メインメニューを開く

第3特科隊(だいさんとっかたい、JGSDF 3rd Artillery Unit)は、兵庫県姫路市姫路駐屯地に駐屯する、第3師団の隷下部隊である。第3特科連隊時代は姫路駐屯地に連隊本部及び4個大隊(第1大隊 - 第4大隊)を、今津駐屯地に1個大隊(第5大隊)を置いていた。第4大隊は第3師団が甲師団時(1970年3月~1994年3月)のみ編成。

第3特科隊
創設 1954年(昭和29年)7月1日(第3特科連隊)
再編成 2006年(平成18年)3月27日(第3特科隊)
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 特科
所在地 兵庫県姫路市
編成地 姫路
上級単位 第3師団
担当地域 兵庫県
テンプレートを表示

沿革編集

第3特科連隊編集

  • 1951年(昭和26年)5月1日:警察予備隊第3管区隊第63連隊として姫路駐屯地において編成完結。
  • 1954年(昭和29年)7月1日:陸上自衛隊発足により、第63連隊が第3特科連隊に改編。
  • 1962年(昭和37年)8月15日:師団改編に伴い、第4大隊が第5大隊に、第5大隊が第6大隊に改編。
  • 1965年(昭和40年)7月8日:第5大隊が今津駐屯地 に移駐。
  • 1970年(昭和45年)3月10日:師団の甲編成に伴い、第4大隊と第5大隊第12中隊を新編。
  • 1976年(昭和51年)3月25日:35mm2連装高射機関砲 L-90の配備に伴い、第6大隊を改編。
  • 1990年(平成02年)3月26日:情報中隊を新編。
  • 1992年(平成04年)3月27日:第6大隊が第3高射特科大隊として分離独立し、師団直轄となる。
  • 1994年(平成06年)3月28日:第4大隊を廃止。

第3特科隊編集

  • 2006年(平成18年)3月27日:部隊改編。
  1. 第3師団の政経中枢型師団への改編に伴い、第3特科連隊(定員約1,300名)から第3特科隊(定員約500名)へ縮小新編。
  2. 主要装備の155mmりゅう弾砲 FH70は定数を45門から20門に縮小。
  3. 後方支援体制変換に伴い、整備部門を第3後方支援連隊第2整備大隊へ移管。

部隊編成編集

  • 隊本部
  • 本部管理中隊
  • 情報中隊
  • 第1射撃中隊
  • 第2射撃中隊
  • 第3射撃中隊
  • 第4射撃中隊

第3特科連隊 廃止時の部隊編成編集

  • 連隊本部
  • 本部中隊
  • 情報中隊
  • 第1特科大隊
    • 本部管理中隊
    • 第1射撃中隊
    • 第2射撃中隊
  • 第2特科大隊
    • 本部管理中隊
    • 第3射撃中隊
    • 第4射撃中隊
  • 第3特科大隊
    • 本部管理中隊
    • 第5射撃中隊
    • 第6射撃中隊
  • 第5特科大隊
    • 本部管理中隊
    • 第9射撃中隊
    • 第10射撃中隊
    • 第11射撃中隊

