メインメニューを開く

概要編集

第26回東京国際映画祭の概要は、2013年9月19日に発表された。上映スケジュールは、映画祭公式サイトに9月27日にアップされた。

東京六本木で開催される。六本木が主要会場になるのは、第17回2004年)から10回連続。六本木のみで開催されるのは、第22回2009年)・第23回2010年)に続いて3回目。上映会場にはTOHOシネマズ六本木ヒルズ(スクリーン1〜3・5〜7)、シネマート六本木(スクリーン1・4 / 10月19・20・25日のみ)が使われ、コンペティション、特別招待作品、アジアの未来、日本映画スプラッシュ、ワールド・フォーカスの計5部門の自主企画と特別上映や、みなと上映会、文化庁映画週間などの共催・提携企画が行われる。

オープニング作品は『キャプテン・フィリップス』、クロージング作品は『清須会議』。コンペティション部門には、93もの国と地域から過去最多の1463本の応募があり、その中から上映作品15本が選ばれた。

第24回から行われている「学生の当日料金=500円」は、第26回でも引き続き行われる。オープニング・クロージング作品と円谷プロ50周年企画上映以外の全ての作品において、上映当日に販売されるチケットの学生料金が500円となる(第24回・第25回は会場での販売のみだったが、第26回ではオンライン上でも購入可能になった)。ちなみに、学生の当日料金が500円となる作品の学生以外の一般当日料金は、一般前売り料金と同額の1000円・1300円・2000円である。

第25回で初めて行われた電子チケットサービスによるチケット販売が、第26回でも引き続き行われる。携帯電話スマートフォンパソコンなどから購入し、事前に各上映のQRコードの画像をダウンロードしておき、劇場入口で読み取らせて紙の券を発行し、入場する。

この第26回から、インスタントメッセンジャーLINEのLINE@に東京国際映画祭の公式アカウントが作られた。

2013年3月31日に任期満了で東京国際映画祭チェアマンを退任した依田巽に代わり、4月1日から東京国際映画祭ディレクター・ジェネラルに椎名保角川書店取締役相談役)が就いた。映画祭トップの交代により、以下のように第26回の映画祭から様々なリニューアルがなされた。

映画祭ロゴが、円の中に6人の人間が描かれたロゴ(第21回からは緑色にリニューアルされていた)から、「HEART MOVIE」と題された赤いハートマークをモチーフにしたロゴに変更された[1][2]

この第26回から、「アジアの未来」部門、「日本映画・スプラッシュ」部門、「ワールド・フォーカス」部門が始まった。新部門「アジアの未来」は、第15回第25回の「アジアの風」部門を発展させ、長編2本目までの監督作品のみのコンペティションにした部門。「日本映画・スプラッシュ」部門は、第17回〜第25回の「日本映画・ある視点」部門をリニューアルさせた部門。「ワールド・フォーカス」部門は、「アジアの風」部門と第20回〜第25回の「WORLD CINEMA」(第20回のみ「ワールドシネマ」)部門とを合わせてリニューアルさせた部門。第21回から始まった「natural TIFF」部門は廃止された。

「アジアの未来」部門の第26回の上映作は8本である(うち1本は日本映画)。なお、第26回では「ワールド・フォーカス」部門にて「台湾電影ルネッサンス2013」(5本上映)、「ディスカバー亜洲電影」(1本上映)の特集(第25回までなら「アジアの風」部門に入っていた特集)と他に6本のアジア映画が上映される。アジア映画部門は、これらを合わせても20本なので、新部門「アジアの未来」に変わって、規模が縮小されたことになる。

ちなみに、第15回から第25回まで行われた「アジアの風」部門では、第17回第19回第21回第23回の6回では35本以上の長編が上映されていた。

この第26回では初日も最終日も平日で、映画祭期間内の週末()が1回のみになった。これは東京国際映画祭史上初めて。第1回〜第25回では、映画祭期間中の週末(土日)は2回あった。

クロージング作品の『清須会議』の上映は映画祭最終日ではなく、その前日の10月24日に行われた。クロージング作品の上映日が映画祭最終日ではないのは、東京国際映画祭史上初めて。

この第26回から、チケット代が一部値上げされた。コンペティション部門の一般前売(当日料金も同額)が前回までの1000円から1300円に、特別招待作品の一般前売(当日料金も同額)が前回の1800円から2000円になった。

この第26回から、前売り券が全ての上映で1次販売と2次販売との2回に分けて発売され、当日券は前売り券が完売していない上映に限り販売された(第13回第15回第19回〜第25回などでは前売り券完売の回も含む全ての上映で当日券が販売された)。

