メインメニューを開く

第21回イスラエル議会総選挙

第21回イスラエル議会総選挙(だい21かいイスラエルぎかいそうせんきょ、ヘブライ語: הבחירות לכנסת העשרים ואחת‎)は、2019年4月9日に投票が行われたイスラエルの立法府であるクネセトの議員を選出する選挙である。

第21回イスラエル議会総選挙
הבחירות לכנסת העשרים ואחת
イスラエル
2015年 ←
2019年4月9日
→ 2019年9月

クネセト全120議席
投票率 68.41%
  第1党 第2党
  Benjamin Netanyahu 2012.jpg גנץ3.jpg
党首 ベンヤミン・
ネタニヤフ
ベニー・ガンツ
政党 リクード 青と白
選挙前議席 30 11
獲得議席 35 35
議席増減 増加 5 増加 24
得票数 1,140,370 1,125,881
得票率 26.46% 26.13%

選挙前首相

ベンヤミン・ネタニヤフ
リクード

選出首相

(選出できず)

概要編集

野党のメレツイェシュ・アティッドは、2018年3月12日にクネセトの解散を求める法案を提出したが否決されていた[1][2]

一方で国防相のアヴィグドール・リーベルマンイスラエル我が家所属)は、内閣が成立を目指す超正統派の学生がイスラエル国防軍への兵役免除を許可する法案に反対しており、政府内の対立が表面化していた[3]

2018年11月13日、イスラエルとハマースなどパレスチナ諸派が停戦で合意。翌11月14日にリーベルマンは国防相辞任を発表し、イスラエル我が家の下野を示唆した[4][5][6]

11月16日、イスラエル我が家党首のナフタリ・ベネット(教育相)は、リーベルマンの国防相辞任に伴い、自身の閣僚辞任とイスラエル我が家の連立離脱を表明した[7]

11月18日、ネタニヤフはベネットの下野表明を受けて与党党首会談を行い、2019年11月に予定されていた総選挙の前倒し実施で合意した[8]。早期の総選挙合意を受けてベネットはネタニヤフと会談し、政権崩壊を回避するため、教育相辞任を撤回した[9]

しかし2018年12月、ベンヤミン・ネタニヤフ首相が国会を解散することを決定し、そのために必要な法律が12月26日に賛成102票、反対2票で成立し、本来の任期より8カ月ほど前倒しとなる翌2019年4月9日に総選挙を行うことが決定した[10]。しかし2019年2月28日にイスラエル検察当局が総選挙後にネタニヤフを収賄などの容疑で起訴する方針を発表するなど、ネタニヤフ属する与党リクードは劣勢に立たされた[11]。総選挙1カ月前の世論調査でも中道連合青と白がリクードをリードする結果が出ていた。このためネタニヤフは将来のパレスチナ国家との共存を否定するなど右傾化を強めた[12]

しかし3月25日、アメリカドナルド・トランプ大統領はゴラン高原におけるイスラエルの主権を認め[13]、ネタニヤフを事実上アシストした[14]。4月9日の投開票では出口調査で与野党勢力は拮抗し、両者ともに勝利宣言を行ったが[15]、翌10日、右派連合で過半数を占める見通しとなり、青と白のベニー・ガンツ元軍参謀総長が敗北宣言を行った[16]

その後、4月18日にルーベン・リブリン大統領がネタニヤフに組閣を要請した[17]が、期限の5月29日までに右派政党イスラエル我が家との連立政権交渉が妥結せず、ネタニヤフは国会の解散を決断。5月30日、国会は9月17日に再選挙を行う案を賛成74、反対45で可決し、わずか4カ月で再選挙を行うこととなる[18][19]

選挙データ編集

選挙結果編集

e • d    第21回イスラエル議会総選挙 (2019年4月9日施行)
政党/選挙連合 議席数 増減 得票数 得票率
リクード 35   5 1,140,370 26.46%
青と白 35   24 1,125,881 26.13%
シャス 8   1 258,275 5.99%
ユダヤ・トーラ連合 8   2 249,049 5.78%
ハダシュタール 6 ± 0 193,442 4.49%
労働党 6   13 190,870 4.43%
イスラエル我が家 5   1 173,004 4.01%
右翼政党連合 5   3 159,468 3.70%
メレツ 4   1 156,473 3.63%
クラヌ 4   6 152,756 3.54%
統一アラブリストバラド 4   3 143,666 3.33%
新右翼 0 新党 138,598 3.22%
ゼフート 0 新党 118,031 2.74%
ゲシェル 0 新党 74,701 1.73%
ベタハ 0 新党 4,618 0.11%
アラブリスト(アラブ民族党マダ 0 ± 0 4,135 0.10%
社会正義 0 新党 3,843 0.09%
イスラエルの盾 0 新党 3,394 0.08%
すべての正義 0 新党 3,281 0.08%
ツォメット 0 新党 2,417 0.06%
ヤシャール 0 新党 1,438 0.03%
投票は私たちの権利 0 新党 1,316 0.03%
退役軍人市民 0 新党 1,168 0.03%
イスラエルの声アヒム 0 新党 1,140 0.03%
イスラエル海賊党 0 ± 0 819 0.02%
パシュート・アハバ 0 新党 733 0.02%
エレツ・イスラエル・シェラヌ 0 新党 701 0.02%
私たちは皆友人・ナ・ナッチ 0 ± 0 624 0.01%
ミーハタラ 0 新党 603 0.02%
変革への希望 0 ± 0 562 0.01%
緑の経済・一つの国家 0 ± 0 556 0.01%
教育 0 新党 518 0.01%
アラフート・ラメヤスディム 0 新党 428 0.01%
人間の尊厳 0 新党 404 0.01%
シャビーム 0 新党 401 0.01%
社会リーダーシップ 0 新党 385 0.01%
アニ・ヴェアタ 0 新党 368 0.01%
聖書ブロック 0 新党 353 0.01%
イフド・ブネイ・ハブリット 0 新党 265 0.01%
ブリット・オラム 0 ± 0 216 0.01%
総計 120 ± 0 4,309,270 100.0%
有効票数(有効率) - - 4,309,270 99.29%
無効票・白票数(無効率) - - 30,983 0.71%
投票総数(投票率) - - 4,340,253 68.46%
棄権者数(棄権率) - - 1,999,476 31.54%
有権者数 - - 6,339,729 100.0%
出典:CEC

