メインメニューを開く

第28回日本レコード大賞(だい28かいにほんレコードたいしょう)は、1986年昭和61年)12月31日日本武道館で行われた、28回目の『日本レコード大賞』である。

第28回日本レコード大賞
Nippon Budokan 2010.jpg
会場として使われた日本武道館
ジャンル 特別番組 / 音楽番組
出演者 森本毅郎
竹下景子
生島ヒロシ
中森明菜ほか
制作 TBSテレビ
放送
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1986年12月31日
放送枠 日本レコード大賞
回数 1

目次

概要編集

第28回の大賞は、中森明菜の「DESIRE -情熱-」に決定した。2年連続2度目の受賞で、2連覇は第25回細川たかし以来史上2組目。女性歌手としては史上初。また大賞受賞歌手にこの回のTV番組提供スポンサーの1社であるマツダルーチェを副賞として贈った。

大賞の発表は司会の森本毅郎、最優秀新人賞の発表は柴田一幸(TBS系ドラマ『親子ゲーム』の麻里男役)が務めた。

1986年のオリコン年間売り上げ第1位になった石井明美の「CHA-CHA-CHA」(TBS『男女7人夏物語』の主題歌)は外国人の作曲だったが、石井が新人賞を受賞すると同時に特別賞として外国音楽賞が授与された。TBSドラマという要因はあるものの、これまでとは異なり、外国人の作曲に一時的ではあるが門戸が開かれたケースである。

神田正輝との結婚、出産により歌手活動を休止していた松田聖子は、「SUPREME」がアルバム大賞に選ばれ授賞式に生出演、久々にステージ上で姿を現した(昨1985年末の『第36回NHK紅白歌合戦』以来1年ぶり)。松田は同アルバムの中の「時間旅行」「ローラー・スケートをはいた猫」「瑠璃色の地球」の3曲をメドレーで披露するが、「時間旅行」の歌唱中に感極まって思わず涙声となるシーンがあった。

最優秀歌唱賞を受賞した北島三郎は、自身のスキャンダルにより当日の授賞式を欠席(紅白も辞退)した。受賞について主催者側は「出演辞退(欠席)と審査は関係なく投票で決めた」と説明。

視聴率は1.6P下落の29.8%に転落。30%割れは18年ぶり。

前半・後半でオーケストラを交代していたが、音楽の多様化と歌手専属バンドの台頭でオーケストラは「高橋達也と東京ユニオン」1団のみとなる。

司会編集

進行補佐

受賞作品・受賞者一覧編集

日本レコード大賞編集

最優秀歌唱賞編集

最優秀新人賞編集

アルバム大賞編集

ベストアーティスト賞編集

金賞(大賞ノミネート作品)編集

新人賞(最優秀新人賞ノミネート)編集

優秀歌唱賞(最優秀歌唱賞ノミネート)編集

優秀アルバム賞編集

作曲賞編集

編曲賞編集

作詩賞編集

特別賞編集

企画賞編集

功労賞編集

特別選奨編集

  • 「熱き心に」の制作スタッフならびに歌唱者小林旭

TV中継スタッフ編集

  • 運営プロデューサー:青柳修、斎藤正人、滝本裕雄、久保嶋教生
  • 構成:腰山一生、下尾雅美/山本宏章
  • 音楽:服部克久
  • 指揮:長洲忠彦高橋達也
  • 演奏:高橋達也と東京ユニオン、ベストアンサンブル/YAMATO、ファンタスティックス、BIRTHDAY、真璃子バンド
  • コーラス:ルージュ
  • ローラースケート:後楽園ローラースケート、ボンバーズファクトリー
  • 踊り:名倉ジャズダンススタジオ、西田ジャズダンススタジオ
  • 振付:名倉加代子西田幸男
  • スタッフ
    • 技術:橋本英一
    • TD:佐藤満
    • 映像:佐藤秀樹
    • カラー調整:山中正弘
    • 音声:椎木洋次
    • 照明:小島久明
    • 音響:平田研吉
    • 美術デザイン:三原康博、浦上憲司
    • 美術制作:和田一郎
  • O・Aサブ
    • 技術:佐藤賢二郎
    • カラー調整:椎谷光雄
    • 音声:吉田克弥
    • 演出:大崎幹
  • プロデューサー:滝本裕雄、塩川和則
  • 舞台監督:高田卓哉
  • 中継担当:田代誠
  • 演出:浅生憲章
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

関連項目編集

外部リンク編集