第3次メルケル内閣

第3次メルケル内閣(だい3じメルケルないかく)は、2013年12月17日にアンゲラ・メルケル・ドイツ首相により発足したドイツの内閣である。

第3次メルケル内閣
ドイツ 第18代内閣
Flag of Germany.svg
Incumbent
Angela Merkel (2016-09-16 BRATISLAVA SUMMIT).jpg
成立年月日2013年12月17日[1]
終了年月日2018年3月14日[注釈 1]
組織
元首ヨアヒム・ガウク (~2017年3月18日)
フランク=ヴァルター・シュタインマイアー (2017年3月19日~)
首相アンゲラ・メルケル
与党キリスト教民主同盟(CDU)
キリスト教社会同盟(CSU)
ドイツ社会民主党(SPD)
議会における地位大連立
野党左翼党
同盟90/緑の党
詳細
成立直前の選挙2013年ドイツ連邦議会選挙
議会任期18th legislature of the Bundestag
前内閣第2次メルケル内閣
次内閣第4次メルケル内閣

キリスト教民主同盟(CDU)、キリスト教社会同盟(CSU)、ドイツ社会民主党(SPD)などの連立政権である。

CDUは、首相と副首相・兼・外相の閣僚のほか、5人の大臣が就任した。 SPDは6つの閣僚に就任し、CSUは3つ管理した。 CSUは、連邦議会の議席と比べて省庁の配分が不平等だったが、CDUとSPDの間では平等に配分された。CDUは、財務省、内務省、国防省を統制していたが、SPDは、外交、経済、エネルギー、司法と消費者保護の役職を得た[2]

閣僚(2014年、ドイツ連邦議会)

組閣編集

役職 画像 氏名 政党 任期 国務大臣(副大臣)
首相   アンゲラ・メルケル CDU 2005年11月22日~ 第4次メルケル内閣 Minister of State:
Helge Braun (Minister of State to the Federal Chancellor)
Monika Grütters (Commissioner for Culture and the Media)
Aydan Özoğuz (Commissioner for Migrants, Refugees and Integration)
State Secretary:
Klaus-Dieter Fritsche (Commissioner for the Federal Intelligence Services)
副首相   ジグマール・ガブリエル SPD 2013年12月17日~2018年3月14日
外務大臣   フランク=ヴァルター・シュタインマイアー SPD 2013年12月17日~2017年1月27日 Minister of State:
Maria Böhmer
Michael Roth
  ジグマール・ガブリエル SPD 2017年1月27日~2018年3月14日
内務大臣   トーマス・デメジエール CDU 2013年12月17日~2018年3月14日 Minister of State:
Günter Krings
Ole Schröder
司法・消費者保護大臣   ハイコ・マース SPD 2013年12月17日~2018年3月14日
財務大臣   ヴォルフガング・ショイブレ CDU 2009年10月28日~2017年10月24日 Minister of State:
Maria Böhmer
Michael Roth
  ペーター・アルトマイヤー CDU 2017年10月24日~2018年3月14日(代行)
経済・エネルギー大臣   ジグマール・ガブリエル SPD 2013年12月17日~2017年1月27日 Minister of State:
Uwe Beckmeyer
Iris Gleicke
ブリギッテ・ツィプリース (~2017年1月27日)
Dirk Wiese (2017年1月27日~)
  ブリギッテ・ツィプリース SPD 2017年1月27日~2018年3月14日
労働・社会問題大臣   アンドレア・ナーレス SPD 2013年12月17日~2017年9月28日
  カタリナ・バーリー SPD 2017年9月28日~2018年3月14日(代行)
食料・農業大臣   Hans-Peter Friedrich CSU 2013年12月17日~2014年2月17日
  Christian Schmidt CSU 2014年2月17日~2018年3月14日
国防大臣   ウルズラ・フォン・デア・ライエン CDU 2013年12月17日~ 第4次メルケル内閣
家族・高齢者・夫人・青少年大臣   マヌエラ・シュヴェーズィヒ SPD 2013年12月17日~2017年6月2日
  カタリナ・バーリー SPD 2017年6月2日~2018年3月14日
保健大臣   Hermann Gröhe CDU 2013年12月17日~2018年3月14日
運輸・デジタル担当大臣   Alexander Dobrindt CSU 2013年12月17日~2017年10月24日 Minister of State:
Dorothee Bär
Enak Ferlemann
Katherina Reiche (~2015年2月4日)
Norbert Barthle (2015年2月11日~)
  Christian Schmidt CSU 2017年10月24日~2018年3月14日(代行)
環境・自然保護・建設・原子力保安大臣   Barbara Hendricks SPD 2013年12月17日~2018年3月14日 Florian Pronold

Rita Schwarzelühr-Sutter

教育・研究大臣   Johanna Wanka CDU 2013年2月14日~2018年3月14日
経済協力・開発大臣   Gerd Müller CSU 2013年12月17日~ 第4次メルケル内閣 Thomas Silberhorn
連邦首相府長官   ペーター・アルトマイヤー CDU 2013年12月17日~2018年3月14日

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 議院内閣制としては2017年10月24日までの間であるが、後継内閣が定まるまでは先行内閣の責任において職務を執行した。英語版記事を参照。

出典編集

  1. ^ Bundeskanzlerin und Bundeskabinett vereidigt” [Federal Chancellor and cabinet sworn in] (German). Deutscher Bundestag. 2014年6月16日閲覧。
  2. ^ Stephan Wallace (April 29, 2014), Commentary: Merkel’s Third Government – Return of the Grand Coalition American Institute for Contemporary German Studies (AICGS) Washington, D.C.

外部リンク編集