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Meretz, Yesh Atid seek to dissolve the Knesset”. Ynet News (2018年3月12日). 2018年3月12日閲覧。
  2. ^ In last-minute deal, coalition okays compromise to dodge early elections”. The Times of Israel (2018年3月13日). 2018年3月14日閲覧。
  3. ^ Netanyahu to meet with Lieberman over coalition crisis”. Ynet News (2018年3月12日). 2018年3月12日閲覧。
  4. ^ Pfeffer, Anshel (2018年11月14日). “Explained // Defense Minister Resigns, Firing First Salvo of Israeli Elections. The Timing Couldn't Be Worse for Netanyahu” (英語). Haaretz. https://www.haaretz.com/israel-news/.premium-lieberman-steps-down-and-the-timing-couldn-t-be-worse-for-netanyahu-1.6654265 2018年11月14日閲覧。 
  5. ^ “Israel defence minister resigns over Gaza” (英語). BBC News. (2018年11月14日). https://www.bbc.com/news/world-middle-east-46207094 2018年11月14日閲覧。 
  6. ^ Marissa Newman. “As Liberman quits, looming draft law deadline puts Netanyahu under the gun” (英語). Times of Israel. https://www.timesofisrael.com/as-liberman-quits-looming-draft-law-deadline-puts-netanyahu-under-the-gun/ 2018年11月14日閲覧。 
  7. ^ Raoul Wootliff. “Israel heads toward elections as Jewish Home says it will leave coalition” (英語). Times of Israel. https://www.timesofisrael.com/israel-heads-toward-elections-as-jewish-home-says-will-leave-coalition/ 2018年11月16日閲覧。 
  8. ^ Oren Liebermann. “Israel heading for early elections after turbulent week for Netanyahu”. CNN. https://www.cnn.com/2018/11/16/middleeast/israel-elections-intl/index.html 2018年11月16日閲覧。 
  9. ^ Felicia Schwartz; Dov Lieber. “Israeli Government Crisis Raises Fresh Doubts for U.S. Peace Plan” (英語). The Wall Street Journal. https://www.wsj.com/articles/israels-fragile-coalition-survives-as-key-partner-reverses-withdrawal-threat-1542627954 2018年11月19日閲覧。 
  10. ^ “イスラエル国会、解散を決定 来年4月に前倒しで総選挙”. CNN.co.jp. CNN. (2018年12月27日). https://www.cnn.co.jp/world/35130713.html 2019年5月30日閲覧。 
  11. ^ “イスラエル検察、ネタニヤフ首相を収賄罪で起訴へ”. ロイター. (2019年3月1日). https://jp.reuters.com/article/netanyahu-to-be-charged-idJPKCN1QH2CJ 2019年5月30日閲覧。 
  12. ^ “イスラエル首相、起訴めぐり苦境、選挙で右傾化=パレスチナ国家否定鮮明に”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年3月4日). https://www.afpbb.com/articles/-/3214184 2019年5月30日閲覧。 
  13. ^ “ゴラン高原のイスラエル主権承認、トランプ氏が宣言に署名”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年3月26日). https://www.afpbb.com/articles/-/3217485 2019年5月30日閲覧。 
  14. ^ “4月9日、総選挙が迫るイスラエル”. クーリエ・ジャポン. (2019年3月30日). https://courrier.jp/news/archives/156727/ 2019年5月30日閲覧。 
  15. ^ “イスラエル総選挙、出口調査は拮抗 与野党ともに勝利宣言”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年3月26日). https://www.afpbb.com/articles/-/3220073 2019年5月30日閲覧。 
  16. ^ “イスラエル総選挙 右派勢力で過半数、ネタニヤフ首相が5期目続投へ”. CNN.co.jp. CNN. (2019年4月11日). https://www.cnn.co.jp/world/35135594.html 2019年5月30日閲覧。 
  17. ^ “イスラエル大統領、ネタニヤフ首相に組閣指示 右派連立へ”. ロイター. (2019年4月18日). https://jp.reuters.com/article/israel-politics-idJPKCN1RT2ND 2019年5月30日閲覧。 
  18. ^ “イスラエルが9月に総選挙へ 4月にも実施 首相の権力維持へ異例の動き”. AFPBB News. フランス通信社. (2019年5月30日). https://www.afpbb.com/articles/-/3227480 2019年5月30日閲覧。 
  19. ^ “イスラエル、9月に再選挙へ 連立不成立で”. BBC News. BBC. (2019年5月30日). https://www.bbc.com/japanese/48455329 2019年5月31日閲覧。 
  20. ^ “Israel ups threshold for Knesset seats despite opposition boycott”. https://www.reuters.com/article/us-israel-knesset/israel-ups-threshold-for-knesset-seats-despite-opposition-boycott-idUSBREA2A0MX20140311#1 2019年4月2日閲覧。 
  21. ^ “Electoral System in Israel”. https://main.knesset.gov.il/EN/About/Lexicon/Pages/ElectoralSystem.aspx 2019年4月2日閲覧。