オフィシャルデジタルパートナーにヤフー株式会社株式会社GyaOが選ばれ、映画祭の公式ウェブサイトYahoo! JAPAN内に初めて作られた。このため、公式サイトのウェブページ上に映画祭とは無関係な広告が表示されるようになった。また、映画祭公式サイトの作品紹介ページに「Yahoo!映画」の作品ユーザーレビューが載るようになった。

上映作品編集

ワールド・プレミアは世界初上映、インターナショナル・プレミアは製作国以外で初上映、アジアン・プレミアはアジアにて初上映となったことを意味する。

コンペティション部門編集

上映題
(劇場公開題・DVD題)
英語題
(原題)
監督 製作国 備考
ほとりの朔子 [1] Au revoir l' été 深田晃司   日本
  アメリカ合衆国
ワールド・プレミア上映
2014年1月18日に日本で劇場公開
ある理髪師の物語 [2] Barber's Tales
(Mga Kuwentong Barbero )
ジュン・ロブレス・ラナ   フィリピン 最優秀女優賞 受賞
ワールド・プレミア上映
ルールを曲げろ [3] Bending the Rules
(GHAEDEYE TASADOF )
ベーナム・ベーザディ   イラン 審査員特別賞 受賞
ワールド・プレミア上映
ブラインド・デート [4] Blind Dates
(Brma Paemnebi )
レヴァン・コグアシュビリ   ジョージア アジアン・プレミア上映
捨てがたき人々 [5] Disregarded People 榊英雄   日本 ワールド・プレミア上映
2014年6月7日に日本で劇場公開
ザ・ダブル/分身 [6]
(嗤う分身)
The Double リチャード・アイオアディ   イギリス アジアン・プレミア上映
2014年11月8日に日本で劇場公開
ドリンキング・バディーズ [7]
(ドリンキング・バディーズ 飲み友以上、恋人未満の甘い方程式)
Drinking Buddies ジョー・スワンバーグ   アメリカ合衆国 アジアン・プレミア上映
日本では劇場未公開のままDVD発売
エンプティ・アワーズ [8] The Empty Hours
(Las horas muertas )
アーロン・フェルナンデス   メキシコ
  フランス
  スペイン
最優秀芸術貢献賞 受賞
アジアン・プレミア上映
ラヴ・イズ・パーフェクト・クライム [9]
(愛の犯罪者)
Love is the Perfect Crime
(L'AMOUR EST UN CRIME PARFAIT )
アルノー・ラリユー
ジャン=マリー・ラリユー
  フランス
  スイス
アジアン・プレミア上映
日本では劇場未公開のままDVD発売
馬々と人間たち [10] Of Horses and Men
(Hross í oss )
ベネディクト・エルリングソン   アイスランド 最優秀監督賞 受賞
アジアン・プレミア上映
2014年11月1日に日本で劇場公開
レッド・ファミリー [11] Red Family
(붉은 가족 )
イ・ジュヒョン   大韓民国 観客賞 受賞
ワールド・プレミア上映
2014年10月4日に日本で劇場公開
歌う女たち [12] Singing Women
(Sarki Söyleyen Kadinlar )
レハ・エルデム   トルコ
  ドイツ
  フランス
アジアン・プレミア上映
ハッピー・イヤーズ [13] Those Happy Years
(Anni felici )
ダニエレ・ルケッティ   イタリア
  フランス
アジアン・プレミア上映
オルドス警察日記 [14] To Live and Die in Ordos
(警察日记 )
ニン・イン   中華人民共和国 最優秀男優賞 受賞
ワールド・プレミア上映
ウィ・アー・ザ・ベスト! [15] We Are the Best!
(Vi är bäst! )
ルーカス・ムーディソン   スウェーデン 東京 サクラ グランプリ 受賞
アジアン・プレミア上映

