メインメニューを開く

2015年アジア野球選手権大会英語2015 XXVII BFA Asian Baseball Championship )は、アジア野球連盟(BFA)主催により開催される、野球のアジア地域における国別代表による国際大会、アジア野球選手権大会の第27回大会である。前回大会から3年の期間をおいて、2015年9月16日から20日にかけて台湾台中で開催され、韓国が1999年大会以来7大会ぶりの優勝を果たし、日本の連覇は5で途絶えた[1]

出場国編集

試合結果編集

最終成績編集

表彰選手編集

予選大会編集

第11回西アジアカップ編集

第11回西アジアカップ英語11th West Asian Baseball Cup )は、西アジア地域における国別代表による国際大会、西アジアカップの第11回大会である。2013年11月30日から12月2日にかけて、パキスタンラホールパンジャブ・スタジアムで開催された。優勝はパキスタン[2]。本来は第27回アジア野球選手権大会の出場権を争う大会であったが、出場権は次回の第12回大会で改めて争われることになった。
順位 チーム名        
1  パキスタン - ○3-0 ○34-0 ○19-0 3 0 0 56 0
2  スリランカ ●0-3 - ○14-0 ○18-0 2 0 1 32 3
3  アフガニスタン ●0-34 ●0-14 - ○3-2 1 0 2 3 50
4  ネパール ●0-19 ●0-18 ●2-3 - 0 0 3 2 40

第12回西アジアカップ編集

第12回西アジアカップ英語12th Asian Cup Western Division 2015 )は、第27回アジア野球選手権の出場権を争う、西アジア地域における国別代表による国際大会、西アジアカップの第12回大会である。2015年2月23日から28日にかけて、パキスタンイスラマバードジンナースタジアム英語版で開催された[3]
順位 チーム名        
1  パキスタン - ○20-0 ○12-0 ○11-0 3 0 0 43 0
2  イラン ●0-20 - ○15-0 ○18-4 2 0 1 33 4
3  インド ●0-12 ●0-15 - ○20-0 1 0 2 20 27
4  イラク ●0-11 ●4-18 ●0-20 - 0 0 3 4 49

第11回東アジアカップ編集

第11回東アジアカップ英語11th Asian Cup Eastern Division 2015 )は、東アジア地域における国別代表による国際大会、東アジアカップの第11回大会である。当初は2014年タイで開催される予定[4]であったが開催されず、2015年5月3日から8日にかけて、インドネシアジャカルタセナヤン・スポーツコンプレックス英語版内にあるセナヤン・フィールドで開催された[5]
順位 チーム名            
1  フィリピン - ○9-1 ○4-2 ○2-1 ○10-1 ○4-0 5 0 0 29 5
2  インドネシア ●1-9 - ○8-3 ●7-8 ○9-2 ○19-4 3 0 2 44 26
3  スリランカ ●2-4 ●3-8 - ○7-1 ○9-3 ○11-0 3 0 2 32 16
4  香港 ●1-2 ○8-7 ●1-7 - ○8-5 ○9-4 3 0 2 27 25
5  タイ ●1-10 ●2-9 ●3-9 ●5-8 - ○12-2 1 0 4 11 36
6  シンガポール ●0-4 ●4-19 ●0-11 ●4-9 ●2-12 - 0 0 5 10 55
決勝戦 ホーム スコア ビジター ボックススコア
フィリピン  10 - 0  インドネシア [外部リンク]

出典編集

外部リンク編集