メインメニューを開く

第29回社会人野球日本選手権大会(だい29かいしゃかいじんやきゅうにほんせんしゅけんたいかい)は、2002年10月12日から10月20日まで大阪ドームで開かれた社会人野球日本選手権大会である。

目次

概要編集

  • この年から使用するバットが木製に回帰したことから、同年の都市対抗野球と同様に長打が激減した。2ケタ得点は1試合もなく、投手力が重視される大会となった。
  • この夏の都市対抗野球を制し、同年限りでの活動休止が決まっていたいすゞ自動車は関東予選で敗退。また、他にも同年で活動休止となる神戸製鋼は1回戦で敗退、NKKと統合される川崎製鉄水島も1回戦で敗退した。
  • 決勝では、豊富な投手陣を誇るホンダ日本生命が対戦。序盤に相手先発を打ち崩した日本生命が12年ぶりの秋王者となった。

予選編集

出場チーム編集

代表枠 チーム 出場回数
北海道 JR北海道 初出場
東北 JT 2年ぶり14回目
東北 JR東日本東北 2年連続8回目
北信越 TDK千曲川 2年ぶり3回目
関東 NTT東日本 10年ぶり4回目
関東 新日本製鐵君津 2年ぶり3回目
関東 東芝 3年連続16回目
関東 ホンダ 4年ぶり10回目
関東 東京ガス 24年ぶり3回目
関東 日産自動車 2年連続12回目
東海 三菱自動車岡崎 2年連続5回目
東海 王子製紙 14年ぶり5回目
東海 ヤマハ 2年ぶり16回目
代表枠 チーム 出場回数
東海 JR東海 4年連続9回目
近畿 NTT西日本 4年連続7回目
近畿 松下電器 9年連続24回目
近畿 三菱重工神戸 2年ぶり12回目
近畿 日本生命 3年連続21回目
近畿 日本新薬 2年連続9回目
近畿 神戸製鋼 4年連続18回目
近畿 大阪ガス 2年連続9回目
中国 川崎製鉄水島 4年ぶり8回目
中国 三菱重工広島 6年ぶり9回目
四国 四国銀行 2年ぶり17回目
九州 新日本製鐵八幡 7年ぶり9回目
九州 三菱重工長崎 3年連続6回目

大会編集

1回戦編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9
四国銀行 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
松下電器 0 0 0 0 0 2 1 0 X 3

勝:山本 敗:東出 本:小坂(松下)

  • 第2試合(10月12日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
川崎製鉄水島 0 0 0 0 0 0 1 2 0 3
新日本製鐵八幡 0 0 1 0 0 1 2 0 1x 4

勝:石原 敗:神田

  • 第3試合(10月12日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
NTT東日本 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:佐藤 敗:渡邉恒

1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR東日本東北 1 0 0 2 1 0 1 1 1 7
TDK千曲川 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:吉田 敗:黒沢

  • 第5試合(10月13日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝 0 3 1 0 0 0 0 0 0 4
三菱重工神戸 0 0 1 0 0 0 1 0 1 3

勝:香月 敗:松田 本:工藤、平馬(以上東芝)

  • 第6試合(10月13日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤマハ 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2
ホンダ 0 0 0 0 3 0 0 0 X 3

勝:ランドル 敗:石井

1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工長崎 1 0 0 1 2 0 0 0 0 4
NTT西日本 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:後藤 敗:笠木

  • 第8試合(10月14日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱自動車岡崎 0 0 2 0 0 0 3 0 0 5
神戸製鋼 0 1 3 0 0 0 0 0 0 4

勝:上田 敗:野村

  • 第9試合(10月14日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東京ガス 0 0 5 0 0 1 0 0 1 7
JR北海道 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2

勝:内海 敗:浅倉 本:菅(東ガス)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
三菱重工広島 0 0 1 0 0 0 1 0 1 0 3
新日本製鐵君津 0 0 0 1 0 0 0 0 2 1x 4

勝:領家 敗:森脇 本:片岡(広島)

2回戦編集

  • 第1試合(10月15日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 0 0 0 0 1 1 0 2 0 4
JR東海 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1

勝:丸尾 敗:土谷 本:上中(松下)