「カリコレ2016/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016」で日本劇場公開

特別招待作品編集

上映題
(劇場公開題・DVD題)
英語題
(原題)
監督 製作国 備考
キャプテン・フィリップス [16] CAPTAIN PHILLIPS ポール・グリーングラス   アメリカ合衆国 オープニング作品
2013年11月29日に日本で劇場公開
清須会議 [17] The Kiyosu Conference 三谷幸喜   日本 クロージング作品
2013年11月9日に日本で劇場公開
アデル、ブルーは熱い色 [18] ADELE : CHAPTERS 1 & 2
(LA VIE D'ADELE CHAPITRES 1 ET 2 )
アブデラティフ・ケシシュ   フランス 2014年4月5日に日本で劇場公開
映画 ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス [19] DOKIDOKI PRETTY CURE! THE MOVIE Memories for the Future 伊藤尚往   日本 ワールド・プレミア上映
2013年10月26日に日本で劇場公開
エレニの帰郷 [20] The Dust of Time
(Η ΣΚΟΝΗ ΤΟΥ ΧΡΟΝΟΥ )
テオ・アンゲロプロス   ギリシャ
  ドイツ
  カナダ
  ロシア
2014年1月25日に日本で劇場公開
オー!ファーザー [21] Oh! Father 藤井道人   日本 ワールド・プレミア上映
2014年5月24日に日本で劇場公開
鑑定士と顔のない依頼人 [22] The Best Offer
(La migliore offerta )
ジュゼッペ・トルナトーレ   イタリア 2013年12月13日に日本で劇場公開
潔く柔く きよくやわく [23] Beyond the Memories 新城毅彦   日本 2013年10月26日に日本で劇場公開
恋するリベラーチェ [24] Behind the Candelabra スティーヴン・ソダーバーグ   アメリカ合衆国 2013年11月1日に日本で劇場公開
サカサマのパテマ [25] Patema Inverted 吉浦康裕   日本 アジアン・プレミア上映
2013年11月9日に日本で劇場公開
ジンクス!!! [26] Jinx!!! 熊澤尚人   日本 ワールド・プレミア上映
2013年11月16日に日本で劇場公開
すべては君に逢えたから [27] It All Began When I Met You 本木克英   日本 2013年11月22日に日本で劇場公開
セッションズ [28] The Sessions ベン・リューイン   アメリカ合衆国 2013年12月6日に日本で劇場公開
パークランド――ケネディ暗殺、真実の4日間 [29]
(パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間)
PARKLAND ピーター・ランデズマン   アメリカ合衆国 2014年6月28日に日本で劇場公開
バイロケーション [30] BILOCATION 安里麻里   日本 ワールド・プレミア上映
2014年1月18日に日本で劇場公開
晴れのち晴れ、ときどき晴れ [31] Ties 内片輝   日本 ワールド・プレミア上映
2013年11月23日に日本で劇場公開
武士の献立 [32] A Tale of Samurai Cooking - A True Love Story 朝原雄三   日本 アジアン・プレミア上映
2013年12月14日に日本で劇場公開
ブリングリング [33] The Bling Ring ソフィア・コッポラ   アメリカ合衆国
  フランス
  イギリス
  日本
  ドイツ
2013年12月14日に日本で劇場公開
ベヨネッタ ブラッディフェイト [34] BAYONETTA Bloody Fate 木﨑文智   日本 ワールド・プレミア上映
2013年11月23日に日本で劇場公開
マッキー [35] MAKKHI
(Eega )
S・S・ラージャマウリ   インド 2013年10月26日に日本で劇場公開
マラヴィータ [36] Malavita リュック・ベッソン   アメリカ合衆国
  フランス
2013年11月15日に日本で劇場公開
レイルウェイ 運命の旅路 [37] THE RAILWAY MAN ジョナサン・テプリツキー   オーストラリア
  イギリス
2014年4月19日に日本で劇場公開

アジアの未来編集

上映題
(劇場公開題・DVD題)
英語題
(原題)
監督 製作国 備考
空っぽの家 [38] Nobody’s Home
(Köksüz )
デニズ・アクチャイ   トルコ アジアン・プレミア上映
流れ犬パアト [39] PAAT アミル・トゥーデルスタ   イラン アジアン・プレミア上映
祈りの雨 [40] A Prayer For Rain
(A Prayer For Rain )
ラヴィ・クマール   インド
  イギリス
ワールド・プレミア上映
レコーダー 目撃者 [41] Rekorder ミクハイル・レッド   フィリピン インターナショナル・プレミア上映
リゴル・モルティス/死後硬直 [42]
(キョンシー)
Rigor Mortis
(殭屍 )
ジュノ・マック   香港 アジアン・プレミア上映
2014年10月25日に日本で劇場公開
祖谷物語 ―おくのひと― [43] The Tale of Iya 蔦哲一朗   日本 アジアの未来部門 スペシャル・メンション 受賞
ワールド・プレミア上映
2014年1月11日に日本で劇場公開
起爆 [44] Tinker Ticker
(들개 )
キム・ジョンフン   大韓民国 ワールド・プレミア上映
今日から明日へ [45] Today and Tomorrow
(今天明天 )
ヤン・フイロン   中華人民共和国 アジアの未来部門 作品賞 受賞
ワールド・プレミア上映