主要幹部編集

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第3特科隊長
兼 姫路駐屯地司令
1等陸佐 堀川佳紀 2017年08月01日 陸上自衛隊補給統制本部装備計画部
企画課長
歴代の第3特科連隊長
(1等陸佐・姫路駐屯地司令兼補)
氏名 在職期間 前職 後職
01 千原清治
(2等警察正)
1951年05月01日 - 1951年11月00
02 野崎一二
(1等保安正)
1951年11月00日 - 1954年06月30日 陸上自衛隊北海道地区補給処
兼 島松駐とん地司令
03 小林敬四郎 1954年07月01日 - 1956年06月18日 第2特科連隊
上富良野駐とん地司令
04 小川愛水 1956年06月19日 - 1959年12月30日 第3特科連隊副連隊長 第8混成団副団長
北熊本駐とん地司令
05 川田懋 1959年12月31日 - 1964年07月15日 中部方面隊準備本部第1部長 中部方面総監部
→1964年11月1日 退職
06 松原茂暢 1964年07月16日 - 1967年07月16日 陸上自衛隊富士学校研究部副部長 陸上自衛隊富士学校特科教育部長
07 植松貞義 1967年07月17日 - 1968年07月15日 防衛研修所所員 陸上幕僚監部監査官
08 清田泰臣 1968年07月16日 - 1970年03月15日 陸上自衛隊富士学校特科教育部
戦術班長
陸上自衛隊調査学校研究課長
09 山口茂 1970年03月16日 - 1972年03月15日 中央監察隊長
兼 陸上幕僚監部監察官付
第3師団司令部付
→1972年7月1日 退職
10 中川又一 1972年03月16日 - 1973年07月15日 陸上幕僚監部第5部学校班長 第1師団司令部幕僚長
11 森一成 1973年07月16日 - 1975年07月15日 技術研究本部下北試験場長 陸上自衛隊幹部学校研究員
12 三木秀雄 1975年07月16日 - 1978年03月15日 防衛研修所所員 陸上自衛隊富士学校特科部長
13 久保晶人 1978年03月16日 - 1979年07月31日 統合幕僚学校学校教官 陸上自衛隊富士学校特科部教育課長
14 松本信義 1979年08月01日 - 1981年03月15日 陸上幕僚監部防衛部運用課
運用第1班長
第11師団司令部幕僚長
15 小田原昭 1981年03月16日 - 1982年06月30日 陸上幕僚監部防衛部防衛課
業務計画班長
陸上幕僚監部防衛部防衛課勤務
16 石田利徳 1982年07月01日 - 00000000 陸上幕僚監部調査部調査第2課勤務
17 上田武人 1984年08月01日 - 1987年03月15日 陸上幕僚監部監理部総務課
監理班長
陸上自衛隊幹部学校総務部総務課長
18 土井義彦 1987年03月16日 - 1988年07月06日 陸上幕僚監部防衛部運用課
運用第1班長
中部方面総監部防衛部長
19 成田笵 1988年07月07日 - 1990年07月10日 統合幕僚会議事務局第4幕僚室
中期班長
陸上自衛隊幹部学校研究員
20 小柳毫向 1990年07月11日 - 1992年06月15日 東北方面総監部防衛部訓練課長 陸上幕僚監部防衛部運用課長
21 塩山昇 1992年06月16日 - 1994年07月31日 陸上幕僚監部教育訓練部訓練課
評価班長
防衛大学校教授
22 林政夫 1994年08月01日 - 1997年12月07日 統合幕僚会議事務局第4幕僚室
年度班長
防衛研究所主任研究官
23 大地教文 1997年12月08日 - 2001年01月10日 陸上自衛隊富士学校勤務 自衛隊三重地方連絡部
24 山本孝行 2001年01月11日 - 2003年03月31日 陸上幕僚監部防衛部運用課
運用第2班長
陸上自衛隊幹部学校総務部長
25 園田郁夫 2003年04月01日 - 2005年03月31日 第1空挺団本部高級幕僚 守山駐屯地業務隊長
重石義幸 2005年04月01日 - 2006年03月26日 第2師団司令部第3部長 第3特科隊長
兼 姫路駐屯地司令
歴代の第3特科隊長
(1等陸佐・姫路駐屯地司令兼補)
氏名 在職期間 前職 後職
01 重石義幸 2006年03月27日 - 2006年12月05日 第3特科連隊長
兼 姫路駐屯地司令
陸上自衛隊富士学校特科部教育課長
02 氏原隆彦 2006年12月06日 - 2008年11月30日 陸上自衛隊幹部学校学校教官 西部方面情報保全隊
03 藤木隆志 2008年12月01日 - 2011年07月31日 陸上自衛隊富士学校特科部
訓練評価室長
自衛隊島根地方協力本部
04 天本博文 2011年08月01日 - 2013年07月31日 陸上幕僚監部監理部総務課監理班長 自衛隊愛媛地方協力本部
05 中村博篤 2013年08月01日 - 2015年07月31日 陸上幕僚監部監理部総務課監理班長 陸上自衛隊研究本部主任研究開発官
06 大津勝利 2015年08月01日 - 2017年07月31日 東部方面総監部人事部援護業務課長 自衛隊滋賀地方協力本部
07 堀川佳紀 2017年08月01日 - 陸上自衛隊補給統制本部装備計画部
企画課長

主要装備編集

脚注編集

出典編集

『日本砲兵史 : 自衛隊砲兵過去現在未来』(陸上自衛隊富士学校特科会 編 1980.6)

関連項目編集

外部リンク編集