  • 第2試合(10月15日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 0 1 1 0 0 0 1 2 0 5
新日本製鐵八幡 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

勝:佐藤 敗:国安

1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR東日本東北 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
日産自動車 0 0 0 0 0 0 0 3 X 3

勝:宮田 敗:盛 本:小山(日産)

  • 第4試合(10月16日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
王子製紙 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
東芝 0 0 4 4 0 0 1 0 X 9

勝:香月 敗:小町 本:結城(東芝)

  • 第5試合(10月16日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本新薬 0 0 1 0 1 1 0 0 0 3
ホンダ 0 1 1 1 3 0 0 0 X 6

勝:ランドル 敗:田中 本:溝渕、田口(以上ホンダ)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工長崎 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4
JT 1 0 0 0 0 0 2 0 0 3

勝:後藤 敗:能島 本:衛藤(長崎)

  • 第7試合(10月17日)-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
三菱自動車岡崎 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2
東京ガス 0 1 0 0 0 0 0 1 0 1x 3

勝:徳村 敗:池上 本:大野(東ガス)

  • 第8試合(10月17日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大阪ガス 2 0 0 0 0 1 1 0 0 4
新日本製鐵君津 1 1 0 0 3 0 3 0 X 8

勝:領家 敗:山田幸 本:沢村(君津)、沢多(大ガス)、矢口(君津)

準々決勝編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 0 0 2 0 0 0 1 0 0 3
日本生命 2 0 0 1 0 1 1 0 X 5

勝:林 敗:丸尾 本:九鬼(松下)

  • 第2試合(10月18日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日産自動車 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
東芝 0 2 0 0 0 1 1 0 X 4

勝:銭場 敗:宮田

  • 第3試合(10月18日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工長崎 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2
ホンダ 0 0 0 2 0 1 0 0 X 3

勝:藤井 敗:後藤

  • 第4試合(10月18日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日本製鐵君津 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
東京ガス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:久保 敗:谷田部

準決勝編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
東芝 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

勝:辻 敗:香月

  • 第2試合(10月19日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
ホンダ 0 0 0 2 0 0 0 0 1 3
新日本製鐵君津 0 1 0 0 0 0 1 0 0 2

勝:藤井 敗:領家

決勝編集

1 2 3 4 5 6 7 8 9
ホンダ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
日本生命 3 0 1 0 0 0 0 0 X 4

勝:佐藤 敗:藤井
(日本生命は12年ぶり2回目の優勝)

表彰選手等編集

  • 最高殊勲選手賞 佐藤充(投手:日本生命)
  • 敢闘賞 藤井稔也(投手:ホンダ)
  • 打撃賞 竹間容祐(外野手:日本生命)
  • 首位打者賞 原田能英(内野手:三菱重工長崎) 11打数6安打 .545
  • 大会優秀選手
    • 投手
    佐藤充(日本生命)
    土井善和(日本生命)
    マーク・ランドル(ホンダ)
    藤井稔也(ホンダ)
    香月良太(東芝)
    内海哲也(東京ガス)
    • 捕手
    九鬼義典(松下電器)
    安田真範(東芝)
    鷲北剛(日本生命)
    • 一塁手
    福田敏久(東芝)
    鈴木秀範(新日本製鐵君津)
    • 二塁手
    工藤賢二(東芝)
    沢村通(新日本製鐵君津)
    • 三塁手
    原田能英(三菱重工長崎)
    高松広晴(ホンダ)
    下野敦司(日本生命)
    • 遊撃手
    米山学(ホンダ)
    • 外野手
    竹間容祐(日本生命)
    木之内薫(新日本製鐵君津)
    伊藤大輔(三菱重工長崎)
    小坂将商(松下電器)
    岡野勝俊(ホンダ)
    天野桂太(東京ガス)
    • 指名打者
    大宅敦司(日本生命)
    矢口健一(新日本製鐵君津)

同大会の記録編集

  • 1イニングチーム最多二塁打 4(タイ記録)
東京ガスが1回戦・対JR北海道戦で記録。
  • 1試合チーム最多犠打 6(タイ記録)
JR東日本東北が1回戦・対TDK千曲川戦で記録。
  • 1イニングチーム最多犠打 3(タイ記録)
三菱自動車岡崎が2回戦・対東京ガス戦で記録。