日本映画スプラッシュ編集

上映題
(劇場公開題・DVD題)
英語題
(原題)
監督 製作国 備考
楽隊のうさぎ [46] "A Band Rabbit" and a boy 鈴木卓爾   日本 ワールド・プレミア上映
2013年12月14日に日本で劇場公開
サッドティー [47] SAD TEA 今泉力哉   日本 ワールド・プレミア上映
2013年10月31日に日本で劇場公開
死神ターニャ [48] Death & Tanya 塩出太志   日本 ワールド・プレミア上映
2015年3月28日に日本で劇場公開
自分の事ばかりで情けなくなるよ [49] How Selfish I Am! 松居大悟   日本 ワールド・プレミア上映
2013年10月26日に日本で劇場公開
そして泥船はゆく [50] And the Mud Ship Sails Away 渡辺紘文   日本 ワールド・プレミア上映
2014年12月13日に日本で劇場公開
友だちと歩こう [51] Walking with a Friend (tentative title) 緒方明   日本 ワールド・プレミア上映
2014年3月22日に日本で劇場公開
なにもこわいことはない [52] There's Nothing to Be Afraid of 斎藤久志   日本 ワールド・プレミア上映
2013年11月16日に日本で劇場公開
FORMA [53] Forma 坂本あゆみ   日本 日本映画スプラッシュ部門 作品賞 受賞
ワールド・プレミア上映
2014年8月16日に日本で劇場公開
夜とケイゴカー [54] Night and Keigo's Car 市川悠輔   日本 ぴあフィルムフェスティバル (PFF) との提携企画
第35回PFFグランプリ受賞作の上映

ワールド・フォーカス編集

ワールド・フォーカス編集

上映題
(劇場公開題・DVD題)
英語題
(原題)
監督 製作国 備考
ボーグマン [55] Borgman アレックス・ファン・ヴァーメルダム   オランダ
  ベルギー
  デンマーク
第66回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門 上映作品
2014年10月25日に日本で劇場公開
エリ [56] Heli アマ・エスカランテ   メキシコ
  フランス
  ドイツ
  オランダ
ラテンビート映画祭との共催上映
第66回カンヌ国際映画祭 監督賞 受賞作品
Jin [57] Jîn レハ・エルデム   トルコ
  ドイツ
第63回ベルリン国際映画祭 ジェネレーション部門 上映作品
ホドロフスキーのDUNE [58] Jodorowsky's Dune フランク・パヴィッチ   アメリカ合衆国 アジアン・プレミア上映
カンヌ国際映画祭監督週間 上映作品
2014年6月14日に日本で劇場公開
マリー・イズ・ハッピー [59] Mary is Happy, Mary is Happy ナワポン・タムロンラタナリット   タイ
北(ノルテ) ― 歴史の終わり [60] Norte, The End of History
(Norte, Hangganan ng Kasaysayan )
ラヴ・ディアス   フィリピン 山形国際ドキュメンタリー映画祭との共催上映
第66回カンヌ国際映画祭 ある視点部門 上映作品
魂を治す男 [61] One of a Kind
(Mon âme par toi guérie )
フランソワ・デュペイロン   フランス アジアン・プレミア上映
第61回サン・セバスティアン国際映画祭 コンペティション部門 上映作品
パラダイス:愛 [62] PARADISE: Love
(PARADISE: Liebe )
ウルリヒ・ザイドル   オーストリア 第65回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門 上映作品
2014年2月22日に日本で劇場公開
パラダイス:神 [63] PARADISE: Faith
(PARADISE: Glaube )
ウルリヒ・ザイドル   オーストリア 第69回ヴェネツィア国際映画祭 審査員特別賞 受賞作品
2014年2月22日に日本で劇場公開
パラダイス:希望 [64] PARADISE: Hope
(PARADISE: Hoffnung )
ウルリヒ・ザイドル   オーストリア 第63回ベルリン国際映画祭 コンペティション部門 上映作品
2014年2月22日に日本で劇場公開
So Young [65]
(So Young 〜過ぎ去りし青春に捧ぐ〜)
So Young
(致我們終將逝去的青春 )
ヴィッキー・チャオ   中華人民共和国 2014年9月13日に日本で劇場公開
シチリアの裏通り [66] A Street in Palermo
(Via Castellana Bandiera )
エンマ・ダンテ   イタリア
  スイス
  フランス
第70回ヴェネツィア国際映画祭 女優賞 受賞作品
トム・アット・ザ・ファーム [67] Tom at the Farm
(Tom à la ferme )
グザヴィエ・ドラン   カナダ
  フランス
第70回ヴェネツィア国際映画祭 国際映画批評家連盟賞 受賞作品
2014年10月25日に日本で劇場公開
激戦 [68]
(激戦 ハート・オブ・ファイト)
Unbeatable
(激戰 )
ダンテ・ラム   香港 2015年1月24日に日本で劇場公開
愛を語るときに、語らないこと [69] What They Don't Talk About When They Talk About Love
(Yang Tidak Dibicarakan Ketika Membicarakan Cinta )
モーリー・スルヤ   インドネシア

