 0 0 0 2 1 0 X 4

勝:加藤 敗:石井 本:戸羽(東北)

  • 第7試合(10月11日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
ニチエー 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
日本生命 0 0 1 1 0 0 0 0 X 2

勝:土井 敗:高山

1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT九州 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
日産自動車 2 0 0 0 0 1 0 4 X 7

勝:北川 敗:奥村高 本:上島(日産)

  • 第9試合(10月12日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
川崎製鉄神戸 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヤマハ 0 0 0 1 0 0 0 1 X 2

勝:田中 敗:豊田

  • 第10試合(10月12日)-延長12回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
大昭和製紙北海道 0 2 0 0 0 0 0 3 1 1 0 1 8
四国銀行 0 1 0 3 0 1 0 0 1 1 0 0 7

勝:渡部 敗:尾崎 本:森(四銀)

2回戦編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日立製作所 0 1 0 0 1 0 0 0 0 2
川崎製鉄水島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:大塚 敗:朝間 本:天川(日立)

  • 第2試合(10月13日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工長崎 0 0 0 0 4 0 0 0 0 4
住友金属 1 1 0 0 3 2 4 0 X 11

勝:尾山 敗:関

  • 第3試合(10月13日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本通運 0 0 1 0 1 2 0 0 2 6
NTT北陸 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

勝:黒川 敗:伊藤 本:川崎2、井出(以上日通)

  • 第4試合(10月13日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT関西 1 4 0 0 0 0 0 0 0 5
日本石油 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1

勝:松崎 敗:前田 本:高林(日石)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT東北 1 0 3 0 2 1 0 1 0 8
新日本製鐵光 1 0 3 0 1 1 0 0 0 6

勝:越田 敗:土井 本:藤木(東北)

  • 第6試合(10月14日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
河合楽器 0 0 2 0 0 0 0 8 0 10
日本生命 1 0 0 0 0 0 0 1 0 2

勝:野末 敗:土井 本:梶田(日生)、長谷部(河合)

  • 第7試合(10月14日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日産自動車 0 1 0 0 0 0 0 1 0 2
ヤマハ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:木寺 敗:宮本

  • 第8試合(10月14日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大昭和製紙北海道 1 0 0 0 0 1 1 0 0 3
日本新薬 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1

勝:桐木 敗:渡部 本:渡、小林(以上北海道)

準々決勝編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日立製作所 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
住友金属 2 0 0 1 0 7 0 0 X 10

勝:尾山 敗:俵 本:山田(住金)

  • 第2試合(10月15日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT関西 0 0 0 0 4 0 0 0 2 6
日本通運 0 0 0 4 0 0 0 7 X 11

勝:松下 敗:前田 本:山田(関西)

  • 第3試合(10月15日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
河合楽器 0 0 0 0 0 0 1 0 1 2
NTT東北 1 1 0 0 0 4 0 1 X 7

勝:加藤 敗:石井

  • 第4試合(10月15日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大昭和製紙北海道 2 1 0 0 0 0 0 0 0 3
日産自動車 0 0 0 2 1 0 0 1 X 4

勝:川尻 敗:渡部勝 本:望月(北海道)、青柳(日産)

準決勝編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9
住友金属 0 1 0 0 1 0 0 0 2 4
日本通運 0 0 0 0 0 1 1 0 0 2

勝:尾山 敗:黒川 本:中西(住金)

  • 第2試合(10月16日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT東北 2 0 3 0 0 1 0 0 0 6
日産自動車 3 4 3 0 1 0 1 0 X 12

勝:篠塚 敗:河村 本:三瓶(東北)、早川(日産)

決勝編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日産自動車 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
住友金属 0 2 1 0 1 2 0 0 X 6

勝:尾山 敗:久保
(住友金属は4年ぶり6回目の優勝)

表彰選手等編集

  • 最高殊勲選手賞 尾山敦(投手:住友金属)
  • 敢闘賞 川尻哲郎(投手:日産自動車)
  • 打撃賞 川畑伸一郎(内野手:住友金属)
  • 首位打者賞 恒吉成樹(内野手:日立製作所) 13打数7安打 .538
  • 大会優秀選手
    • 投手
    尾山敦(住友金属)
    黒川紀章(日本通運)
    • 捕手
    川崎義文(日本通運)
    黒須隆(日産自動車)
    • 一塁手
    川畑伸一郎(住友金属)
    三瓶仁(NTT東北)
    • 二塁手
    松本尚樹(住友金属)
    • 三塁手
    恒吉成樹(日立製作所)
    渡辺等(日産自動車)
    • 遊撃手
    天瀬和男(日産自動車)
    三宅秀二(住友金属)
    • 外野手
    徳原康晴(日立製作所)
    中西保友(住友金属)
    井出竜也(日本通運)
    夷塚博(NTT東北)
    道原孝博(大昭和製紙北海道)
    • 指名打者
    難波貴司(日本通運)

同大会の記録編集

  • 毎回安打
日立製作所が1回戦・対新日本製鐵広畑戦で達成。
  • 1イニングチーム最多三塁打 2(タイ記録)
三菱重工長崎が2回戦・対住友金属戦で記録。
日本通運が準々決勝・対NTT関西戦で記録。
  • 全員安打
日立製作所が1回戦・対新日本製鐵広畑戦で達成。