台湾電影ルネッサンス2013編集

上映題
(劇場公開題・DVD題)
英語題
(原題)
監督 製作国 備考
27℃ ― 世界一のパン [70] 27°C- Loaf Rocks
(世界第一麥方 )
リン・チェンシェン   中華民国
総舗師 ― メインシェフへの道 [71]
(祝宴!シェフ)
Zone Pro Site: The Moveable Feast
(總舖師:移動大廚 )
チェン・ユーシュン   中華民国 2014年11月1日に日本で劇場公開
失魂 [72] Soul
(失魂 )
チョン・モンホン   中華民国
高雄ダンサー [73] Takao Dancer
(打狗舞 )
ホー・ウェンシュン
ファン・ウチョル
  中華民国 ワールド・プレミア上映
Together(英題) [74] Together
(甜‧祕密 )
シュイ・チャオレン   中華民国

ディスカバー亜洲電影編集

上映題
(劇場公開題・DVD題)
英語題
(原題)
監督 製作国 備考
坊やの人形 [75] The Sandwich Man
(兒子的大玩偶 )
ホウ・シャオシェン
ワン・レン
ツォン・チュアンシアン
  中華民国 1983年の作品

その他編集

特別上映編集

特別上映編集
上映題
(劇場公開題・DVD題など)
英語題
(原題)
監督 製作国 備考
BEYOND: Two Souls [76] BEYOND: Two Souls デヴィッド・ケイジ   フランス 協賛特別上映
完全招待制での上映
都合により上映中止[3]
東京オリンピック(デジタル修復版)[77] Tokyo Olympiad 市川崑   日本 1965年の作品のデジタル修復版
ワールド・プレミア上映
日本アニメーションの先駆者(パイオニア)たち〜デジタル復元された名作編集
上映題
(劇場公開題・DVD題など)
英語題
(原題)
監督 製作国 備考
日本アニメーションの先駆者(パイオニア)たち〜デジタル復元された名作 [78]
Pioneers of Japanese Animation: Digitally Restored Masterpieces
くもとちゅうりっぷ(デジタル復元版) The Spider And the Tulip 政岡憲三   日本 1943年の作品
短編 (16分)
くじら(KUJIRA)(デジタル復元版) Whale 大藤信郎   日本 1953年の作品
短編 (9分)
第6回カンヌ国際映画祭 短編部門 上映作品
幽霊船(YUUREI SEN)(デジタル復元版) The Phantom Ship 大藤信郎   日本 1956年の作品
短編 (11分)
のろまな爺 Noroma na jiji 大藤信郎   日本 参考上映(新発掘作品の上映)
1924年の作品
短編 (5分)
竹取物語 Taketori Monogatari 大藤信郎   日本 参考上映(新発掘作品の上映)
未完作品のテストフィルム上映
1961年の作品
短編 (3分)

みなと上映会編集

上映題
(劇場公開題・DVD題など)
英語題
(原題)
監督 製作国 備考
みなと上映会 Aプログラム [79]
Minato Screening Program A
スイミー Swimmy ジュリオ・ジャンニーニ   イタリア 短編 (5分)
第21回キンダー・フィルム・フェスティバル 特別上映作品
ストライキ大作戦! I'm Going Mum's ジェレミー・マーシー   ニュージーランド 短編 (13分)
第21回キンダー・フィルム・フェスティバル キンダー審査員が選ぶ、キンダー・フィルム最優秀作品賞 (短編部門) 受賞作品
第21回キンダー・フィルム・フェスティバル 大人がえらぶ、子どもたちに見せたい映画 国際特別審査員賞 受賞作品
ライブシネマ上映
ハリネズミとチップ HEDGEHOGS AND THE CITY エヴァラッド・ラシス   ラトビア 短編 (10分)
第21回キンダー・フィルム・フェスティバル 大人がえらぶ、子どもたちに見せたい映画 国際特別審査員賞 受賞作品
Moon~ムーン~ HANNA AND THE MOON ケイト・カーター   イギリス 短編 (6分)
第21回キンダー・フィルム・フェスティバル コンペティション部門 上映作品
ライブシネマ上映
みえないパパとわたしと… Cheong キム・ジュンイ   大韓民国 短編 (18分)
第21回キンダー・フィルム・フェスティバル コンペティション部門 上映作品
ライブシネマ上映
みなと上映会 Bプログラム [80]
Minato Screening Program B
ケーブマン Crazy Caveman グラハム・ラルフ   イギリス 短編 (5分)
第21回キンダー・フィルム・フェスティバル 特別上映作品
空とぶニコ NIKO2 Little Brother, Big Trouble カリー・ユーソネン   フィンランド 長編 (75分)
第21回キンダー・フィルム・フェスティバル キンダー審査員が選ぶ、キンダー・フィルム最優秀作品賞 (長編部門) 受賞作品
ライブシネマ上映
みなと上映会 Bプログラム [81]
Minato Screening Program C
森に生きる少年 ~カラスの日~ Le Jour des Corneilles ジャン=クリストフ・デッサン   フランス 長編 (90分)
フランス映画祭2013 (第21回) 上映作品

文化庁映画週間編集

上映題
(劇場公開題・DVD題)
英語題
(原題)
監督 製作国 備考
先祖になる [82] Roots 池谷薫   日本 文化記録映画 大賞 受賞
招待制での上映
2013年2月16日に日本で劇場公開
福島 生きものの記録 シリーズ1~被曝~ [83] FUKUSIMA: A RECORD OF LIVNG THINGS Episode One 〜Exposure〜 岩崎雅典   日本 文化記録映画 優秀賞 受賞
招待制での上映
異国に生きる 日本の中のビルマ人 [84] Life in a Foreign Land: Burmese in Japan 土井敏邦   日本 文化記録映画 優秀賞 受賞
招待制での上映
2013年3月30日に日本で劇場公開
決闘高田の馬場 [85] Takadanobaba Duel マキノ正博
稲垣浩
  日本 1937年の作品の1952年公開版
招待制での上映
赤ひげ [86] Red Beard 黒澤明   日本 1965年の作品
招待制での上映
螢火 [87] The Night of Firefly 五所平之助   日本 1958年の作品
招待制での上映
座頭市血笑旅 [88] Fight, Zatoichi, Fight 三隅研次   日本 1964年の作品
招待制での上映

提携企画編集

受賞結果編集

コンペティション
アジアの未来
日本映画スプラッシュ
  • 作品賞: 『FORMA』 (監督:坂本あゆみ)

審査員編集

コンペティション編集

アジアの未来編集

日本映画スプラッシュ編集

その他編集

  • 2013年9月8日(日本時間)に2020年開催の夏季オリンピックの開催都市が東京に決まったことを受けて、映画祭最終日に映画『東京オリンピック』(総監督:市川崑/1965年)のデジタル修復版を上映することが10月10日に発表された[5]。デジタル復元作業には約2年の歳月がかかっており、これがワールドプレミア上映となる。
  • 協賛特別上映の『BEYOND: Two Souls』が都合により上映中止となることが、映画祭初日の10月17日に発表された[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ UNIJAPAN Newsletter vol.86” (日本語). ユニジャパン (2013年5月22日). 2013年10月1日閲覧。
  2. ^ 第26回 東京国際映画祭 新ポスタービジュアル公開!” (日本語). 第26回東京国際映画祭 (2013年5月15日). 2013年10月1日閲覧。
  3. ^ a b 東京国際映画祭事務局 (2013年10月17日). “『BEYOND: Two Souls』上映中止のお知らせ”. 第26回東京国際映画祭. 2013年10月17日閲覧。
  4. ^ 【ゲスト登壇回あり】次世代フォーマット・8Kスーパーハイビジョンが第26回東京国際映画祭に登場!” (日本語). 第26回東京国際映画祭 (2013年10月17日). 2013年10月28日閲覧。
  5. ^ 市川 崑総監督作品 『東京オリンピック 』(デジタル修復版)の上映が10/25(金)に決定しました!” (日本語). 第26回東京国際映画祭 (2013年10月10日). 2013年10月11日閲覧。

外部リンク編集